最新記事

2010年冬アニメ(~3月)感想
2010-04-02 Fri 00:06
今期は絶対的な数が少なかったので24シーズン7があってちょうどいいくらい。だいぶ録画もミスりましたがそのたびにネット放送のアカウントが増えて対応w。良い世の中です。Twitterでつぶやいてはいますが結局半端になっているので、3月で終了する番組のとりあえずひとこと感想をまとめ。
(○ 見てよかった・△ 時間があれば・× 見逃しても気にしない)

超電磁砲 ◎→◎
後半のオリジナル展開も心配されたほどではなかったと思う。

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト △→×
戦争ものに発展するかと思ったら拍子抜け。理解に苦しむ内容だったか。

おまもりひまり ○→○
ラストが駆け足すぎた気もしますがいろいろとサービスもありで満足。

バカとテストと召喚獣 ◎→○
校内で話が完結してしまったので特殊な設定は2期に期待か。

ひだまりスケッチ☆☆☆ △→△
いい意味で安定してた。しかし風呂入りすぎw

おおかみかくし △→△
話はあんまりアニメでは怖くなかった。ラストのギャグはよしw

はなまる幼稚園 △→×
あんまり進展がない話だったので。空気好きなら。MAKOかわいいよMAKO

のだめカンタービレフィナーレ ○→○
普通に完結してくれてよかった。

継続はハガレン、デュラララ、クェイサー。予想を覆すアニメがなかったのが残念。来期はtorneが稼働を始めるので3番組同時でも対応できるように。しかしtorneではメイン録画機にはなりえないので引き続きDIGAにがんばってもらいます。あとMXの映りが悪いのが致命的になってきたのでブースターでも買おうかと検討中。
関連記事

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<花×華 | 狙撃者のひとりごとR | 「しろくまベルスターズ」感想 後編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |