最新記事

「WHITE ALBUM2~introductory chapter~」感想
2010-06-09 Wed 22:16
3月末ソフトより、LeafのWHITE ALBUM2の前編というか導入編。
アニメでWHITE ALBUMEを知ったくちですが、あんなイライラするアニメは久しぶりに見たってくらい精神にはよくなかったものの、ゲームでやってたら多分はまる展開だったと思われます。その続編的扱いってだけでも気になりましたが、ライターがまさかの丸戸さん。これは期待せずにはいられないということでプレイ開始です。

序章ということで選択肢は特に無し。仲間集めから始める高校三年の文化祭、アイドル的存在の雪菜と対照的にクールなかずさとのいびつな三角関係が終わるまで。黒の加入条件、ライブ二曲目、文化祭の夜、屋上の決着、パーティの迎え、卒業式の夜、空港への道のり、最初の最後、三曲目の思いでと後半になるにつれて盛り上がるヤマ場の数々。とどめはclosing chapter予告ですがw

2周目。
CGが埋まらなかったのでなにかと思ったら2周目がありました。文化祭後の第二音楽室の裏側、かずさと母親の再会、温泉旅行の帰り、留学の裏側、雪菜のこんなはずじゃなかったと微妙な追加エピソードでCG2枚補完。

付録小説。「雪が解け、そして雪が降るまで」
かずさメインで音楽科の頃の話から始まり、主人公との最悪な出会い、夏休みの音楽室、初心者向けの教本の話。二周目の前に読むべしってのは気付かなかったw。これを読むとかずさが惚れるに至ったまでがよくわかるので印象変わります。

総評。
だんだん味が出てくるキャラ達に、短いながらそれなりのヤマ場を用意した丸戸節はやはり強かった。あとやはり前作をアニメでも知ってたってのは大きいです。あのWHITE ALBUMが流れてきたときは鳥肌もんでしたしねw。予告でしびれた本番のclosing chapterはわんさか新キャラが出てきて、さらにこじれる四角五角関係にもだえること間違いなし。
あとさりげにおまけのサウンドが充実。深愛の雪菜Verとかおまけで聞けます。最近増えてきた二部作ですがこれはまだフルプライスではないだけ良心的とはいえ、Hも1回差分ほぼなしで雑誌で見たのがすべてな勢い。ボリュームとしては値段の割に物足りないわけでLeafのHってこんなだっけ?東鳩2もたしかにあまり覚えてない…。まぁ期待すべきところはそこではないですが、後編はお願いします。あと一日二日ですぐディスク認証を求められるのはほんとイライラしたな…

総プレイ時間11時間

WHITE ALBUM2 -introductory chapter- / Leaf WHITE ALBUM2 -introductory chapter- / Leaf
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2010 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<パパのいうことを聞きなさい!3 | 狙撃者のひとりごとR | Kiss×sis 6巻>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |