最新記事

監禁探偵
2011-02-05 Sat 20:28
週刊漫画サンデーより、帯買いかな。サンデーってって思ったら小学館のあれじゃなかったw。監禁されてる少女の気丈な感じともう漏れちゃうって単語がツボだったので衝動買い。一応かまいたちの夜の作家らしいってのもポイントです。それでは中身。

隣のマンションの女子大生をストーカーしていた主人公・亮太は、下着欲しさに忍び込んだ彼女の部屋で彼女の死体を発見する。しかし亮太には通報できない理由があった。亮太はなりゆきで自宅に少女を監禁していたのだ。死体を目撃した主人公に対し、指紋を拭いてこいだのいつも通りバイトに行けだのアドバイスをする監禁少女。そして辿りついた犯人は。。。

というお話。いわゆる安楽椅子探偵ってやつですね。ころころ出てくる怪しい奴らに対して誰が犯人か、どうやって見つけるかという良質のサスペンスを楽しめたので予想外に満足。まぁヘタレ主人公のせいか賢い監禁少女のせいか下着まででエロスな展開は特に無しですが賢い女の子は好きです。それでも納得いかないのは、もう漏れちゃうってセリフがどこにもなかったことなんですけどねっ。

監禁探偵
原作/我孫子武丸 作画/西崎泰正
実業之日本社 2011-01-29
評価
by G-Tools

関連記事

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】青年コミック(微エロ) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<わたしと男子と思春期妄想の彼女たち1 リア中ですが何か? | 狙撃者のひとりごとR | 変態王子と笑わない猫。2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |