最新記事

「ましろ色シンフォニー」感想 後編
2010-01-07 Thu 11:29
前編より
残すは個人的趣味により妹とメイドです。

桜乃。空気のような妹(いい意味で
個別ルートは義妹であるが故の悩みと学園統合廃止問題で11時間半程度。口調のせいで感じただけじゃなく本当に長かったw。別視点が多くそれぞれの相談や最後の関門あたりでヤマ。過去の話で幼妹もがっちりカバーです。中の人は音ちんでそっけない系は久しぶりの気がしますね。

アンジェ。新ジャンル野良メイド
個別ルートはご主人様探しとメイドとしての呪い克服で9時間程度。旦那様の発見と最後の儀式のほか、アンジェの人徳が感じられるあたりがヤマ。基本いい奴なので周りがいい感じに盛り上げてくれるパターン。中の人はみるさんでにぎやかしキャラで楽しめました。しかし逆赤ちゃんプレイがなかったのは惜しいなぁw

総評
一言で言えば長い…。最近の大作化傾向に文句はないのですが、ほぼ同じボリュームの祝福のカンパネラに比べて、テンションも高くない普通の学園モノで一人9時間超のルートはさすがにだれるかなと。キャラ作りや盛り上がりはさすがぱれっとといったところなんですけどね。OPも珍しいタイプのみゆきちが聞けたしつばす絵の新境地もみれたしぱっれとの次回作には変わらず期待しておきます。

ランキング
愛理>美羽=桜乃=アンジェ
微妙に甲乙付けがたい…美羽先輩はぱんにゃ補正ですw

総プレイ時間41時間

関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バカとテストと召喚獣 1巻 | 狙撃者のひとりごとR | セックスなんか興味ない>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |