最新記事

隙間女(幅広)
2010-07-22 Thu 21:00
7月の電撃文庫より、タイトル買いかな。ミヤスリサ絵がどことなく目を引いたってのもありましたが、紹介文では短編集で電撃文庫MAGAZINE賞もとったとか。作者は夜と血のカンケイの丸山英人氏ですが未読なので印象はなし。それでは中身です。

隙間女。ちょっとしたすき間からじっとこちらを見つめ続け怖がらせる妖怪…のはずなのだが俺が出会った隙間女は隙間に入れないサイズだった。まぁぽっちゃり好きの俺としては望むところ、ってのは置いておいてどうやら次の家に行くためには誰かを驚かして力を溜めること、あとついでに痩せることが必要らしく。。。

というお話のほかに、少年の顔に消えない傷を負わせた魔女の話、少女のおでこにできた唇だけの人面疽の話、トイレの花子さんになってしまった少年の話という4編。どれも妖怪絡みでちょっといい感じになる話。キャラ的にはそれぞれが立っててツボな仕草もあり、おもしろみもありました。前作はそれほど人気がでなかったようですが設定的に気になるところがあれば気にしてもいいかなと。

隙間女(幅広)
丸山英人 イラスト/ ミヤスリサ
アスキーメディアワークス 2010-07-10
評価
by G-Tools

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<にょたいかっ。2巻 | 狙撃者のひとりごとR | TECH GIAN 2010年9月号>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |