最新記事

10月の気になるリスト
2008-09-30 Tue 21:23
なぜだろう。月末はいつも暇に感じてしまうw。しかしまもなく内定式だし着実に終わりの始まりには近づいていますよ。あれwなんか急に焦りがw。しかし本気で気が重いことは12月まではないはず…。いざまったりと10月の気になるリストへ。

~9月 リトバスEX・さくらんぼ・てとてと・ティンクル・(とっぱら)

10/ 1 HJ文庫・角川スニーカー

10/ 3 ToLOVEる11巻

10/ 4 REDいちご

10/ 7 そらのカナタの3巻

10/ 9 オーガストバラエティBOX

10/10 FairyLife・電撃文庫(とらドラ9・ラッキー4・百物語3)・七色唐辛子

10/15 GA文庫

10/17 神のみぞ2巻・ガガガ文庫(どろぼう)

10/20 TECHGIAN・一迅社文庫(キョウ2)・富士見ファンタジア(まぶらほ)

10/24 Volume7・さくらさくら・(明日の七海)・MF文庫(えむえむ6)・SD文庫(迷い猫)

10/25 FAアンソロ3巻・ナナリー4巻

10/30 ファミ通文庫

10/31 電撃姫

ゲームはリトバスを放置すればいいペースで消化している、気がする。結局また延期に助けられた形ですけどw。
コミックはけっこう買ってるやつが出るのでいい感じ。ひでゆさんの単行本は実用性があれば買います。
ノベルは衝動買いに走れそうなのがいくつかあるのでチェック。
あとはアニメの改変期で今期ほど当たりを感じられませんが感想はもう少ししてからということで。
別窓 | 気になるリスト | コメント:0 | トラックバック:0 |
「5-ファイブ-」感想 前編
2008-09-29 Mon 21:25
7月末ソフトより、RAMのファイブ。
音楽が麻枝さんや折戸さん、シナリオが魁さん絡みなど限りなく鍵臭がするこれw。発売が近づいてKeyらじでとりあげられるまでまったく気にしてませんでしたが。絵と声が目に入らないタイプのものだったので仕方がないですが、たまには鬱のターンということでプレイ開始です。

共通は北国生活11日目のお泊り会終了あたりまでで3時間くらい。ヒロイン4人の攻略後にトゥルーが出現する仕様なので私的攻略順は、まず絡みまくりの妹、次に牧場側の楓さん、そして街側の禰音、トゥルーに一番近いほのか、という順にします。

愛璃。やかまし系妹。
久しぶりの新堂さんの気がする。魁さんっぽいなぁという展開でまさかの逆とは…。なかなかの鬱度。その分ラストの花言葉や日記あたりがけっこうなヤマです。すっきりはしませんがあざといエンドは嫌いじゃないですよ。

楓。おっとり系年上さん。
天然入ってるので笑い分が少し多めかな。展開が読めた分ちょっとヤマは小さめですが、コロポックル関係で2つほど。これもすっきりしない鬱展開であぁっと終ってしまいます。

この鬱具合たまりませんねw。しかしトゥルーで救われるパターンを希望ですよ。

現プレイ時間7時間半(声は飛ばし気味) 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
マジキュー4コマ FORTUNE ARTERIAL 3巻
2008-09-28 Sun 23:39
マジキューコミックスより、FAの4コマアンソロジーの3巻です。1・2巻の満足度が高かったためもう出るたびに買ってしまうスパイラルに陥ってます。けっこうまだまだ出そうだしw

あいかわらず日常のドタバタメイン。また伽耶様がまた大活躍で親子ネタ、授業参観的なものが多かった印象。FDがしばらくお預けな以上シリアス感を同人に求めるのが正しいバランスなのかも。しかし夏コミは控えられるとか言ったけどそうでもなかったのはオーガス党ならしかたないw。

表紙は里見ひなこさんで絵的には好きな人ですね。でも4コマの原作を考えてもらうってのはどうなんだw。4コマのほうは絵ではやっぱり蒼魚真青さん。同人ではエロばっかりで少々がっかりでしたがやはりこういう日常絵のほうが好きです。あとは胡せんりさんのポニテ白ちゃんと、見田航介さんのコスプレかなでさんがGJ。ギャグは常連のサオトメタキさんが抜け出てましたね。あとは名苗秋緒、シメサバ、RikaON、服部みお、山田コナユキ、MIKOTOさんあたりがよかったかな。

マジキュー4コマ FORTUNE ARTERIAL(3)
アンソロジー
エンターブレイン 2008-09-26
評価
マジキュー4コマ FORTUNE ARTERIAL(2) (マジキューコミックス) マジキュー4コマ FORTUNE ARTERIAL (マジキューコミックス)

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】4コマ | コメント:0 | トラックバック:0 |
タロットの御主人様。ぷちふらぐめんと。
2008-09-27 Sat 23:52
9月の電撃文庫より、シリーズ買い。YUKIRIN絵が目印のタロットシリーズ。今回は閑話休題の短編集です。一応ちょっと話は進んでいますがあらすじは既刊参照ということでとりあえず今巻の中身。

5つの短編から構成されていて幼なじみの隠者メインで風邪の秋人を看病する話、引っ込み思案な節制メインで詩篇の特訓をする話、クールロリな運命の輪メインで小旅行する話、お嬢様の女教皇メインでメイドの悩みを解決する話、敵の真冬メインで星のタロットを封印する話。

ということでタロット一枚分語は進展しています。主人公のほうはただ女と戯れているだけなんですがw。キャラが増えてきて色が薄くなってきたところで、各キャラを掘り下げる話をざっと用意してきた展開はうまいですね。挿絵のほうは非常に多くてよろしいですが破壊力は前巻に比べると劣ってしまいますか。しかしさらっと読める度は半端ないです。このまま続きも絵に期待です。

タロットの御主人様。ぷちふらぐめんと。
七飯宏隆 イラスト/YUKIRIN
アスキーメディアワークス 2008-09-10
評価
by G-Tools
タロットの御主人様。〈5〉 (電撃文庫) タロットの御主人様。〈4〉 (電撃文庫) タロットの御主人様。〈3〉 (電撃文庫) タロットの御主人様。〈2〉 (電撃文庫) タロットの御主人様。 (電撃文庫)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
リトルバスターズ!1巻
2008-09-26 Fri 23:38
コンプエースより、リトルバスターズのコミカライズです。作画はあなぐらもぐらさん、よく知らないアンソロとかやってた人みたいですが絵的にはそんなに違和感はありません。鍵絵はアレンジしやすいですからねw。ただちょっとツッコミが暑苦しいなぁと思ったり。普通に崩すのは悪くないんですが吠えるツッコミが多すぎw。そういう話だからしかたないんでしょうけど…

話の流れは共通ルートで野球やるからメンバー集めるぜって流れと鈴のミッションメインで展開します。姉御が出てくるまでなのであまり話的には進展してませんが、鈴放り投げとか、小毬ちゃんのおっけ~?とか、代打バースとか、しゃかしゃかヘイ!とか名場面満載。声まで脳内再生されて思い出し具合が半端ないですね。これはまた忘れるまでエクスタシーは積みっぱなしにしとくフラグですよw。コミカライズ的にはThe4コマのほうだけで十分かもしれないです。

リトルバスターズ! (1)
あなぐらもぐら
角川グループパブリッシング 2008-09-26
評価
by G-Tools

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ(ゲーム) | コメント:0 | トラックバック:0 |
リリスにおまかせ!2
2008-09-24 Wed 23:51
9月の電撃文庫より、続き買いかな。今の所絵買いの割合が高いですが。世界征服をたくらむロリ魔王サタン様の話。あらすじは前巻参照ということで今巻の中身です。

世界征服に向け欲望の力を蓄えるため、今日もくそゲーで徹夜するサタン様。そんなサタン様の通う学校では文化祭の季節。クラスの総意でメイド喫茶をすることになる。しかしそんな準備に追われる中、新たな元手下・ベリアルが現れ世界征服に消極的な(様に見える)サタン様に勝負を挑んできて…

というお話。前巻のイエスがらみとは違ってただ手下と勝負する展開で、ひねりもなく盛り上がりに欠けたような気が。話の進展が感じられないからでしょうか。んーリリスの成長を楽しむのが正しいのかな。今の所ただの天然から進化してないのでいかんともですが。これも次巻の展開しだいで取捨選択ですかね。最近こういうのが多い気がする…

リリスにおまかせ!〈2〉
麻宮楓 イラスト/梱枝りこ
アスキーメディアワークス 2008-09-10
評価
by G-Tools
リリスにおまかせ! (電撃文庫)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん6
2008-09-23 Tue 23:50
9月の電撃文庫より、惰性買い。前巻のあとで次の展開で切るか切らないか決めようと思っていたわけですが、今巻でなんだか終わる雰囲気だったので継続。あらすじ設定は既刊参照ということでそれでは中身です。

前巻の思い出アイテムでまーちゃんの記憶をとりあえず安定させることに成功したみーくん。平穏な日々が戻ってきたと思ったらそれもつかの間。体育の時間中に銃を持った変質者が乱入。クラス全員を体育館に拘束してしまった。見学してて難を逃れたみーくんまーちゃんだったが、弁当のために体育倉庫から命がけの反撃をするはめに。体育館の放送室を使って犯人を言葉巧みに追い詰めることには成功したのだが、鉛弾は二人を貫通して…

というお話。これはヒドイw。半分近くがどうでもいい脇役視点でどうでもいいエピソードで占められています。展開はいつも通り悪くなかったんですがいかんせんどうでもいい部分が多すぎる。名前のオチも言わないし…おまけにあの終わり方…ある意味何もかも壊れてた本作にふさわしい終焉ですね。っていうか続いても次はもういいですね。次作はまた雰囲気しだいってことで。

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈6〉嘘の価値は真実
入間人間 イラスト/左
アスキーメディアワークス 2008-09-10
評価
by G-Tools
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈5〉欲望の主柱は絆 (電撃文庫) 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈4〉絆の支柱は欲望 (電撃文庫) 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 3 死の礎は生 (電撃文庫 い 9-3) 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 善意の指針は悪意 2 (2)(電撃文庫 い 9-2) 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「タユタマ」感想 後編
2008-09-22 Mon 21:25
前半より
残すは本命らしいましろとお嬢様。共通が多すぎなのであとでやればやるほどスキップで楽チンです。

美冬。世界のお嬢様。
喧嘩して仲直りするあたりが最大のヤマですね。あとはちょい重だったり、監督生らしくかっこいいところをさりげなく見せるあたりもいい感じ。それはともかく静さんってだけでポイント高いのは内緒だw。

ましろ。メインのタユタイ様。
3強を倒したあとの個別ルートはヤマの連続。やはりいい娘の話は自然と盛り上がりますねw。ラストは変な展開にもならずすっきりとハッピーエンド。最後の最後はもう少し盛り上げようがある気がしますが最後にやったのは正解でした。

おまけ。10分くらいのが二つ。
一つはタユタイの1日、もといアズの視点で適当に猫である。しかしナーサリィを知らないのでなんとも言えない微妙さ…。もう一つはましろの先祖と八街の出会い。短いですがちょいヤマくらいはありました。

総評。
ほどほどな期待だったのですが、ギャグありヤマありで想像以上によかったです。ほとんど共通なのにさりげない変化に力入れすぎですよw。しかしそれでこそ、この共通文量でも納得させてくれます。随所に入るHシーンもただやるだけじゃなくて意味のある存在になってるのもいいですね。しゃべりすぎで実用性はあまりありませんがw。システム的にはシーン録画とかBGMプレーヤーとか目新しい機能があったのは面白い。でも使わない機能ですがwあと青丘以来のBGM名が表示されるやつだったのが残念かな。おまけもなぁ…、先祖のほうはシナリオに入れた方が好きだし、アズのほうは知らないと微妙すぎる。Lumpはあまりおまけに期待してはいけないようです。

ランキング
アメリ>ましろ>美冬>ゆみな

総プレイ時間21時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
緋弾のアリア
2008-09-21 Sun 23:49
8月のMF文庫より、絵買いかな。こぶいちさんのツンロリ娘が目印です。ライターはアストロノトの人ですがなんとなくスルーしてましたね。それでも銃モノってことで考慮していますよ。それでは中身です。

武器の所持を許され時には警察並みの効力を発揮する国家資格『武偵』。その養成を目的とした武偵高校に通う遠山キンジは、思考を加速する能力を有し入学試験で前代未聞の好成績を残した。しかし武偵であった兄の死をきっかけにキンジは能力を忌避するようになり、普通高校へ移ろうとしていたその矢先のこと。凄腕と噂の神崎・H・アリアがキンジの前に現れキンジを奴隷相棒に指名してきた。しぶしぶ事件一つ分だけ協力することにするのだがそれがとんでもなく大きな事件で…

というお話。キンジの能力がるい智とかぶってますが、これは持続時間長すぎで強すぎです。性欲がトリガーという制約付きとは言えねw。兄絡みで能力を忌避してるうちはまだいいんですが、すでにその理由は消失しそうなので他の変な理由をつけて使わない展開だと早く使えよってイライラしそう。全体的にいろいろとうまいまとめ方なんですが、あとはもう少しアリアがデレるかどうかで評価が変わりそうですねw。とりあえず次があったら絵買い継続かな。

緋弾のアリア
赤松中学 イラスト/こぶいち
メディアファクトリー 2008-08
評価
by G-Tools

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】MF文庫J | コメント:0 | トラックバック:0 |
TECH GIAN 2008年11月号
2008-09-20 Sat 01:52
今月のプレミアムはHOOKのFairy Life。
Like Lifeは大好きだったのですがハニカミをスルーしたのでひさしぶりですね。ドタバタな擬人化ものであったら期待せざるを得ないですw。順調に完成しそうなので問題はなさそうですね。他の特集は新作のは後回しにして定期的な自作PCネタ。Vistaの扱いひでぇwしかしいまのとこVAIO様には満足しているのであとはディスプレイの特集が欲しいですね。あと夜明けなMCでは新CGがフィーナ・ミア・麻衣・リースの4枚公開。

新作の動向。
まずは特集でTOPCATよりアトリの空と真鍮の月。長いこと活動を休止していたブランドなのでまったく触れたことがない…ただ代表作は古臭くもおもしろそうではあるので気にはしておいてもいいかも。続いてMOON STONEのマジスキ、Clearをスルーしたのでよほどのことがない限りやらないかな。しかし原画にひなた睦月氏が入っていたのはびっくり。リトルウィッチとQ-XはスルーしてSelenよりはらみこ、Selenにあるまじき普通の学園ものっぽいんですがw。やはりカワギシさんが抜けたので路線が変わっていくんでしょうかね。最後にBALDR SKYの再始動を確認。普通の学園ものっぽいですがオルタみたいなとんでも展開があるかも…しかしあってもなくても期待は大。

TECH GIAN (テックジャイアン) 2008年 11月号
エンターブレイン 2008-09-20
by G-Tools
先月号2008年10月号 来月号2008年12月号

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】TECH GIAN | コメント:0 | トラックバック:0 |
School Heart's~月と花火と約束と~
2008-09-19 Fri 23:49
8月の一迅社文庫より、ライター買いの絵買い。最近流行の複数ライターものですが伏見つかささん、魁さんなんかがいたらスルーはできまいw。絵師も表紙のいたるさんだけではなくみけおうさん的良さんなど有名どころ。それでは中身です。

夏休みの中の登校日、間近に迫った満月祭りに向けて生徒達は色めいている。なぜならその祭りでは一緒に行った人とおみくじを引いて同じ運勢が出たら二人は結ばれる、なんて伝説があるからだ。腐れ縁になりつつある幼なじみ、まだ三角関係に気づいていない姉妹、恋がよくわからない僕っ娘。彼女たちもまたそのイベントを利用して恋を叶えようとしていた…

というお話。一つのイベントを多視点で見ていく展開で、ライター別なのになかなかうまいこと絡んでるんですよね。しかしそれぞれが短いのでひねりは難しくあまり起伏とかはないかなぁ。伏見さんのがぐっときて、みかづきさんのがもやもやして、内田さんのが笑いで、魁さんのはなんだこれって感じです。甲乙つけがたいんですが伏見さんのが一番好きかな。

あとがきで知ったんですが、これ実はすでにドラマCDになってるオリジナルの半年前という設定なんだとか。18禁で過激と煽ってくれるからすげー気になってしまうじゃないですかw。珍しい販促方法ですね。しかしまんまと釣られそうなのがすごいw

photo
School Heart’s―月と花火と約束と (一迅社文庫)
伏見つかさ 他 イラスト/樋上いたる 他
一迅社 2008-08-20
評価
by G-Tools

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】一迅社文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
C74 ドラマCD 感想
2008-09-18 Thu 00:52
C70・C71・C72・C73と恒例となったコミケのドラマCD感想まとめです。最近コミケ付近以外まったくドラマCD聴いてないのはWEBラジオが豊富だからですねきっと。それはともかく今回は新作がけっこう豊富だったかも。完全にコミケ気分はなくなってますが感想です。

スパイと猫が見た、何気なくない一日
オーガストの夏コミセットドラマCD。伽耶様のスパイと猫が見たとある1日の様子。生徒会活動、お茶会、イベントなど要点が押さえてあります。FAのノリというのもありますが瑛里華5歳とか征ちゃんの告白とか孝平のノリツッコミとか伽耶様の鼻歌とかこのCDはクオリティが高いですw。

久瀬修一を探せ!?
efの夏コミセット的ドラマCD。latter taleのさらに後日談のためネタバレ注意。凪が久瀬に会いに行く話。優子みやこ景など出番はなく展開は予想通り過ぎ。しかしそこは凪のセリフや優子の話など多少ぐっとくる展開でカバーです。

未来へ吹く風
明日の君と会うためにのドラマCD第3弾。パープルのドラマCDは定評があったのはあるとのやつまでくらいでしょうか。今回は普通に瑠璃子エンドのその後。新婚生活だったりみんな大学生だったりいつものバイトの面子がいたりと全員集合はします。ただやっぱり普通のシナリオの延長でCASTコメントが一番おいしいかなと。

PRISM ARKれいんぼ~☆ドラマCD3
ぱじゃまのいつものノリのドラマCD。今回は戦隊モノ+部活の話。戦隊モノは相変わらずプリーシアの扱いがひどいw。部活はブリジットが出まくりであんまり記憶にないですが巨乳ということだけは伝わってきましたw。ノリはやはり定評のあるぱじゃまの期待を裏切らない出来です。

ルウリィの添い寝CD
ぱれっとのルウリィ抱き枕とセットとなるピロートークCD。猫好きにはルウリィは存在自体が反則なのです。軽くトークするのもいいですが寝息しか入ってないトラックをいれるとはスタッフもわかってますねw。1曲を無限リピートで一晩中快眠可能ですよw

ほめられてのびるらじおPP Vol.4
ほめらじCDも順調に4枚目。3枚目の北海道旅行with みるさんとはうって変わって二人で沖縄…風のいつものスタジオ収録w。ほめらじあ、カスタマイズ、ほめてくれなどの定番コーナーとバックナンバーの復習といった非常に普通な内容。

乃木坂美夏の麻衣ふぇあれいでぃお!SP
夏の大反省会すぺしゃる!と題してこれまでの放送を反省会で検討会。面子は第1回と同じで編集部と原作者がゲスト。これ完全にのとまみゲストの回の直後に収録している様子がまるわかりw途中で見送りに行くとかw。いつものぐだぐだ感が駄々漏れですが編集カットしてる部分が多かったかな。はいってるOPもいい感じですね。
別窓 | ドラマCD | コメント:0 | トラックバック:0 |
「MARIONETTE ZERO」感想
2008-09-17 Wed 21:23
8月末ソフトより、Tail WindのMARIONETTE ZERO。今は亡きCarrièreが出した名作MARIONETTEの昔話。最近ゼロで昔話っていうネタ多い気がしますねw。とりあえずタユタマの合間に抜きゲのつもりでさらっとクリアしたので軽めの感想です。

前作はいつぞやの電撃姫のオススメ作品として紹介されたのがきっかけでやりました。糸を使って人を操るという能力に目覚めた主人公が同じ糸使いと戦って能力を奪っていくという展開で、赤・青・紫・白と糸の色で能力が異なって結構熱いバトルをやってくれます。おまけに主人公の声があの緑川光さんでしてね。排泄することを許可する、なんて痺れる台詞をはいてくれるダークで知的な主人公なんですよ。

今回の話はその1万2千年前でまったく別世界。主人公は一国の王子で糸の力で戦争を終結に導くみたいな展開です。一応糸の起源を明かすというのがコンセプト。基本的に一本道でヒロインエンドっぽいのは一つか二つしかありません。正直あらすじには期待していなくてですねw糸の特性を使った頭脳戦と能力によるHシーンが見たかったんですよw。

バトル。
選択肢に時間制限が付いてスピーディに、ですがスキップは快適でセーブはいつでもできるので面倒なだけだったりw。いちおう各色の糸使いとの戦いがあるのですが最強の白を最初から主人公が持っているので最弱から成長するって感じがないのがなぁ…。あと糸vs糸より戦争してる感じが多いのも期待外れ。

Hシーン。
糸で性感を高めたり女体化させたりってのは健在だったのですが、こう精神的にじわじわ来るやつがなかったのが残念。バッドエンドはまだマシなんですけど、尺も短いし糸を使ったシーンも比率的に少ないとなると無念と言わざるを得ない。

総評。
なつかしくはあったのですが残念な出来かな。主人公が正義よりのせいで期待した能力Hシーンが少なかったせいかもw。それとも前作を美化しすぎなんでしょうか?前作はじわじわ来るものがあったはずなのですが。でも戦闘描写はすごい力押しであまりおもしろくなかったのはたしかです。やはり主人公は弱いのがいいw。そんなわけで前作のほうがいろいろとオススメです。

総プレイ時間6時間(かなり飛ばし気味)

追記(11/14):オンライン投稿小説が前作の原作だったの最近知りました(四方山話よりw)。文章はゲームそのままなので小説に抵抗が無い人は読んでみて欲しいですね。E=mC^2さんとこのt-kun作品から読めます。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
昔なつかし2005年8月期
2008-09-16 Tue 00:49
敬老の三連休はつかの間の夏休みを満喫させてもらいました。学生最後の夏休みはこれにて終了です…。次は冬休みを目指してがんばるということですね。それでは気楽だった3年前を振り返りますか。

まずはすたじおみりすよりいただきぎゃんがりあんR、秀逸なOPだったのは無印ではなくこっち、であってるかどうかもやったことはないのでわからないんですけどねw。続いてXuseより最果てのイマ、ロミオ作としてだいぶ待たされた一作ですが重厚なテキスト過ぎて苦労しました…。フルボイス版もやってみたくはあります。さらにきゃんでぃそふとよりつよきす、このころからツンデレがはやりだした感はあります。しかし二学期をやりたいとは思わないw。あとは夏コミ関係でPurpleより秋色謳華、翼ちゃんといいかんじになれるとよろこんでいた気がする。季節シリーズの春もでましたがあれはスルーしてしまいそうですがね。そういやこのC68が初参加だったなぁ…と遠い目ですw。他にはさくらむすびとか名前だけでティンティンたいむとかもこの時期です。
別窓 | 昔なつかし | コメント:0 | トラックバック:0 |
面白いWEBラジオの見分け方
2008-09-12 Fri 12:05
久しぶりの雑記はWEBラジオについて。けっこう前から思ってたんですけど最近WEBラジオが多すぎですよね?それはもう少しでも聴きたいなと思ったラジオを全部聴いてたら追いつかないくらいにw。よってその中からさらにお気に入りを見つけ出さなければやってられません。そこで自分の経験からWEBラジオの面白い条件を考えてみようという話。

とりあえず過去のを挙げたらきりがないので現在聴いてるのだけ軽く。棗ブラザーズ、ほめられてのびる、おまえにレインボー、麻衣ふぇあれぃでぃお、ティンクルくるせいだーす、使い魔ラジオ、Galge.com radio、他。

まず大前提の第①条件は番組に興味があるということです。

基本的には原作を知っているかということで、まったく元ネタ知らないラジオを開拓しようとして聞いても面白いと思うことはまれでしょう。あとアンチ入ってると聴けませんね。自分はねぶらとかダメでしたw。

そしてその中での第②条件がパーソナリティです。

自分は声ヲタ入ってるので声だけでも興味になったりしますw。ななついろとか元ネタ知らないのに聴いてましたからね。ただ見たいのはキャラとは違う一面なんですよ。かのこんののとまみなんかがよい例です。その一方PULLTOPのはぶりっこきつかった…と思ったらやっぱり淘汰されました。

それを踏まえた上で今回一番言いたかった第③条件が再生時間です。

ほめらじ、うたわれ、麻衣らじ、ホビらじなど1時間近いのはやはりおもしろいと思うんですよ。基本的にちょっとぐだぐだしたのが好きというのもありますが、再生時間が長い=台本通り行かないってのが重要。やはり話をぶったぎって時間内に収めるよりはしゃべりきってくれたほうが面白いのです。また台本にできない対決や罰ゲームのリアクションなどの不確定要素が入ったほうが素がでてきておもしろいというのもあるかもしれません。

まぁ台本通りでもおまえにレインボーみたいに完成された面白さってものあるんですけどね。そこは完全にパーソナリティの熟練度なので条件②でカバーということで。

そんなわけで今回は聴きたいラジオが多くて困ってる人向けにぱっと見でわかる面白い条件を挙げてみました。しかし本当に面白いラジオは黙ってても話題に上ってくるのでそれから聴くのもありです。自分はヒノ×リエが流行り出してから使い魔ラジオを聴いたら、はまって釘宮病が悪化する一方になってしまいましたが、やはり人気にはそれなりに理由があるものですw
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
とらドラ8!
2008-09-11 Thu 23:48
8月の電撃文庫より、シリーズ買い。とらドラ!もいい感じで8巻です。まもなくアニメも始まるようですが予想通りの釘様でしたねw。しかし絵がなぁ…原作も変わってきちゃったし一番好きなのがコミカライズってw。それはともかく今巻の中身です。

前巻のラストのクリスマスパーティで竜児は櫛枝に完全なる不戦敗を喫した。一方の大河は大河で何かを感じ取り竜児との接触を避けるようになり、竜児はますます落ち込んでいく。そんな中3学期も始まり大型イベント・修学旅行が迫ってきた。竜児は成り行きで北村、大河、亜美、櫛枝を含むいつもの面子で班を組むことになるのだが、完全に何もなかったように振舞う櫛枝の本当の気持ちを確かめられるチャンスは訪れるのか…それとも大河との…

というお話。最初から空気が重過ぎる…そしてギャグ要素が皆無です。大河の気持ち、櫛枝の気持ちがあーもう。そして最後の展開がもうたまらん。もだえるとかじゃなく重すぎるw。すごい収束に向かっている気がしますよ。ひょっとしたらアニメは完全に最後までやるかも?これは早く続きを読みたいです

とらドラ!〈8〉
竹宮ゆゆ子 イラスト/ヤス
アスキーメディアワークス 2008-08-10
評価
by G-Tools
とらドラ!〈7〉 (電撃文庫) とらドラ! 6 (6) (電撃文庫 た 20-9) とらドラ! 5 (5) (電撃文庫 た 20-8) とらドラ! 4 (4) (電撃文庫) とらドラ〈3!〉 (電撃文庫)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「タユタマ」感想 前編
2008-09-10 Wed 21:22
7月ソフトより、Lump of Sugerのタユタマ。
いつ空は小難しい文章がちょっと苦手だったりしたのですが、るい智とは違う明るいノリと聞きなれた声のゲームがやりたかったのでチョイス。メイン以外いらねみたいな評判が多いみたいですが気楽にプレイ開始です。

共通はましろの告白を受けるかどうかまでで一段落。そのあと応龍、鳳凰、鵺の三強との対決がほぼ同じ内容でルートによって順番が前後するだけ、でさらに+30分くらいでエンディングというほとんど共通な内容。推奨攻略順はアメリ→美冬→ゆみな→ましろ。まぁ個人的には振るわけにはいかないアメリ最初でましろが最後ならOKという感じです。

アメリ。わがまま幼なじみ。
主人公のトラウマの真相、エピローグあたりが最大のヤマです。さらに相方の応龍もちょいヤマを演出したりとなかなかのすっきり感。アメリ・主人公ともにたまに空気読めない感じがイラっとしたりもしたんですが、理由がわかれば気にならなくなるので最初推奨ですw。

ゆみな。泣き虫系義妹。
本当の両親の話なんかがちょいヤマ程度で泣き虫のくせに泣き度は低いです。しかしアメリとは違った方向ですっきり。あとはノリだけじゃなく中の人ががんばってるので笑い成分が多しwHシーンでも笑かさないでくださいw。

現プレイ時間13時間 後編はあとで

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
俺の妹がこんなに可愛いわけがない
2008-09-09 Tue 23:47
8月の電撃文庫より、ライター買い。13番目のアリスでお気に入りの伏見つかささんの新作です。すげー売れてるみたいでけっこう乗り遅れた感がありますがちゃんと初版で買ってるんですよw。それではようやく中身です。

俺の妹は中学生なんだが、成績優秀・スポーツ万能・おまけに人一倍かわいくて雑誌のモデルなんかもこなし、いわゆる高嶺の花って言葉が似合う奴だ。しかし俺はいたって普通の高校生なので妹には見下されまともに口も利かない仲なのさ。しかしある日俺は知ってしまった。そんな妹が萌え妹アニメなんかにとどまらず妹モノのエロゲーが大好きだと!?まさか俺のことが…なんて訳もなく単純に妹は妹が好きなだけらしい。知られたことをきっかけに私って変なのかな?と俺に人生相談してきたんだが…

というお話。妹がいる男は妹萌えにならない、らしいですがいないので俺にはわかりませんwただタイトル通りそういうスタンスで書いてあります。一方でこの妹は世間体を気にはしますが重度のオタクですwエロゲには全年齢版では出せない味があるとか言い切りますかw。そんな妹をなりゆきとは言え助けてやる主人公の熱さがいい感じで盛り上がりますよ。ギャグもいい感じでオフ会の話とか主人公と同じところで吹いたw。しかしアリスはあれで終わりかと思うと残念ですね。一方でこのコンビで年内くらいにもう一つ企画があるらしいですが次は姉ですねわかります。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない
伏見つかさ イラスト/かんざきひろ
アスキーメディアワークス 2008-08-10
評価
by G-Tools
十三番目のアリス (電撃文庫)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
絶対☆アイドル
2008-09-08 Mon 23:37
ドラゴンエイジより、最近流行のアイドル漫画。作画はチュアブルソフトのぎん太氏で初コミックだそうで完全に絵買いですよw。原作の人は絵柄が合わないから封印してたと言ってますが他にコミックを書いてる様子がないので不明です。それでは中身。

ジャニーズ系アイドルを目指す天野宙は、オーディションを受け続けるも女っぽい顔立ちのせいで落ち続け自信を失っていた。そこでたまたま見かけた美容院でイメチェンを図ろうとするのだが、まるっきり女の子のようにカットされてしまい途方に暮れる。しかもナンパまで寄ってきてレイプ寸前。そんな所をスカウトの人に助けられ、そのまま事務所に入ることに。ラッキーと思ったのもつかの間、女の子と勘違いされてることに気づくも言い出せず…

というお話。最後まで男であることを隠し通す展開で、着替えありお風呂ありノーパンありの女装モノの王道。しかし恋愛要素不要のため男っぽさのない主人公はやばい。普通にキラッにドキッとしたw絵がずるすぎるwww。ネームがあったとはいえこれは絵買いの価値があると思います。いや話も短くてもまとまってるし悪くないですけどね。最近CMが多いSuger Spiceをやりたくなってきちゃうな。

4047125652絶対☆アイドル (角川コミックス ドラゴンJr. 133-1)
作画/ぎん太 原作/須田洋
富士見書房 2008-09-09
評価
by G-Tools

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】青年コミック(微エロ) | コメント:0 | トラックバック:0 |
僕は彼女の9番目
2008-09-07 Sun 23:46
8月の電撃文庫より、なんとなく買いかな。ライターさんはリヴァースキスを書いてた佐野しなのさんなのでそのへんの期待も含まれています。今一歩という印象はすっかり忘れていましたが気にせず今巻の中身です。

クリスマスイブに交通事故に遭い入院していた木蔦東司は、退院したばかりの夜に息苦しさで目が覚める。なぜか身体の上に載っている美少女が「何か欲しいものはありませんか?」と問いかけてくるので、寝ぼけ眼で君が欲しいと答えたら迷ったあげくOKが!?。しかしそこにあったのは一つの大きな問題、彼女がサンタクロースで東司がサンタクロースアレルギーということで。次のクリスマスには帰ってしまう彼女に東司は何ができるのだろう…

というお話。3本の中編からなっていて、サンタメインの話、幼なじみの話、親友の話でそれぞれに贈り物がキーワードです。なるほどこの長さならうまいですね。いい感じにネタが仕込まれててちょっとほろりです。タイトルとトナカイの存在がちょっと無意味な気もしましたが、次巻への布石でしょうか?あってもなくても次作がこのライターさんを気に入るかどうかの分かれ目ですねきっと。

僕は彼女の9番目
佐野しなの イラスト/鶴崎貴大
アスキーメディアワークス 2008-08-10
評価
by G-Tools
リヴァースキス (電撃文庫)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
キミキス various heroines Vol.4
2008-09-06 Sat 23:37
ヤングアニマルより、東雲キミキスの4巻がようやく登場。今度のヒロインは二見さんですよ。前巻あたりでPS2やるとか言ってたのに買っといて全然やれてないんですが、もう無理かもわからんねw。そんなわけで原作をやった気になるコミカライズで我慢する今巻の中身です。

紙飛行機を拾う出会いから実験を経て海外エンド。他の人のコミカライズのあらすじと大差はありませんね。そしてなんといってもキス描写ですが、実験キス二回(罵り)、腰砕けちゅー、首筋ちぅぅッ、ほっぺぺろぺろ、押し倒して3P以上しっぱなしなど。キミキスの名にふさわしいのはやはり東雲さんですねと(つд⊂)ゴシゴシ、思ったんですけど…(;゚ Д゚) 一番エロイのは相原君ってどういうことですか!?。入浴シーンとフランクフルトを咥える相原君の女らしさは異常w。そして二見さんに尻尾を振るように近づいていく様はまさにわんこw。そこはかとなくいけない気分にさせてくれます。目覚めたらどうしてくれるw

気になる次巻は星野さんで春ですかそうですか。6人目までやってくれ、るんですよね?最後がうどんでもいいんですよねw

キミキス-various heroines 4 (4)
東雲太郎
白泉社 2008-08-29
評価
キミキス-various heroines 3 (3) (ジェッツコミックス) キミキス-various heroines 2 (2) (ジェッツコミックス) キミキス-various heroines 1 (1) (ジェッツコミックス)

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ(ゲーム) | コメント:0 | トラックバック:0 |
森口織人の陰陽道
2008-09-05 Fri 23:45
8月の電撃文庫より、コンビ買いかな。撲殺天使ドクロちゃんコンビの新作ですよ。とは言ってもドクロちゃんは1巻しか読んだことないんですけどねw。面白かったのですが乗り遅れた時期に読んだのでスルーしていました。今回のは絵も設定もツボっぽいので乗り遅れないようにっと。それでは中身です。

放課後の教室で森口織人は硬直していた。目の前にあるのはクラスメイトで学園一の才女でもある遥奈原初雪が椅子に縛られた姿。助けを求められるまま彼女の縄をほどこうとした瞬間、初雪さんが触手に縛られてしりこだまを抜かないでぇぇというエロ映像が頭に流れ込んできた!そう、彼女は触れた人に自分の妄想が流れ込んでしまうという残念な体質を持っていたのだ。そんな彼女の正体はその妄想力を力に変える陰陽師。秘密を知ってしまった織人は妄想駄々漏れの彼女の手助けをすることに…

というお話。ドクロちゃんのギャグ部分が全部エロ妄想につぎ込まれているくらいの勢いです。ぬめぬめ・くちくち・ぐちゅり・ずぶずぶだったりこのお嬢様妄想が過ぎますよwある意味妄想がギャグなんですけどねw。ただギャグ的にはドクロちゃんが上かなぁ。雰囲気はこっちが好きですけど。とりしもさんの絵はGJ。あと同時並行のコミカライズを読んでるとよりわかりやすいかもですがそれは後日。

森口織人の陰陽道
おかゆまさき イラスト/とりしも
アスキーメディアワークス 2008-08
評価
by G-Tools


テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「るいは智を呼ぶ」感想 後編
2008-09-04 Thu 21:22
前編より
残すは年少組で声が一番なこよりと最終ルート固定の茜子。だんだん波に乗ってきましたよと。

こより。小動物的ローラー娘。
やはり鷹月さんは別格だなと。ピンク・ポッチーズとして姉の企業と戦う話。過去がらみはさらっとして姉がらみでちょいヤマってところです。しかしHシーンが茉莉(家計)過ぎて吹いたww。

茜子。毒舌系ひねくれ娘。
ルート固定で呪いとか恵とか記者とか姉とか企業とかだいたいすべてを解決する話。いろんな裏が明らかになって恵の話がちょいヤマ2つくらい。しかしなぜ茜子が最後なのかがわからない…能力のせい?

総評。
んー、最後までやれたのは短いからかなという感じ。やって損したとは言いませんが自分は人には薦めないですね。なぜかというとキャラに魅力が少ないから(主に声的にw)。茜子ルートも最後の最後ですっきりしきれないのもなぁ…。小ネタも各ルートで使いまわされてたりで、個別と共通をもう少しうまくつなげて欲しいかな。あとは表現が回りくどいんですよね。倒置法好き?小難しい文章が好きな人は気に入るかもしれません。これは次作も様子見せざるを得ないか。

ランキング
こより>茜子>るい=花鶏=伊代

総プレイ時間18時間半(飛ばし気味)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
電撃G'smagazine 2008年10月号
2008-09-03 Wed 01:52
3ヶ月連続エクスタシーフィギュアも今月で最後。ラストを飾るのは新キャラの沙耶。姫のやつと同様に小道具がいい味だしてます。パンツのゴムに拳銃という発想はなかったけどいいですねこれw。記事はさすがに少なく沙耶について少々。しかしちらっと見ただけでも早くやりたいな。

気になる記事。
まずはよあけなFD、略称はMCですかそうですか。編集部による新シナリオの大胆予想はなかなか興味深いですね。当たるも当たらぬもですけどねw。乃木坂のPS2とアニメでは能登さんと麻衣ちんのインタビュー。ラジオで聞いたばかりなのである意味楽しいw。Leaf特集はメギドの状況とか。これはTearsと別だったのすっかり忘れてたw。涼元氏新作の進行状況は好調のようで。旧作で食いつなぐと揶揄されていたLeafの力を入れた新作攻勢は水面下で進んでいるようです。電撃文庫RPG、こういうクロスオーバーの作品は一つでも知らないのが混じっているとやる気にならないんですがそういう人は少ないんでしょうか?ひぐらしDSもなんだかんだおもしろそうなんだけどどうしよう…。まぁ乗り遅れているのでいまさら感はありますが。あとは秋からの新アニメ。次期は豊作の予感です。

電撃G'smagazine (デンゲキジーズマガジン) 2008年 10月号
角川グループパブリッシング 2008-08-30
by G-Tools

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】電撃系 | コメント:0 | トラックバック:0 |
アットホーム・ロマンス 2巻
2008-09-02 Tue 23:36
まんがタイムきららより、マザコンシスコンなんでもありのアットホーム4コマの2巻です。チルヲさんは現在デフォ買いになりつつある感じですね。夏コミのコーネリア本でもお世話になりました。そんなわけで中身ですが複雑怪奇な人間模様は1巻参照ということであらすじは軽く。表紙になってる重度のマザコンの弟を重度のブラコンの姉が矯正して姉萌えにさせようという展開。

リアル姉ごっこしよっ、とかブラコンであるかないかはおちこんでるとおち〇こ出るくらい違うっ、とかママ喫茶マーミヤンとか名言多数。まさか4コマであるとは思わなかった見開きの1Pも必見です。ギャグもチルヲさんの本領発揮で一方通行気味の愛がなんかもんもんとするw。アンソロもいいですがオリジナルもいいですね。くすっ、よりは笑ってしまうネタ多数。あとは前巻よりなんか脱いでるシーンが多いんですがwなかなかおいしい一冊でした。次巻も期待です。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】4コマ | コメント:0 | トラックバック:0 |
電撃姫 2008年10月号
2008-09-01 Mon 01:51
今月の表紙特集もリトバスEX。
三ヶ月続いた攻勢もようやく終了となります。記事はさすがにもうネタがないのか沙耶ルートについて。やるまで見ないので語りませんw。付録ははるちんのターン。これももう丸見えなのはデフォですが、こんかいはアイスの小道具が効いてます。しかし髪おろしてるとはるちんにみえないなぁ。…姉御のターンがないのかーっ。

気になる記事。
AugustのよあけなFDはいまのところ新規が翠ちゃんCG1枚では雑誌による差異が生まれようもありませんね。ういんどみるの祝福のカンパネラはまたCD攻勢ですか。エレガなら期待はしてしまうのですよ。しかし応援CGの犬あんさんの絵はレベルアップしてる気がする…。Lillianのティンクルくるせいだーすはようやく出来てる感が伝わってきました。体験版やってみないと。ロココワークスのVolume7はCG出し切ってるんじゃないかってくらい魅せますね。心配なのはボリュームだけなのでまじで。最後にめろめろキュ~トのミンナノウタはそのシステムが初めて目にとまりました。作詞作曲とか選択肢だろうとはいえなかなか珍しいですね。それだけなんですけど。

ポスターのツボ。
WIZARD GIRL ANBITIOUSの足ウラできまり。このアングルと表情が反則的にツボなのでしかたありませんw。あとはHimeのちHoneyのビート板。なぜその体勢をとっているのか問い詰めたいw。次点としてはミンナノウタのヘッドホンとか、YUKIRINさんとかイヌミミバーサクの下乳とかあったんですが何か物足りませんでした。

B001EGR64Cdengeki HIME (デンゲキヒメ) 2008年 10月号 [雑誌]
角川グループパブリッシング 2008-08-30

by G-Tools

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】電撃姫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 狙撃者のひとりごとR |