最新記事

C73 3日目
2007-12-31 Mon 23:38
いやー終わりましたねー。後は一気に現実に戻されるわけですがもうちょっと冬休みにしがみつきたいw。それにしても今回はちょっと買いすぎた気がします。やはりチケット(を持った友人)の力は偉大ですね。

3日目の様子。ようやくいい天気、しかし風が強いとやっぱり寒くてたまりません。いやー始発に乗れなかったのは初めてです。一本なら対した影響はなかったようですが、どう対策を立てたものか…。

3日目の戦利品。小糸創作所・ミク本。choco box・グッズセット+ミク本。まからっこ・ミク本。舞子海岸迄五分・C†C本+かにしの本。ねこバス亭・キミキス本。QP:flapper・仕事本セット。あかねのね・総集編+さっちん。天然石・リトバス本+折本。G-Power・ミク本。オシャバン・魔堕ち本。偽MIDI泥の会・ミーア本。ですかデスカ・朝倉さん本。蒲焼屋・00本。松本ドリル研究所・00本。EXCLAMATION・かにしの本。行脚堂・かにしの本。Life・ハルヒ本。D.N.A Lab・すだりる本。無限軌道・00本。有葉と愉快な仲間達・エキスパ・QMA本。涼屋・イお仕事・バンブレ本。Iceman!・バンブレ本。その他ジャンル系はとらドラから2冊。オーガストから3冊。ほめらじから2冊。キョン妹から1冊。

買えないと思ったものが買えすぎたw。ただやたら1限がかかっていたので誰かのためにというのは難しかったのかもしれません。どうしてもほしいと思ってたのが少なかったので気楽でもあったんですが。2日目はずっと待ってるだけなのは疲れると思いましたが、やたら動き回るのも疲れますねw。それでは楽しい戦利品チェックにいそしむとします。総括と幻の4日目はC73を振り返るにて後ほど~。
別窓 | 同人イベント | コメント:0 | トラックバック:0 |
C73 2日目
2007-12-30 Sun 23:38
雨は降りましたがそれほど疲れていない2日目。相変わらず睡眠不足ではあるんですがw。企業はあらかた終わったので始発じゃないという選択肢もあったのですが、東に特攻ということでやっぱり来ましたw。

2日目の様子。週間天気では晴れる予定だったのに…すごく…雨です…。そしてちょっと寒い。午前でも東はやはりまったりです。無料配布で並んでいるとき雹とか降ってきました。

2日目の戦利品。HEART WORK・P2!本+テレカ。メカニカルペンシル・らきすた本。RETRO・よろず本。

2日目の無料配布。minori・ペーパー。すみっこ・小冊子。イエティ・マイユアセット…やってくれたなと。拙い列処理は弁護のしようもないですね。指示があるまで動かないでくださいと団子状態で外に1時間半放置+雹。足りないなら足りないと列形成の時点で数えて早めに言えばよかったんですよ。希望者全員に郵送する対応をとるようですが、待たされた1時間は帰ってこないです…

なんだかんだ遅くまで残ってしまいました。夏は午前中に帰ったりしたんですが、minoriのせいです。ただ三日目のサークルチェックは多少やっておいたので余裕はあるような気がします。さぁ明日は戦争だ!
別窓 | 同人イベント | コメント:0 | トラックバック:0 |
C73 1日目
2007-12-29 Sat 23:37
土日+大晦日という参加しやすそうな日程でやってきました冬の祭典。速報っぽく書かなくてサーセンww。正直大学生には日程まったく関係ないんですが敵が増えようが自分にできることをひたすらやるのみです。それでは開催です。

1日目の様子。雨の予報がでていましたがそれが的中。降ったり止んだりしましたが始まってからはおおむね気にならない程度でした。気温は15℃ほどだったためそれほど寒くはなかったですね。

1日目の戦利品。オーガスト・冬コミセット+脳ホエ作品集。minori・カレンダー。Leaf・紙袋セット。電撃屋・小冊子。ハイクオソフト・小冊子+缶バッチ。TYPE-MOON・FateZero4巻。Niceboat・ネックストラップ。

1日目の無料配布。リリアン・小冊子+紙袋。

企業に魅力が無いとか愚痴をはいたりもしましたが、終わってみればこの通り。人のためにならんでも自分にも何か買わないといけない気になるのがコミケの魔力ですw。初めて駐車場に並びましたが押しつぶされるよりはましかな。特に夏は。無料配布にはあまり並べませんでした、というか並びませんでした。そこらへんに魅力がないということかもしれません。初音グッズのおかげで大変そうなブースもありましたが。
別窓 | 同人イベント | コメント:0 | トラックバック:0 |
とらドラ6!
2007-12-27 Thu 21:39
12月の電撃文庫より、シリーズ買いの一冊。とらドラの6巻です。今巻は大河の片思いの相手、北村君をめぐる話。それでは中身です。

前巻で文化祭も終了し校内にはまったりとした雰囲気が流れていた。しかしその中でも北村の呆け度は群を抜いており、生徒会長選挙の時期になっても一向に変わらない様子にみんながおかしいと気づき始めた頃。北村は突然グレて金髪になり挙句の果てに家出して龍児の家に転がり込む。果たして北村がグレた理由とは…

