最新記事

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
東雲侑子は短編小説をあいしている
2011-11-01 Tue 12:59
9月のファミ通文庫より、雰囲気買いかな。短編小説っていう響きがラノベ物を連想させたので勢いで。一応大賞買いなんかも含みます。作者もいろいろやってる人みたいですが特に印象はなし。それでは中身です。

部活に入りたくないからという理由で図書委員を選んだ主人公は、同じ図書委員となった東雲侑子に興味を持った。彼女は短編小説が好きが高じて作家として活躍中で、今度初めて挑戦する長編の恋愛小説のため交際の練習を申し込んできた。喫茶店から始まり遊園地や自宅、そしてホテルまで?そんなことをやってるうちに主人公は本気になっていき。。。

というお話。小説のネタのために付き合うっていうありがちな話、図書委員が似合うおとなしめの少女っていうありがちなヒロイン、これがいい感じにまとまってて期待以上だったかも。おそろいのストラップで喜ぶとことか大人っぽい服で恥ずかしがるとかかわいいじゃないですか、付き合ってないのにそれなら惚れてまうやろw。なにやら続編もでるようなのでちょっと期待かな。

東雲侑子は短編小説をあいしている
森崎ビンゴ イラスト/ Nardack  
エンターブレイン 2011-09-30
評価
by G-Tools
ライトノベルの楽しい書き方 (GA文庫)

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】ファミ通文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<東京自転車少女。1巻 | 狙撃者のひとりごとR | 2011年11月の気になるリスト>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。