最新記事

「恋色空模様 after happiness and extra hearts」感想 後編
2012-01-24 Tue 14:29
前編より
残すは旧ヒロインたちのアフターです。選択肢LOADじゃなくてSTARTからいかないと入れないとは気づかなかったw。とりあえず誰からやってもいいのですが、卒業式につながる佳代子は最後のほうがいいかもです。

聖良。奔放風紀委員。
有馬の再来により土地問題再燃、なんとか解決する話で2時間半程度。共通ルートのような展開はやっぱ熱めですね。バニーHではストレートロングという新たな選択肢はありだと思いましたw

美琴。ツンデレ妹。
兄妹という世間の目にちょっとぶつかりつつ、両親との大事な話で2時間半程度。仲間はやっぱりいい話でヤマ。二人の仲を認めてもらうと思ったらまさかそこまで至らないとは想定外w。Hは相変わらずのSっぽさですが逆襲のおもらしはツボ。

静奈。お嬢様生徒会長。
進学することになり温泉で受験勉強、静奈さんの仕事を手伝う話。起伏はあまりなく内海家の仕事で金勘定はちょっと楽しいくらいか。Hがメインですがまさか初っ端で3枠使うとはずるいw

彩。わんこ系幼馴染。
本編でいざこれからっていう文化祭、妊娠騒動、タイムカプセルで2時間半程度。わんこらしいワイワイ感はいいです。手紙とか純情すぎるしねw。でもHは普通すぎたので一捻り欲しかったな。

佳代子。最強不器用少女。
家が全焼で同棲生活に両親帰宅、本当の家族へそして岡田の影な2時間程度。基本的にいい子なので家族ネタはやっぱ強いw親父殿w。誕生日とかもヤマでしたね。ただHは普通でした。

総評。
恋色空模様の世界を補完する良質なFDでした。
さすがに本編ほどのヤマ場はなかったものの、それなりに熱い展開とにやける展開がバランスいいですね。しかし緑茶には終わりきってないエンドが多いと言うか、突き抜けたエピローグがないのが惜しいな。これくらいの話だと成長エンドはやってくれてもいいのではとw。最後の卒業式もあと一歩あざとくして欲しかったかなといったところです。
Hに関してはキャラによってあたり外れが。回想シーンの数をあてにしてたら立て続けをカウントされてたりするのでみんな似たようなもんです。衣装やシチュもこだわりがあるようでなかったり。まぁイチャイチャで実用性はあるんですけどねw。でも主人公仮性を気にしすぎだ。
相変わらずラジオも良い感じでしたが終わってしまいましたね。とりあえず恋色空模様の世界は一旦ここで終わりそうですが、まさかのアニメ化あるか?あとはるちえ原画の今後にもちょっと期待ですかね。

ランキング
佳代子=美琴>聖良=静奈=彩

総プレイ時間35時間半

恋色空模様 after happiness and extra hearts
恋色空模様 after happiness and extra hearts
恋色空模様 after happiness and extra hearts
恋色空模様 after happiness and extra hearts
恋色空模様 after happiness and extra hearts
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2011 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<101番目の百物語5 | 狙撃者のひとりごとR | 俺は彼女の犬になる!2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |