最新記事

「霧谷伯爵家の六姉妹」感想
2010-06-28 Mon 23:24
5月末ソフトより、アトリエかぐやのTEAM HEARTBEATライン最新作。
M&M氏が二人組だと最近知ったばかりですが、この肌質感はけっこういやかなり好みなのでデフォルトプレイの一作です。ダンジョンRPG系もいいですが今回はダーク系ということで夏神のように抜きゲとして優秀なことを期待してプレイ開始です。

あらすじ
雑誌記者だった主人公はあやしげな招待状を頼りに山奥の洋館へと訪れる。そこで待っていたのは美人姉妹とあやしげな客人達。そして館の主人から依頼されたのは娘たちの一人を孕ませて後を継いで欲しいというものだった。。。

長女・撫子。巨乳のおっとり系ですがHには積極的。BAD1
次女・牡丹。海外を渡り歩く1つ違う存在でオラオラ系。BAD1
三女・藍。 無口系で心を閉ざしているもキスには弱い。
四女・藤乃。今は亡き芸術家。はかなげな感じ。
五女・紅。 一番普通っぽく独占欲が強い。BAD3
六女・菫。 何も知らないロリ系でご奉仕。BAD3

母親・澄美。熟した感じで主人公を種馬扱い。BAD2
メイド長・綾。メイドとして機械的に処理。BAD2
メイド・良子。新人の一般人。BAD2
リュドミラ。ロシア人の客でH大好き。

上記全員にエンディングが用意されています。主人公以外と関係を持つBAD的なHは上記の回数。

総評
HEARTBEATの新作として完成度は高いですが夏神的なものを期待していたら裏切られた、は言い過ぎですけど物足りなかった感じ。BADの割合からして霧谷14/90、夏神16/47で霧谷のHの回数は倍近いですが、絞りとる連続射精的な濃いHの回数は減っていて、体感的には使えるSっぽいのとチュパ音シーンが少なかったのが原因かと。
夏神を美化しているかもしれませんがいまだにアンスコしてませんからねw。先生とか先輩とか青髪がひたすら口で抜くシーンとかほんとにいつまでも使えるわけで、そういう伝説的なシーンは本作にはなかったというところです。サブキャラにHがあってもエンディングまではつける必要なかったのかな。それでも基本的な抜きゲとしてのできはさすがアトリエかぐやといったところなので次作には変わらず期待です。

霧谷伯爵家の六姉妹
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2010 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アマガミ precious diary | 狙撃者のひとりごとR | アクセル・ワールド5 星影の浮き橋>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |