最新記事

ぐらシャチ
2009-12-02 Wed 22:51
11月の電撃文庫より、雰囲気買い。11月はシリーズ買いがなかったのでちょっと不思議系な表紙で購入です。作者はダブルブリッドの中村さんですがこれも未読なため先入観はなし。それでは中身です。

日本うっかりランキング10位圏内(弟談)の秋津島榛菜は、高校入学を控えた春の日に海岸でシャチに英語で話しかけられた。あいきゃんとすぴーくいんぐりっしゅと伝えた翌日、シャチは日本語をしゃべるようになって帰ってきた。身体が大きくて怖いと答えた翌日、がんばったんだと事も無げに言うシャチは1/3程度の大きさになっていた。学校に行くからしばらく会えないと答えた数日後、シャチは顔見知りの男子の姿をして教室に現れた。。。

というお話。いや正直怖かったw。中盤とか動物の変死体がばんばん出てきますからね。自分は怖い部分で引き込まれましたが裏にある設定がけっこう置いてけぼりw。ラストはまだ救いがあったのでよかったですけどね。ダブルブリッドも怖い部分が際立つなら読んでみたいかもしれないですw


ぐらシャチ
中村恵里加 イラスト/ 双
アスキー・メディアワークス 2009-11-10
評価
by G-Tools

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「仏蘭西少女 Une Fille Blance」感想 | 狙撃者のひとりごとR | 電撃姫2010年1月号>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |