最新記事

「しろくまベルスターズ」感想 前編
2010-03-19 Fri 18:39
12月ソフトより、PULLTOPの藤原々々原画の新作しろくまベルスターズ。
かにしの以来だと3年ぶりとか。。PULLTOPはまさみラインも好きなのでどっちがきてもいいんですが、3年間隔だとちょっと待ち遠しいw。丁寧につくりこまれてるのはたしかですけどね。まぁクリスマスの時期は完全に外してしまいましたが、ゆのはな同様ちょっといい話的には期待できるはず。ということでプレイ開始です。

共通ルートは、13話構成のサンタチームがまとまり始める3話までで7時間半程度。選択肢はほぼワンチャンスでルート固定は特に無し。個別ルートは10時間前後でメインのサンタから順番に、ななみ→硯→りりか→きららという順でやりたいと思います。

ななみ。元気系幼馴染サンタ
ひねた子供のアイちゃんと糸電話とリゾート開発派のお母さんとデモな話。泥だらけのアイちゃん、探し出した星空、おにぎりの秘密、クリスマスカードあたりでヤマヤマ。基本脳天気でおバカキャラなくせにHでは言葉攻めだったり生クリームだったりチョコボンボンだったりかわいいじゃないですかくそう。回数は少なかったですが非常に濃いのが楽しめたので満足です。

硯。おとなし系家庭的サンタ
親子関係に悩む新聞配達のさつきとサンタ先生離れと雪の話でちょっと短めだったかも?絆を確認した夜空、ラブレター、思い出の人形、渡すべきプレゼントと長距離射撃あたりがヤマヤマ。物静かなお嬢様キャラですがプラモに集中したりヨダレだぁーなところなど実はギャグ担当な一面も。こちらも回想2回ですが濃いめで大きめの乳を活用してくれています。

現プレイ時間24時間半 後編はまだ
PULLTOP
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ラ・のべつまくなし2 ブンガクくんと腐たご星 | 狙撃者のひとりごとR | torneで録るね…?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |