最新記事

4月の気になるリスト
2008-03-31 Mon 21:18
さて、やってる人はぼちぼち終了するという就活もなめてたオレには先が見えません。面接の結果を待つというのがこんなに悶絶するものだとは…ゲームの消化を妨げる一方です。気が重いけど気になるリスト行っておきますか。

~3月 TH2AD・かみぱに・(とらいすたーず)

4/ 1 HJ文庫(AKUMA3)

4/ 9 おまもりひまり3巻

4/10 電撃文庫(とらドラ7・みーくん4)

4/17 ネギま22巻

4/18 きまり学園1巻・ガガガ文庫(衰退3)

4/21 TECH GIAN

4/25 CHAOS;HEAD・さくらさくら・(11eyes)・(剛炎のソレイユ)・FA4コマ1巻・BUST

4/26 コードギアスナナリー3巻・Queen3巻

4/30 電撃姫

ゲームは東鳩2が終わりそうなところまできているので実質あまり積んでいません。つかの間の春休みで一気に消化ですよ。3月末のが消化できるかは運しだい。
コミックは散発系がちらほらあるだけで少なめですかね。
ラノベも少ないので衝動買い?
あとはアニメが総入れ替わりなので要チェックということで。とりあえず今は目の前の四月より1年後の四月を見据えないといけないのでこんなとこで
別窓 | 気になるリスト | コメント:0 | トラックバック:0 |
えむえむっ!4
2008-03-30 Sun 22:00
2月のMF文庫より、ドMノベルの4巻です。あらすじは1巻2巻3巻を参照ということでとりあえず今巻の中身。

長編4分割だった前巻と違って長編が2つという構成。文化祭の話。演劇でいじめられっこの役をやることになった太郎。しかし練習の時点でドMが発動しそうなほどいじめ役がうまいことが判明。舞台でドMを発動させないために催眠術によりドMを押さえ込むことにしたのだが、強制催眠の影響かドMがBLに変化しただけだった…。後編は無事に演劇を乗り越えた太郎たちが普通に文化祭を楽しむ…と思いきや美緒様ファンクラブという集団が太郎と美緒の仲を引き裂こうとあれこれ仕掛けてきて…

というお話。今巻もやはりおもしろかった。しかしドMだけではそろそろ限界だったかw。ラストのほうでは石動先輩の過去がほんのり明らかになるあたりでちょっといい話。これは続刊への布石ですね。あと絵にはそこまでぐっと来なかったみたいですが、車田絵には吹いたwさりげなく美鈴ちんなんかもいましたね。表紙も凝っています。というわけで次巻もお待ちしてます。

えむえむっ!4
松野秋鳴 イラスト/QP:flapper
メディアファクトリー 2008-02-21
評価
by G-Tools
えむえむっ!〈3〉 (MF文庫) えむえむっ!2 (MF文庫J) えむえむっ! (MF文庫J)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】MF文庫J | コメント:0 | トラックバック:0 |
コンビニん
2008-03-28 Fri 23:06
ヤングチャンピオン烈より、コンビニ買い。元コンビニ店員としてはタイトルだけで気になってしまうんですよw。作者は和六里ハル氏。大妹という成年コミックを読んで知りましたがギャグが多めで絵でエロさを見せるタイプですね。三平さんと違ってエロはあんまりバカっぽくないですw。とりあえずこれの中身。主人公一ノ谷ヒカルは肝心なところで腹を壊してしまうフリーター。金髪ドSのサーシャ、癒し系田村さん、謎のロリ店長が働くコンビニの前で漏らしてしまいそのままなし崩し的にバイトすることに…。2話で宇宙人に攫われロボットに、3話で直ったと思ったら即死で幽霊に、4話で生き返ったと思ったら女の身体に、最終話では分裂した男の方と結ばれそうに…

というかんじで主人公がかわいそうすぎるw。ギャグは全体的にシモネタが多いですがこういうの大好きですw。絵的にもいいですし裸はもはやあたりまえで、下はヤング系なのでともかく胸描写はなかなかのものです。ただエロを求めるなら成年コミックを買ったほうがいいでしょう。大妹もなかなかよかったですよ。エロとギャグが非常にいい感じでかみ合った一作でした。

4253255353コンビニん (ヤングチャンピオン烈コミックス)
和六里 ハル
秋田書店 2008-03-19
評価
by G-Tools

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】成年コミック | コメント:0 | トラックバック:0 |
ベン・トー サバの味噌煮290円
2008-03-27 Thu 21:59
2月のスーパーダッシュ文庫より、雰囲気買い。スーパーダッシュ文庫はあまり買わないのですが2月のラインナップはちょっとがんばってる気がしましたよ。お試しの意味でとりあえず一冊今回の中身です。

高校に入り少ない仕送りをどうにかやりくりしなければならなくなった主人公佐藤。ふらっと夕飯を買いにスーパーに立ち寄ったとき、何の気なしに手に取ろうとした半額弁当。しかし手が触れようとした次の瞬間、何者かに吹き飛ばされ気絶してしまう。そして翌日のスーパーで見た真実は半額弁当に命を賭ける野郎共の戦場だった…。そこで同じ学校の槍水先輩に声をかけられ、ハーフプライサー同好会という怪しげな部活に入部することに…

というお話。半額弁当をめぐり特殊な技術とか武術とかを使うわけでもなく、気合で適当に戦って勝つというなんとも勢いだけの話w。ほどほどにはおもしろいんだけど、あまりオススメはできるかんじではないですね。女キャラがもう少しかわいげとかあればまだ救いがあったんですけど、クールな部長とどこか芯の強いクラスメイトキャラでは萌がない…。なんかこう変なことに熱くなる部活という意味で同じスーパーダッシュの帰宅部のやつと似てますね。あれも1巻でやめたくちだしこれもですかね…。

photo
ベン・トー―サバの味噌煮290円
アサウラ イラスト/柴乃櫂人
集英社 2008-02
評価
by G-Tools

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】スーパーダッシュ文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
あいこら 11巻
2008-03-26 Wed 23:06
サンデーのフェチマンガあいこら11巻です。今巻は先生が一歩踏み出す話から始まり、あやめとハイジがくっつく話、天幕とエレベータに閉じ込められていい感じになる話、桐野がスカウトされてデビューする話、というかんじでまったく本誌で読んでないのですがなんか終わりそうな雰囲気がぷんぷんですね。というかもう終わってたのさっき知りましたw。どのキャラも2,3話でいいヤマを用意しておいて次巻ですべてをすっきりさせて終わらせてくれるようです。最近はちょっと惰性で買ってましたがちょうどいい長さでしたね。

あいこら 11 (11) (少年サンデーコミックス)
井上 和郎
小学館 2008-03-18
評価
あいこら 10 (10) (少年サンデーコミックス) あいこら 9 (9) (少年サンデーコミックス) あいこら 8 (8) (少年サンデーコミックス) あいこら 7 (7) (少年サンデーコミックス) あいこら 6 (6) (少年サンデーコミックス) あいこら 5 (5) (少年サンデーコミックス)

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】週刊系コミック | コメント:0 | トラックバック:0 |
「PRISM ARK らぶらぶマキシマム!」感想 後編
2008-03-24 Mon 21:01
前編より引き続きプリズムアークのFD後編です。残すコンテンツは長編の書き下ろしシナリオとパズルアーク。ボリュームは長編だけで前編と同じくらいになっています。

らぶえろマキシマム。
本編のEND後、学校も復興し卒業式を目前に控えたハヤウェイ。しかしただ卒業式を待つだけではなく校長先生の好意(?)によって、これまで戦争で楽しめなかったイベントが一週間に詰め込まれていた。まずは卒業のために遅れていた勉強の補習から始まり、体育祭、修学旅行、そして徹夜で王様ゲーム。それらのイベントすべてが新任の保険医に渡されたプリズムによって混沌へと導かれていく…

というあらすじ。ギャグ満載、エロ多めで非常に濃い内容でしたwそれはもう濃すぎて疲れるくらいw。最後にはちょっといい話も入っているし普通に1ルート追加という感じでした。

パズルアーク。
本編のほうで腕試しとかあったらいいねとか言ってたら作られましたw。使えるプリズムが制限されていて敵の行動もある程度決められています。想像してたのとはちょっと違いましたが、なかなか骨がありつつも解けなくもないという難易度設定がすばらしいです。でも3-8だけどうしても解けなくて攻略を見てしまいました…弱点を無視とかずるいよ…

総評。
FDとしての出来はかなりいいでしょう。もともとぱじゃまさんはドラマCDとか得意だしギャグ多めのこういうシナリオがうまいです。でもフィーリアおあずけだけは勘弁して欲しかったですけどね…事情ってやつでしょうが思わせぶりなんだもんなぁ。パズルアークもすごいいいかんじ。本編であったらちょっとなえる難易度ですが、パズルならありですね。悩みすぎてたぶん7時間以上かかってますw。くるくるもラジオはオススメするほどではないですが本編には普通に期待しています。

総プレイ時間 20時間

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ライトノベルの楽しい書き方
2008-03-23 Sun 21:58
2月のGA文庫より、タイトル買いかな?ポリフォニカに手を出してないので何気にGA文庫は初なのです。雰囲気に衝動買いをさせるだけの何かがないんですよねw。とりあえず中身。

主人公・与八雲は海の生き物が好きという以外はいたって普通の高校生。しかしライトノベルの編集者の姉の仕事を手伝ってとある作家の家に原稿を取りに行ったところから生活が一変する。その作家とは硬派でかっこいいと憧れていた同級生の流鏑馬剣。秘密を知ってしまった八雲は新巻のネタとして恋愛経験の実験台になることに…

というお話。ヒロインのキャラ付けはこれでもかというくらい定番ツンデレw硬派とみせかけてかわいいもの好きだったり機械音痴だったり。表紙でショートかと思った髪型がロングだったのだけが残念w。剣士はどうしてロングなんですかねぇ。オチもそんなヒロインが最後にかわいいところを見せるという定番でライトノベルというタイトル勝ちですねw。次巻のネタがあからさまに入っているのですがほどほどな期待といったところです。

photo
ライトノベルの楽しい書き方
本田透 イラスト/桐野霞
ソフトバンククリエイティブ 2008-02-15
評価
by G-Tools

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】GA文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
TECH GIAN 2008年5月号
2008-03-21 Fri 01:34
今月のプレミアムはハイクオソフトのさくらさくら。
ひーでさんいないのかよーと思っていたらよつのはのPS2化が進行しているとは知りませんでした。というか初出情報かもしれないですが声はOVAと原作どっちになるんだろ…。さくらもなんだかんだ楽しそうです。もう一つの特集はHOOK特集。HOOKさんいろいろ苦労してますね… そして新作Fairly Lifeはまさかの擬人化モノですよw姫子とは違った携帯ヒロインはサブとなり、メインは人工衛星ってどんなですかw期待せずにはいられないw。あといまさらFAのノーマルエンドの存在を知らされました。ものの3分で終わる話で適当なまとめ方すぎるw

新作の動向。
一発目からフロントウイングからほしうた、うたシリーズには期待大ですよ。流行の複数ライター制も控えめで一安心です。続いてWhirlpoolよりMagusTale Infinity、マギウステイルのFDですね。ボリュームあるみたいですが本編をやっていないので手の出しようがありません…。お次はLiar-softよりLOVE&DEAD、単行本を一気に出した和六里ハル氏がいつのまにか原画ですw。実はもうDL販売しているみたいですが、いろいろとすごいらしいです。さらにキャラメルBOXよりとっぱら、よーかいモノですが未知数ですね。絵は嫌いじゃないです。CIRCUSとブロッコリーのブランドLa'crymaより空を飛ぶ、3つの方法。true tearsはアレだったのでこれはどうかなぁ。エロゲなら大丈夫かなぁ。ヤムチャとデスノのパロCGはずるいですがw。

TECH GIAN (テックジャイアン) 2008年 05月号
エンターブレイン 2008-03-21
by G-Tools
先月号2008年04月号 来月号2008年06月号

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】TECH GIAN | コメント:0 | トラックバック:0 |
SONY NW-S716F
2008-03-20 Thu 12:00
1年半前くらいに買ったソニーのMP3プレイヤーNW-S703F。この前からイヤホンの調子がおかしかったのですがついに断線したようで片耳が死亡。フレキシブル基盤がどうのとかいう不具合かと思いましたがもういいや買っちゃえと後継機のこれを購入。正直デザインのせいで次期モデルを待とうと思ってたので、そんなに期待はしてなかったんですがなんだかんだ新しいのはいいですねw。

よくなったところ。まず画面が大きいところ。曲操作とかは格段にやりやすいです。これならジャケ画も入れたくなりますね。早送りが早いところ。20分とか早送りする人ならかなり早くなってることが体感できます。操作性。そりゃ十字キーのほうが捻り続けるよりやりやすいし。

悪くなったところ。デザイン。なんかSONYっぽくないというか。再生時間がちょっと短いところ。すぐ電池が減ってるような気がするw。ストラップが通らないところ。ちゃんとしたやつじゃないとだめかも。それくらいでおおむね満足している状況です。

動画機能。見ないだろwとか思ってたんですが、適当なエロゲのデモをImage Converterで変換して入れてみたら意外とよかったw。携帯で見るのと大して変わりませんが、めんどくさいフォルダ設定とかいらないので楽なのがいいです。ま、最初しかいじらないとは思いますけどw。

あとで調べてみてわかったんですが、結構イヤホンがらみのクレーム多いみたいですね。というか自分のもゴムが切れてたりしてたんですが、それだけで交換してもらえるとは思わなかった…クレームはほんとつけた者勝ちですねw。某掲示板によるとイヤホンだけ取り寄せしたら1万とかするらしいのでそれだけ取り寄せる人はいないでしょう。
追記(8/30):このイヤホンも断線してしまったのでサポセンに電話したら千葉の流通なんたらに送れと言われたのですが、そんなめんどうなことしたくないw。普通に買ったビックカメラに持っていったら保証期間なら預かり修理してくれましたよ。取り寄せだとしたら3600円らしいです。
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
タロットの御主人様。3
2008-03-19 Wed 21:56
2月の電撃文庫より、絵買いのシリーズ買い。前巻で「女教皇」と「運命の輪」のカードを封印し、仲間が4人になった主人公。今巻はみんなで海に臨海学校、秋人は日頃いがみ合っている4人に仲良くなってもらおうと努力するのだが、その八方美人な態度がさらに事態を複雑にすることには気づいていない。水着あり、温泉ありでそうこうしているうちに新たな敵のカード「月」が攻撃を仕掛けてきて…

というお話。なにやら黒幕みたいなのが出てきましたよw。しかしまぁバトル分は薄いのでやはりYUKIRIN氏のサービス絵が利いているのは間違いないでしょうw表紙絵からして眼鏡っ子の眼鏡外しとかさすがだとしかw。あと今回のバトルは全員参加ではなかったのでやはり大乱闘にはならないようです。組み合わせづらい能力が多いので仕方ないですかね。しかし次巻も決まっているそうなのでそこらへんに期待ということで。

タロットの御主人様。〈3〉
七飯宏隆 イラスト/YUKIRIN
メディアワークス 2008-02-10
評価
by G-Tools
タロットの御主人様。〈2〉 (電撃文庫) タロットの御主人様。 (電撃文庫)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
OVA よつのは 第1巻
2008-03-18 Tue 00:16
ハイクオソフトの名作よつのはがOVA化、原作はこのブログで最初に感想書いたゲームだったりするんですが初期はあまりにも適当な感想なのでリンクは貼りませんwしかし今思い返すとかなり高評価な作品ですw。のんさんかわいいよのんさん。

話の流れはほぼ同じ。約束どおり学校でタイムカプセルを探しに来たまーくんと柚姉。のんさん、祭と再会しつつの1日目が終わるまで。過去回想がところどころに挟まりますが原作がそうだったかは覚えてないです…。でもまぁ自然な感じだからそうだったかも?しかしあきすとぜねことか忘れてるなぁ。祭に関するヤマもさくっと入ってていい感じ。でも忘れまくってるので普通にもう一回楽しめそうですw

作画に関しては特にケチをつける気はないです。るーちゃんとか先生が動いてるだけでw。けっこうデフォルメを効かせてますね。原作はひーでさん原画だけが光ってしまいましたが、平均するとこんなアニメになるでしょう。

あと見るまで知らなかったのですが声優さんが変更されてました。のんさんが変わってたらブチ切れてましたがゆいにゃんの関西弁は健在で文句なしw。祭がマイナーさんから音ちんになったのもGJ!柚姉が順子さんからゴトゥーザ様になったのはまぁこんなものかと納得。雪さんがみるさんから矢作紗友里さん?になったのはちょっと残念か。でもToLOVEるの春菜の声やるみたいなので聞いてれば納得できるかも。1シーンじゃ判断できませんでした。

というかんじで2巻にも期待。のんさんルートだけでもやりたくなってきたー。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
オオカミさんと毒りんごが効かない白雪姫
2008-03-17 Mon 21:55
2月の電撃文庫より、オオカミさんのシリーズ買い。香辛料は読んでないので電撃でオオカミと言ったらこっちを想像してしまいますよ。御伽噺を現代風にアレンジして笑いと泣きをいい配分で混ぜているシリーズですが、あらすじは前巻参照ということで今巻の中身。

裸の王様の話は女バージョンでいい話と笑い話の中間くらい。一番シリーズらしさが出ているのをあらすじ復活として利用ですね。次はジャックと豆の木の話で笑い系。フェチに命を賭ける園芸部のジャックが悪巧みします。最後は白雪姫でりんごさんメインでいい話。りんごさんの過去をすっきりと解消。おまけとしてオオカミさんの心情変化の話。少しずつですがオオカミさんが前に進んできました。スカートひらひらさせてみたり(夢で)素直になろうとしてみたりw。次巻は燃えが増えるようですが配分的には今巻くらいのを希望ですね。

オオカミさんと毒りんごが効かない白雪姫
沖田雅 イラスト/うなじ
メディアワークス 2008-02-10
評価
by G-Tools
オオカミさんとマッチ売りじゃないけど不幸な少女 (電撃文庫) オオカミさんと“傘”地蔵さんの恋 (電撃文庫) オオカミさんとおつう先輩の恩返し (電撃文庫) オオカミさんと七人の仲間たち (電撃文庫)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
エム×ゼロ 8巻
2008-03-16 Sun 23:05
ジャンプの魔法マンガ、エムゼロ8巻です。今巻は3年の魔法執行部からちょっかいをかけられてから文化祭での爆弾探しの途中まで。ルーシィの出番が少なく、無駄にローアングルなコマはありますがお色気は一切なし。バトル分たっぷりです。だいぶ魔法の種類が増えてきておもしろい戦いが増えてきましたね。ネタ切れとインフレだけはしないでほしいですがw。あと最後のおまけマンガの姉の話は幼な過ぎるwツボはそんなところですw。空ページのイラストロジックはやってみたいけどコピーするのがめんどいので放置。答えがせめて次巻だったらやる気になったのに…

エム×ゼロ 8 (8) (ジャンプコミックス)
叶 恭弘
集英社 2008-03-04
評価
エム×ゼロ 7 (7) (ジャンプコミックス) エム×ゼロ 6 (6) (ジャンプコミックス) エム×ゼロ 5 (5) (ジャンプコミックス) エム×ゼロ 4 (4) (ジャンプコミックス) エム×ゼロ 2 (2) (ジャンプコミックス) エム×ゼロ 1 (1) (ジャンプコミックス)

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】週刊系コミック | コメント:0 | トラックバック:0 |
昔なつかし2005年2月期
2008-03-15 Sat 00:47
もう完全に就活で気分が乗らない今日この頃。ゲームやってても常に不安が付きまとって純粋に楽しめないんですがw。来月の今頃は気分が回復していることを願って今回はもっとも気楽だった時期を振り返りますよっと。まずはCURIOUSよりニイハオ!、25歳まで童貞だったら魔法使いになれるの元ネタです。やったことはないですがいいネタを提供しましたねw。続いてパープルソフトより秋色恋華、ついに春モノも公開されて残すは冬だけw。安定したよい出来でした。CLOCKUPよりジオグラマトン、Zweiはやってないのですが悪ルートが印象にwそんなのをとらいスターズにも期待してますw。最後にドキドキしすたぁパラダイス2、印象にあるのは歌だけですはいw。あとこの時期は最近復活の兆しをみせているインチャネさんがCS系でがんばってましたか。120円シリーズと家族計画は今でもやってみたいぐらいです。
別窓 | 昔なつかし | コメント:0 | トラックバック:0 |
「PRISM ARK らぶらぶマキシマム!」感想 前編
2008-03-14 Fri 20:59
1月末ソフトよりプリズムアークのFDです。本編は2006年の夏なので1年半くらい経ってますね。プレイ時間50時間を超える大作でした。今回はアニメ化とPS2版の狭間というタイミングでの登場です。実際FDはC71でも一回出てるんですが苦い経験を味わってます…そう、今回こそはのリベンジですよw。電撃姫の12月号とかではちゃんとフィーリアがナニをアレしてるCGが載ってますからね、これはもう期待せずにはいられないwということでレッツプレイ。

中身としてはフィーリア含む本編の攻略対象7キャラ分の短編と1つの長編。それぞれ後日談が描かれています。長編とおまけのパズルアークは後編ということで今回は7人の話についてやった順で。

リッテ先生。フェル。
期待してなかっただけあって特筆することは…。しかしギャグの多さでつかみはばっちり。導入としてはよかったですかね。

かりん教官。
これもあまり変わらないかと思ったら最後にちょっといい話。ぱじゃまらしい感じですね。

神楽。
プリーシアツンデレな話ではありますがヤマがあったので話としては一番よかったかな。

テレサさん。
そんな好きというキャラじゃなかったのに今回はやばいw本編でのギャグ少なさとのギャップのせいもあるかもしれませんが浅川さん自体も確実に進化してるw

プリーシア。
ゆいにゃんだからーwということでラストの直前。しかしオチが素直すぎたのでちょっと残念。

フィーリア。
ふっふっふっ。CGはたしかにあった、そして今回はなんとちゃんと声もあった、別人のだけどなっ!。いや、明らかに他キャラが物まねしてるシーンだから、ごまかそうとかいう物じゃないんだけどさ…わざわざそのCGの時だけ声が別人ですよって表示するほどの念の入れようってどうよ…はめられた感でいっぱいですちくしょうorz

現プレイ時間10時間半(1.5時間×7人) 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
P2!6巻・7巻
2008-03-13 Thu 23:04
泣いても叫んでも最終巻のP2!7巻と同時発売だった6巻です。もうちょっと粘っていればテニプリが終了してジャンプの球技を独占できたのにと思わなくもない…。話的にはエリスとヒロムが風呂場で出会ってからゼロバウンドが出てくるまでが6巻。遊部がゼロバウンドを返せるようになってから川末兄妹の話がまとまってヒロムの出番が来るまでの連載終了回までが7巻です。

描き下ろしとして6巻にはエリスを脱がせて乙女ちゃんパンチ炸裂の笑い話が9P。いじめ役前園が悪すぎるw。そして7巻には赤丸でやった3年後の世界大会が追加されています。卓球はしてませんけどwハインリヒ=フォン=ローゼンベルクとか誰w反語?www。あとは最後の最後の人気投票。振り返ってみるとちょっとした女キャラの黒髪ショート率が高すぎるw酔っ払ってる千佳さんが顧問の先生に見えてしまったからw。

やはり1話増えても消化不良ですよね…。いろんな関係が進展してオチがついてはいるんですけど、決定的に過程が足りてない。いろんな裏設定もあったみたいだしキャラも立ってきたしでいくらでも連載が続けられただろうに悲しいなぁ。まぁ読者アンケートも送らない読者が言うのもあれですけどね…。これを踏み台に江尻先生の次回作を期待します。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】週刊系コミック | コメント:0 | トラックバック:0 |
ラッキーチャンス!2
2008-03-12 Wed 21:54
2月の電撃文庫より、いぬかみの次シリーズのラッキーチャンス。絵的にはこっちのほうが好きですよw。あらすじは前巻参照で、今巻は鉄板シリーズにありがちなキャラ準備の意味合いが強いですが取り合えず中身。

まずは福の神キチが雅人の妹として認知される話から始まり、片思い中の二之宮さんの兄がシスコンで困った話は笑い系。そしてメインはキチが福の神としてやっていけるかどうか審査される話。美少女霊能力者・天草沙代がやってきて一度は合格が出るのだが、雅人とキチが仲良すぎじゃないかと疑われて…

という話。審査の話が長めでちょっといい話になってますが、全体的にはお色気多めの笑い系。世間知らずな神様にいろいろ教えていくというのはよくあるパターンですが、慣れたものですねw。まだ重いほうには本気を出していませんが、キチをみんなで見守るこの感じは今後きっといい話が出てくるでしょうw。

ラッキーチャンス!〈2〉
有沢まみず イラスト/QP:flapper
メディアワークス 2008-02-10
評価
by G-Tools
ラッキーチャンス! (電撃文庫)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ToLOVEる 8巻
2008-03-11 Tue 23:04
一時期は掲載順が心配されたジャンプのお色気担当とらぶる8巻です。しかし春のアニメ化はキャストと制作ともに期待できそうですね。今巻の話は夏祭り・幽霊乗り移り・オキナワ旅行・ララ家庭教師。夏だけあって露出度多めです。すなわち…16.5コマの乳首修正によって過去最大数を記録しましたwヤミ様の出番のほうが少ないんですけどw。それだけじゃなくて絵的にテコ入れしているのが感じとれます。委員長とイルカに乗ってガクガクなやつとか、美柑のアイスとか、春菜が蔦から落ちてきたりとか。修正がなくても魅せてくれていたということですね。あと連載は飛ばしてみてますが美柑はこれから何か起こりそう?引き続き連載を期待です。

To LOVEる-とらぶる 8 (8) (ジャンプコミックス)
作画/矢吹健太朗 原作/長谷見沙貴
集英社 2008-03-04
評価
To LOVEる-とらぶる 7 (7) (ジャンプコミックス)

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】週刊系コミック | コメント:0 | トラックバック:0 |
エンブリオ 2巻
2008-03-10 Mon 23:03
電撃マ王より、なでなで浄化マンガのエンブリオ2巻です。あらすじは1巻参照ということで、今巻は続きでいきなりピンチ状態から。新キャラの力で敵を倒し、そしてついに黒幕との決戦で一件落着。第一部完だそうです。

状況設定が多かった前巻と違ってバトル成分が大幅に増加。基本気持ちいい攻撃のはずなのに結構まじめに戦う展開でした。サービスも忘れていませんけどねw。縛って無理やり気持ちよくさせたり、大人数が触手で捕らえられてたり、特に最後のおまけで妹がパンツを履き替えまくる話とかw。こういうギャグもできる作者さんなので同人のほうも気になるのですが東方系なのであんまり手が出なかったり。マ王読んでないんですけどこれ続くんです?最新号では掲載してないような…。

エンブリオ 2 (2) (電撃コミックス)
鳴瀬 アツシ
メディアワークス 2008-02
評価
エンブリオ 1 (1) (電撃コミックス)

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】青年コミック(微エロ) | コメント:0 | トラックバック:0 |
「さくらシュトラッセ」感想 後編
2008-03-09 Sun 20:58
前編より
引き続きさくらっせ。早くもFD制作が決定したようで3月末まで人気投票をやっているようです。

ルウリィ。まさかのネコ娘。
やるまでまったく知らなかったのですがそうとわかったら大本命にwネコらしく素っ気なくも愛があるところとネコらしからぬ一途なところがヤマです。もうね、ニヤニヤが止まらないですよw。ネコ好きのツボを捕らえたここまで完璧にネコなキャラはあまり記憶にありません。さすがNYAONさんだw。

マリー。いいこすぎる魔法使い。
そのいいこすぎて素直になれないところがヤマですね。クラウディアがもう少しいい味出すかと思ったんですがそれに頼らずマリーだけで勝負してました。一番普通っぽいんですが相当な恥ずかしがり屋という性格は見ていて飽きさせません。

総評。
もしらばを超えられるわけないと思っていたんですが、最大のヤマの大きさは及ばないものの量的にも泣き度は十分な上、ギャグ方向にはしっかり進化していたので総合的にはいい勝負できました。要するにかなりよかったということですw。どうでもいいキャラがいないというキャラ作りがすばらしい。クラウディアが攻略できると思ってたのは内緒ですwFDで早希さんと共に攻略対象になる可能性はまだありますけどねw。システム的にはテキストに現れない背景音声をかなり多用してあったのが目新しかったですね。嫌いじゃないですがオートのとき再生終了を待ってくれればもっといい演出だったのですが。あーDear My Friendがそこはかとなくやりたくなってしまいました。lightBOX2008に入ってるようですがどうしよう…

ランキング
ルウリィ>かりん>優佳=マリー

総プレイ時間33時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
CLANNAD 1巻
2008-03-08 Sat 23:02
電撃G'smagazineより、しゃあさんによるCLANNADのコミカライズ。これとは別にCRコミックスでもオフィシャルでコミカライズされていて評判がいいですが未読です。表紙に惑わされてはいけないらしいですけどね…。しかしそうなるとこれの位置づけはいったい?一応これもオフィシャルなんでしょうが…。話自体は正統派渚ルートっぽいです。渚との出会い・演劇部の発足・古河家訪問・ぼたんぬいぐるみ・美佐枝さんプロレス技の話と続き、渚に一直線。

しゃあさんの絵は同人と挿絵だと非常に情報量が多いのですが、これはいいかんじで背景がさっぱりしてて読みやすいですね。ただ悪顔が得意なだけあって春原の顔がちょっとバカっぽさが足りないかも?w。あとは没ラフの藤林姉妹の入浴シーンがGJ!当然次巻も期待です。

CLANNAD 1 (1)
しゃあ
メディアワークス 2008-02
評価
by G-Tools

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ(ゲーム) | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツァラトゥストラへの階段2
2008-03-07 Fri 21:54
2月の電撃文庫より、ライター買いの一冊。扉の外とほぼ同じ展開でゲーム感がたっぷりの傾向は継承しているのでシリーズ買いが確定です。それでは今巻の中身。

前巻のゲームをなんとかクリアし一度日常に戻った主人公。引き続き姉を取り戻すために囚人ゲームに参加していくことになります。今度のゲームはダンジョン探索っぽい陣取りゲーム。男が指示を、女が探索をという完全分業制で手に入れたアイテムと金は男が管理、ただし女は寝返り自由などそこには疑心暗鬼が渦巻きます。コンビを組むことになったカレンは強く、主導権を握られっぱなしの主人公は果たして勝ち抜けることができるのか…

というお話。今回のゲームはこれ一つ。いろんなゲームを混ぜてくるよりは理解がしやすいのでよいと思いますw。ルール自体はシンプルなのでやはり駆け引きが熱いわけですね。そして相変わらず主人公は覚醒してくれませんw。ここ一番で力が出るというよりはどことなく運が強いという感じがまだ。まだキャラ付けの意味合いが強い話だったので次巻はなにか起こりそうです。というか起こってw

ツァラトゥストラへの階段〈2〉
土橋真二郎 イラスト/白身魚
メディアワークス 2008-02-10
評価
by G-Tools
ツァラトゥストラへの階段 (電撃文庫) 扉の外〈3〉 (電撃文庫) 扉の外〈2〉 (電撃文庫) 扉の外 (電撃文庫)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ロッテのおもちゃ!1巻
2008-03-06 Thu 23:02
電撃マ王よりロッテのおもちゃ!、葉賀ユイさんのコミックですよ。バカとテストの巻頭マンガの出来からの期待買い。なにやらこの連載が始まるまで相当な苦労をしたようですがこうして単行本になってなによりです。とりあえずあらすじ。夢魔族の王女のロッテは成人を迎え、種族としての生命維持のため吸精行為をする必要が生じてきた。つまり男のアレからでるアレを飲まなければならないのだが、ロッテは大の男嫌い。吸精を勧めてくる臣下をあきらめさせるため、異世界である人間の男ならと難題をふっかけたつもりが本当に人間の男を連れてこられてしまい…

というお話。話自体はまだちょっと微妙なかんじかなぁ。なんというか話をどうもっていきたいのか方向性が見えてこないので1巻にしてまったり感がw。要するにあらすじが書きにくいってことなんですけどね。あとノーパンだの吸精だのネタはそろってるし絵も大好きなのでもう少しサービスしてくださいw。SDキャラは相変わらずいい味出してますので。まぁ後半になるにつれてギャグ要素が増えていき改善はされているので次巻には期待できそうです。

4840242216ロッテのおもちゃ! 1 (1) (電撃コミックス)
葉賀 ユイ
メディアワークス 2008-02
評価
by G-Tools

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】青年コミック(微エロ) | コメント:0 | トラックバック:0 |
電撃G'smagazine 2008年4月号
2008-03-05 Wed 01:33
先月に引き続きFAミニフィギュアが付録のため購入です。
今回は個人的にFA一押しの桐葉さん。これで残すはあと一人ですがスタンプもらうのを忘れずに。あとはFAテレカバインダーが白表紙で通販されるようでこれは前向きに検討。バインダー系はいくらあっても足りないですからねw

気になった記事。
先月はあぁいつもの読者投稿ものかと思ってスルーしたら実は局所的に話題沸騰していたBabyPrincessという19人の姉妹企画。ほんとに脅威だよ…誕生日の考察とか熱心ですねw。第一回人気投票ではやはり普通に年上が人気のようです。そりゃ1歳とかにどういう感情を抱けとw。次はDSに移植されたひぐらし。パートボイスのようですがPS2版をベースに立ち絵と音楽がついてるし、追加シナリオもあることから文庫版のひぐらしより全然いいですね。祟殺しまで文庫でそろえてたんですけど乗り換えますか…。最後にD.C.ⅡではPS2版の新ヒロインがさらに追加されてますが、ファンページにあった音姫の幼稚園児にやられたwこれはいい絵ですw

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】電撃系 | コメント:0 | トラックバック:0 |
とらドラ!1巻
2008-03-04 Tue 23:01
休刊してしまった電撃コミックガオ!よりとらドラのコミカライズ。今後は移籍して大王でやっていくようで一安心。絵師は古キョン好き?な絶叫さん。そちらはググって確かめてみてください。絵的には好きな部類です。最近はヤスさんの絵が崩れてきているのでむしろこっちのほうが好きかもw。

話の流れはほぼ原作どおり。この1冊の6話分でまだ原作の1巻も消費してないんですけど、どんだけ長くやるつもりなんですかw。このペースなら連載が終わるまで続けられますw。連載時は結構未完成ぽいラフだったりしたらしいですが、単行本はさすがに問題なし。インコちゃんの描き下ろしとかw。このクオリティなら全然歓迎しますよ。ぜひこのペースで終わりまでやってくださいw。

しかし大河かわいいなぁ…勝手に釘宮ボイスを充てて脳内再生してますが何かw母はまきいづみさんですが、みのりんが難しい…ちょっとバカで江戸っ子な感じって誰だろう。そんなかんじだとアニメ化はもうちょっと先かなぁ。ゼロ魔3期とかぶるわけにはいかなそうなので。

とらドラ! 1 (1)
絶叫
アスキー・メディアワークス 2008-02
評価
by G-Tools

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ(ラノベ) | コメント:0 | トラックバック:0 |
「さくらシュトラッセ」感想 前編
2008-03-03 Mon 20:57
1月末ソフト2作目はぱれっとのさくらっせ。もう3月ですけどね…ほんとはもっとサクサク消化したいんですけど、さくらの季節も近くてむしろいいとか言い訳してみます。夏にドイツに行ったのでシュトラッセの意味を知ってたりと実はタイムリーなこれ。そしてもしらばコンビということで期待せずにはいられないw。というわけでレッツプレイです。

ひょんなことから住み込みで働くことになった家出魔法使いマリーがさくら商店街のレストランかもめ亭で巻き起こすハートフルな感じの物語。共通ルートはマリーがかもめ亭で主人公と厨房に立つようになるまで。序盤から選択肢があるとはいえひたすら同じキャラを選んでいく方式なのでほとんど個別ルートみたいなものですね。攻略順に関しては特にネタバレもないのですが、なんとなく魔法系は後回しということで前編は姉と幼馴染です。

優佳。欲しいぞ諭吉なお姉さん。
宣伝文句通り素直になれないところが最大のヤマですね。隠せないデレってのはいいものですw。オチを見るに実はメインヒロインなんじゃないかと思いました。それにしてもSなところといい風音さんそのままっぽいwただお酒飲めないと知っているのでちょっと不思議な感じはするのですがw

かりん。ちょっと足りない元気系幼馴染。
恋とは何かから教えていくある意味調教ルートwしかし成長したかりんはしっかり泣かせてくれます。幼馴染と約束のコンボはやはり強いですね。各イベントはバカなノリで楽しく重いところは重くとメリハリが利いててよかったです。

現プレイ時間17時間半 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
電撃姫 2008年4月号
2008-03-02 Sun 01:32
表紙特集はLassの11eyes。
Festaはやりましたがそこまで期待してないのが現在のところ。ノリ的には3daysのほうに似てると思うので未知数なんですよね。そして付録は当然FAのミニフィギュア陽菜。相変わらずよい出来です。記事のほうは発売後ということで新CGを公開。もうクリアしたので安心して見れますw。ちょっと崩れてるなと思った5人のプールとかなでの海も載っていましたが。

気になる記事。
まずプラゥヴクルイード、双龍さんの絵は好きなんですよ、って前にも言いましたね。魔法少女ということで任侠ものよりは興味あり。ヨスガノソラはようやくCGなどがあがってきたようですが発売はまだ見えてきませんね。続いてとらいすたーずは今のところまだ普通ですが、ジオグラマトンのような裏展開があればより期待できるんですけどどうでしょう。かみぱにも声が鉄板なだけに興味はあるんですが、ボーイミーツガールの出来からすると躊躇しますね。最後に応援中のプリンセスラバーの新規CGではけもこもさんらしさを見せてくれてます。

ポスターのツボ。
全体的に春らしいのですが図抜けて春らしい冷徹冷静しかしてXXX、わかめならぬ何酒ですかw。あとは細かいところに凝ってる11eyesとキャラ的にずるいとらいすたーずあたりですかね。

B0014FUYR4dengeki HIME (デンゲキヒメ) 2008年 04月号 [雑誌]
角川 (メディアワークス) 2008-02-29

by G-Tools

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】電撃姫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ほうかご百物語
2008-03-01 Sat 21:52
2月の電撃文庫より、選考買いで大賞の作品です。とりあえず絵買いというかんじですけどw今月はシリーズ買いも多いのでその他の賞を買うかはこれにかかってますよと。とりあえず中身です。美術部に所属する白塚真一は絵に変質的な情熱がある以外は普通の男子だった。「あなたの血を吸ってもいいかな?」放課後の美術室で怪しげな美少女にそう話しかけられたことからその生活は一変する。学校全体に出現し始めた怪異に対し、美少女イタチさんと妖怪マニアの経島先輩と共に立ち向かっていく。

というお話。いろんな妖怪を現代的な理詰めで対処していくというバトルなノリが面白いところです。元となる伝承があってそれをアレンジという意味でオオカミさんシリーズと雰囲気が似てますね。それにしてもイタチさんがかわいいんだこれw。飛びぬけた性格付けをしてないので普通っぽいのがいいところ。しっぽ握りたいです。しかしラストの盛り上げ方がちょっと弱かったかなぁ。そこは今後の経験に期待ですね。金賞銀賞はどうしようかなぁ…暗そうですがそのほうが盛り上がりに力入れてそうではあるんですよね。積んでるラノベ5冊がなくなったら考えます…

ほうかご百物語
峰守ひろかず イラスト/京極しん
メディアワークス 2008-02-10
評価
by G-Tools

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 狙撃者のひとりごとR |