最新記事

がく×ぶる5
2010-08-20 Fri 12:14
7月のスーパーダッシュ文庫より、シリーズ買い。本田透さんの女性恐怖症でがくぶるシリーズも5巻にして最終巻の様子。それではあらすじ設定は既巻参照で今巻の中身です。

前巻で姉エンドを無事迎えたと思った美千緒だったが、共に恐怖症の修行をしていた可夢偉さんがそのショックで心を閉ざしてしまう。可夢偉さんの心を救うため美千緒たちは彼女の精神世界へと没入するとそこは不思議なアリスワールド。野球カード、麻雀、バンド対決を通じて見た可夢偉さんの黒記憶の中身は。。。

というお話。いつものように小ネタ多めの変態系。決着はついたようでこれからだエンドですね。後半の黒記憶関連ではかっこいいところも見せた気がしますが、悪役のロリコンっぷりがwアリス作者ロリコン説は初めて知りました。麻雀もざわざわ系で野球カードでは無駄に詳しい解説がwハマへの熱い想いを感じましたよw。あとがき的にはサプライズがそのうちあるらしいですがいったいなにが起こるのか一応アンテナは立てておきますよと。

がく×ぶる 5
本田透 イラスト/相音うしお
集英社 2010-07-23
評価
by G-Tools
がく×ぶる 4 (集英社スーパーダッシュ文庫) がく×ぶる〈3〉 (集英社スーパーダッシュ文庫) がく×ぶる〈2〉 (集英社スーパーダッシュ文庫) がく×ぶる (集英社スーパーダッシュ文庫)

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】スーパーダッシュ文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<TECH GIAN 2010年10月号 | 狙撃者のひとりごとR | C78を振り返る>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |