最新記事

「光輪の町、ラベンダーの少女」感想 後編
2010-11-03 Wed 19:03
前編より
残すは声で選んだレイカ様とアキナです。置き場がないと同じで個別が短めなのであっというまです。

アキナ 二重人格メガネっ娘
姉へのコンプレックスの克服と二重人格の話。過去での姉との遭遇あたりがヤマかな。二重人格という性格上笑いの方が多めだったかも。中の人は佐本二厘さんで鉄板な感じ。Hは自慰があったくらいでバリエーションには乏しかったかも。

レイカ わがままお嬢様
主人公との身分差とジャズへの憧れの話。入部を決めるピアノと孤島での背中あたりがヤマ。わがままと見せかけて意外と物分りもいいとこがかわいいです。中の人は海原エレナさんでこれも鉄板。H足コキもありつつお風呂の献身的な態度がナイスです。

総評
車輪の国的な義務の話なのかなーと思ってずっとやってたらすっかりスポ根ものになってましたw。それでも弱小部がなんとか強敵に勝つという定番の戦いは熱くてよかったですよ。一応最後には義務的なものもありましたしね。しかしメインは長い共通部分で個別ルートではほとんど盛り上がりなし。共通が長いのを否定はしませんが、半分くらいはHでさすがに個別が短すぎる気がしましたw
目当てのCGもクオリティはやはり高いのですが、Hは2/3以上速攻全裸というなんとも物足りない内容。あえぎ系のセリフもバリエーションがなく使い回しても気づかないような感じで残念。省ボリューム化は歓迎しますが、中身が薄くなることを求めているわけではないので、あかべぇにはもう少し頑張ってほしかったところです。

好感度ランキング
レイカ>ヒカル>ハルカ=アキナ>リコ

総プレイ時間18時間

lavender_akinalavender_reika
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2010 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<10歳の保健体育2 | 狙撃者のひとりごとR | 死神のキョウ4>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |