最新記事

僕の妹は漢字が読める2
2011-11-25 Fri 19:47
11月のHJ文庫より、続き買いかな。頭おかしいんじゃないかっていう未来の発展した萌文化を表現した妹漢字が2巻です。とりあえずオチなかったので続きを読むかと思ったあらすじは1巻参照ということで今巻の中身です。

前巻でタイムスリップしてしまった主人公たちは、未来の萌え文化を左右する運命の小説「おにあか」の原作盗難事件に遭遇。萌え文化が嫌いな犯人をうまく説得できないと未来が漢字であふれて大変なことに。運命を左右するタイムカプセルに入れた「おにあか」と犯人の小説。果たして未来はどちらに転ぶのか。。。

というお話。なんとなくオチは見えてた感じですがそのとおりの既定路線。相変わらずぶっとんだ内容で笑わせてはくれますけどねw。それでも妹の昔話なんかはイイ話に仕上がっていて期待通りなのに予想外でしたw。しかしここでもまたラストを引っ張ってくるとは思わなかったなぁ。いくら新実妹が出てくるとはいえ正直読むに耐えなくなってきてるので次巻は様子見かも。

僕の妹は漢字が読める2
かじいたかし イラスト/ 皆村春樹  
ホビージャパン 2011-10-29
評価
by G-Tools
僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】HJ文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<デンキ街の本屋さん | 狙撃者のひとりごとR | TECH GIAN 2012年1月号>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |