最新記事

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
DOG DAYS
2011-11-10 Thu 17:19
ニュータイプ、コンプティーク、コンプエースと渡り歩いたDOG DAYSのコミカライズがようやく単行本化。作者はなのはと並行でどんだけ描いてるのっていう藤真拓哉氏。あらすじ設定はアニメ参照ということでコミカライズの中身は、勇者召喚前の総キャラ登場で舞台紹介するような1話。戦の合間みんなで川遊びする話。勇者が変えるまでの思い出作り、ハチミツを探しに森へ、そしてラストバトルへ。

アニメのあらすじを追っていくのかと思いきや合間合間の外伝的な話しかなかったのは予想外。なので戦のような激しいバトルはお預けです。キャラの出番はまんべんなく、リコッタとユキカゼが気持ち多いかなというくらい。あとは評判通り肌色多しwまぁあくまで健全の範囲内ですけどね。ユキカゼさんもうちょっと頑張ってくれれば葉っぱと湯気が、、、まぁコミカライズとしてはちょっと微妙だった感はありますがおまけに免じてこんなものかと。

DOG DAYS
作画/藤真拓哉 原作/都築真紀
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-10-23
評価
魔法少女リリカルなのはViVid (5) (角川コミックス・エース 169-7)

関連記事

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アクセル・ワールド9 七千年の祈り | 狙撃者のひとりごとR | はたらく魔王さま!3>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。