最新記事

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「タペストリー」感想
2009-05-27 Wed 22:43
2月末ソフトより、lightのタペストリー。
漫画的演出と死ぬ死ぬ系の話ということで興味を持ってはいたのですが、絵と声とブランド的に優先度が低かったので今までスルーしていた次第です。予想外に色々積み崩しできたところでプレイ開始です。

余命半年を宣告された主人公が部活仲間と残りの日々を過ごす話。共通は全員に病気のことが裏でばれつつ海に行くまでで7時間半くらい。あとは個別ルートが3時間半ほど。選択肢は序盤から効いて来るので注意です。
推奨攻略順はひかり、詩、茅野、桜井、部長かな。

ひかり。幼馴染。
最初から好き好きオーラを出していたのでひかりから。好きだけど死ぬから突き放す話。個人的にはこれが順当に予想されたエンドです。しかしそれでも告白、夜中、エピローグはヤマ。

詩。巨乳クラスメイト。
ひかりとペアな部分もあるので2番目です。ひかりとの三角関係な話。エンドは遺す者に遺す物のバリエーションですね。親友発覚、励まし、手紙+αがヤマです。

茅野。ツンクラスメイト。
デレばっかりだったのでここらでツンを。しかしルートに入ったらデレを通り越してヤンになるとは予想外すぎw。エンドは個人的に予想していたその2ですが、そのせいかラストが逆に物足りない感じに。でもタペストリーと言葉はヤマです。

桜井。暴走後輩。
部長を後回しにするということでこの位置です。鈍感な二人の話。これも詩さんと同じ系統ですが純粋キャラとの相乗効果で一番破壊力がありました。最期と手紙+αが大きいヤマです。

遥海。放浪部長。
ラストは過去に何かありそうな部長。といっても過去は特になく快楽に溺れる話。タペストリーを一番有効的に使っていたかも。天才を活かしたオチの予想をいい意味で外してくれたのはよかったです。自覚と最期とタペストリーがヤマ。

総評。
期待通りがっつり泣かせてもらいました。ファンタジー要素のない死ぬ系の定番エンドをほとんど網羅している気がしますね。あざといの好きなものでwそういうのを期待していれば期待を裏切らないかと思います。lightらしい、すっきりしそうでしない感がまたねw
あとは特徴的なマンガのようなフキダシによるセリフ演出。知らないですがリトルウィッチがこんなんなんですかね?効果的で非常に面白かったです。もう少しコンフィグ周りを充実させてくれればもっとよかったかも。しかしこういう演出に今後は期待しています。

ランキング
桜井>ひかり=詩>茅野>部長

総プレイ時間 24時間半

『タペストリー』応援中!『タペストリー』応援中!
『タペストリー』応援中!『タペストリー』応援中!
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2009 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<森口織人の陰陽道 巻ノに | 狙撃者のひとりごとR | DRAGON MAGAZINE 2009年7月号>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。