最新記事

「うみねこのなく頃に散7 Requiem of the golden witch」感想
2011-03-08 Tue 15:11
2010年の夏コミC78より、うみねこ後半戦の3戦目。これまであまりすっきりはしていないので、ここからどうやってまとめに入っていくのかwktkですよ。それでは中身。

突然始まるベアトの葬儀。そこに現れたのは奇跡の確率で存在する新キャラの右代宮の後継者・理御と探偵役。過去回想で金蔵とベアトの出会い、黄金伝説の真相、6年前の親族会議から事件発生までの経緯、碑文の謎を完全に解明、これまでのゲームを探偵がぶった切って終了。

お茶会では縁寿に禁断の猫箱の中身を大公開?結局ハッピーエンドはありえないと赤宣言ですかそうですか。それでもかなり謎は解明されたのでだいぶいい感じのヒントにはなってるなと。しかし過去から全部振り返るのはひぐらし8にそっくりだったので、うみねこの最終回はどうまとめてくるのかますますわからなくなってきましたよと。

プレイ時間7時間
関連記事

テーマ:うみねこのなく頃に - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】同人系 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<俺の妹がこんなに可愛いわけがないポータブル ザ・コンプリートガイド | 狙撃者のひとりごとR | 夜明け前より瑠璃色な Moonlight Cradle 2巻>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |