最新記事

回る回る運命の輪回る 僕と新米運命工作員
2011-07-19 Tue 14:36
7月の電撃文庫より、雰囲気買いかな。ピングドラム的な運命というキーワードとpun2氏の絵が割とキャッチーだったというのもありますが、一応新人買いも含みます。それでは中身。

お菓子づくりだけが取り柄だった主人公・浩平は、燃え盛るコンビニから現れた少女に銃を向けられた。そのとき突如発現した未来視の能力によって命からがら逃げ出すことに成功するも、この世の運命を狂わせる存在・イレギュラとして認定された浩平は少女・ノアの観察下に置かれることに。しかし同じ組織のイレギュラ狩りからもさらに狙われることになってしまい。。。

というお話。運命を狂わせながら戦うバトルはちょい熱くらい、あとは幼なじみとの関係回復がちょっといい話かな。ただがつっとくる中身はそんなになかったような。不器用少女がメインということであざとさ出せず、いまいちキャラが立たなかったのが原因かなぁ。とりあえずあと一歩という評価に落ち着く感じです。

回る回る運命の輪回る―僕と新米運命工作員
波野歌 イラスト/ pun2
アスキー・メディアワークス 2011-07-08
評価
by G-Tools

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<TECH GIAN 2011年9月号 | 狙撃者のひとりごとR | 2011年夏アニメ(7月~)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |