最新記事

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
それが彼女のセイギなら
2011-02-03 Thu 20:42
電撃大王より、ネタ買いかな。作者は森口織人の帝王学の真田鈴さんで微エロな感じは折り紙つきですかね。しかし買った気がするのに感想が見当たりませんが。。。それはさておき本作の中身です。

官能小説家の母を持つ3姉妹と同居することになった主人公が、一般人の目線が必要という口実をもとに官能小説のネタ出しを見届けるはめに。恥ずかしいところに書かれた買い物メモを確認とか、もぞもぞする装置のスイッチを渡されて学校とか、雨に濡れてスケスケなYシャツとか、ホックが外れたブラを抑え続けるとかそんな話。

買ってから気づいた官能小説ネタということでラッキーって感じです。主人公が硬派設定で鼻血出しすぎw。ただシチュとしては最初の買い物メモで恐怖のすき焼きがMAXだったのが惜しい。ただラストのブラから手が離れないあたりで持ち直してはいたので次巻くらいは気にしてみようかなと。

それが彼女のセイギなら 1
真田鈴
アスキー・メディアワークス 2011-01-27
評価
森口織人の帝王学 1 (電撃コミックス)

関連記事

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】青年コミック(微エロ) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<変態王子と笑わない猫。2 | 狙撃者のひとりごとR | 神なる姫のイノセンス3>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。