というお話。表紙キャラである現生徒会長が大きくこの話に関わってきます。こういうキャラによる盛り上がりは好きですw。それにしても今回はいつもより小ネタが多かった気がしました。JOJOとか遊戯王とかw。前半の笑いがあるからこそ、後半のとらドラらしい盛り上がりが利いてくるわけで今巻もよい出来でした。

とらドラ! 6 (6)
竹宮ゆゆ子 イラスト/ヤス
アスキー・メディアワークス 2007-12-10
評価
by G-Tools
とらドラ! 5 (5) (電撃文庫 た 20-8) とらドラ! 4 (4) (電撃文庫) とらドラ〈3!〉 (電撃文庫) とらドラ〈2!〉 (電撃文庫) とらドラ!1

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「世界で一番NGな恋」感想 後編
2007-12-26 Wed 21:27
前編より

麻美。元妻教師。
なんだかんだ未練ありありの先生がなぜ主人公と離婚したのかが焦点ではありますが、途中の美都子エピソードのヤマが大きすぎて麻美さん自体の話はあまり盛り上がらなかったかな?早く美都子を攻略させてくれとw

美都子。小さい大家さん。
延々とお預けを食らっていた大本命です。一瞬ここでEND?と思うつくりでしたが、その後エピローグがずっしりありました。すべてを乗り越えて大団円を迎えるすっきり構成にただただ満足です。

総評。
いやーやはり丸戸作品はすばらしいw(とかいいつつショコラは挫折した口ですけど)。長い美都子ルートから途中でその他キャラのルートへ分岐するような構成なのですが、途中にもかなり大きいヤマがちりばめられているという、感触的にはもしらばが近いですね。しかしどのヤマも美都子のものなので他キャラを攻略するのがもどかしいというw。話の切れ目にOPが入る構成もいいですね。曲が刷り込まれるのもいいんですが、それぞれの話に見所を作る技術はさすが丸戸氏としかいいようがないw。全体的にだれることなくヤマの数と大きさも申し分ない、今年の上位にくるのは間違いない良作です。

ランキング
美都子>姫緒>麻美>夏夜

総プレイ時間29時間

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
キミキス various heroines Vol.3
2007-12-25 Tue 22:51
東雲さんのキミキス3巻が予想外に早く登場。今度のヒロインは(衹?)祇条深月。手書きでないと出てこなかったんですがw。とりあえず買いに言ったはいいんですが今回なぜか表紙が異なる初回限定版が。DVDがついて1000円増しか…相当悩みましたが初回に負けたw通常版はいつでも買えると自分に言い聞かせましたとも。とりあえず中身です。今回はお嬢様相手ということでおとなしめ、なんかちょっと原作と違う?婚約者と勘違いするとかいうの違ったっけ?キス的には出会い頭に不意打ちと木に押し付けてブルブルと耳をはみはみ、最後にベットでれるんれるんで終わりです。量的には今までで一番少ないですね。その代わり尺が長いかw。最後に一話先生との話。攻略対象じゃないからこんな扱いなのかw。

DVDのほうは再生一番衝撃を受けました。そうか…顔出しか…。だから見ない主義なんだってw。仕方ないのでVistaのプレビューウインドウ(タスクバーに入れた小さいやつ)に表示させながらこの記事書いてますw。座談会は特別顔出しする意味もなく声だけ聞いててもOKでした。マンガのコマにあわせてアフレコするやつもあったんですが、ゲームのキス描写ってこんなものなの?だとしたらがっかりだなぁ。普段のエロゲに比べると聴覚的にクるものがなかった…。とりあえず次巻は二見さんで夏ですか。間が空きますがすでにエビコレ+を予約したのでそれまでに予習する気まんまんですよっとw

キミキス-various heroines 3 (3)
東雲太郎
白泉社 2007-12-20
評価
キミキス-various heroines 2 (2) (ジェッツコミックス) キミキス-various heroines 1 (1) (ジェッツコミックス)

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ(ゲーム) | コメント:0 | トラックバック:0 |
リトルバスターズ!パーフェクトビジュアルブック
2007-12-24 Mon 01:30
リトバスの公式ファンブック。18禁化の情報とともにお目見えですよ。んーまぁそれはやっぱり来たかというかんじですね。それに入っても入らなくても最大瞬間風速には変わりないでしょうw。もう一回全部やる暇があるのかってかんじですが。そっちの話はおいといて中身です。

中身はいたって普通の構成ですが、最初は各種販促イラスト。けっこう見慣れないイラストも多かったですが、小毬と鈴が多くて美魚が少なく姉御がエロイことに変わりなしw。次は各キャラ紹介とストーリープレイバック。これはまぁ振り返るのにいいなぁというもんです。恭介の一枚絵をみるだけでもう(泣。クラナドほど複雑ではないですが攻略も載っているのはありがたいです。続いてバトルランキングと野球の攻略。細かいパラメータも載っていてバトルをオフにばっかりしていてちょっとすみませんって気にさせられましたw。さらに長めのスタッフインタビュー。麻枝さんは都乃河さんに厳しいコメント多いなw。各ストーリーの裏設定にはみなさんがちゃんと考えればわかりますよってかんじで触れそうで触れないw。後はグランドエンド後のSS。麻枝さんが絶賛するような出来ですがどうせなら18禁版に追加してくださいw。最後は初期設定のラフ集と曲集。ボツになった構図とか見るのも意外と楽しいです。

photo
リトルバスターズ!パーフェクトビジュアルブック
電撃G’s magazine編集部
メディアワークス 2007-12
評価
by G-Tools

別窓 | 【ゲーム】関連本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
TECH GIAN 2008年2月号
2007-12-22 Sat 01:25
今月のプレミアムはぱれっとのさくらシュトラッセ。
あのもしらばコンビということで期待せずにはいられないw。ほめらじの一色さんと風音さんの夢の共演で言ってた高笑いも楽しみです。もうひとつの特集はSutdio e.goの総集FD。これでキャラをすべて見分けられたら神ですねw。別冊特集はニトロプラス全般。いろいろと並行して作ってるみたいですが5pbとのコラボで送るCHAOS;HEADですかね。デモベコンビはまだまだ先の話のようだし。FAはHCGのみ各キャラ分更新。たまらなく焦れますw

新作の動向。
まずはういんどみるより祝福のカンパネラ、舞台設定から完全にオンラインゲームの様なファンタジーもの。まだこれからって感じですが鉄板ではあるでしょう。続いてフロントウイングからジブリール3、今度の幼彩ラインは続編ですか。新しいヒロインは今のところ見劣りしてしまうんですがはたして…。ブルームハンドルからはカーリングもの、聞いたことのないブランドでしたがなんというマイナーな舞台設定w埋もれそうです。ユニゾンシフトはクレアからファンタジカル、なんでまたアリスものなんですかwスルーです。最後に戯画からオトメクライシス、デュエルのシステムを使ったFDですがバルドスカイのほうを早くお願いしますw。大物の延期が続いてちょっとぱっとしない感じになっていますか。

TECH GIAN (テックジャイアン) 2008年 02月号
エンターブレイン 2007-12-21
by G-Tools
先月号2008年01月号 来月号2008年03月号

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】TECH GIAN | コメント:0 | トラックバック:0 |
メガミマガジン Creators Vol.10
2007-12-21 Fri 01:25
Vol.7、Vol.8と表紙買いしつつ前巻ののいぢ表紙はスルーしたのですが、今回は七尾表紙で表紙買いではありません。もちろんFAの公式SS集が目当てですとも。瑛里華とかなでの新規CGにニヤニヤが止まらないwストーリーの出来もさすがですw。しかしかなで押しのオレでも白の破壊力には揺さぶられてしまう…恐ろしい娘だぜ…。

本命はここまでであとは軽く中身です。七尾・Mitha・ゆきうさぎ・池上茜・瀬之本久史といったおなじみの原画家達と、今流行のKEI氏とか。あとは久行宏和という舞HiME系のアニメーターの話。しかしなんだかんだでこつ絵のグレンラガンが一番よかったというw。個人的にはちょっと当たりが少ない巻でした。

B0010VFW4MMegami MAGAZINE Creators (メガミマガジン・クリエイターズ) 2008年 02月号 [雑誌]
学習研究社 2007-12-18

by G-Tools

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ラッキーチャンス!
2007-12-20 Thu 21:38
12月の電撃文庫より、絵買いとライター買いかな。挿絵は最近よく見る気がするQPさんでライターはアニメで気にはなっていたいぬかみっ!の有沢氏。それでは中身です。

外神雅人は日本最強の二つ名を持つ霊能者。しかし小銭に力を込めることで弾丸のように操るごえん使いの雅人は、その能力のせいか世界一といえるほど不幸な毎日を送っていた。そんな雅人のもとにある日突然現れた福の神のキチ。これで幸せになれると思ったのもつかの間、疫病神から転職したばかりのキチはやることなすこと失敗ばかり。果たして雅人は幸運を掴み取ることができるのか。。。

というお話。霊的存在と霊能力者の主人公ってどっかで聞いたようなw。このキチが犬っぽいやつだし、投げる小銭は蛙のアレみたいだし、どうみてもいぬかみですほんとうにありがとうございましたw。まぁいぬかみは読んでないし、絵もこっちのほうが好みなのでしばらくは継続購入するつもりですが少しは路線変更してほしいところw。この巻だけでかなりのオチにたどり着いているので次はさっそく新キャラがきそうです。シリーズって言ってるから次でるよねw

ラッキーチャンス!
有沢まみず イラスト/QP:flapper
メディアワークス 2007-12-10
評価
by G-Tools

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
智代アフター Dear Shining Memories
2007-12-19 Wed 22:50
ドラゴンエイジPureより、Keyの智代アフターのコミカライズ。たまたまフィギュアに釣られて買った雑誌のときに最終回を迎えていて、なかなか出来がいいなぁと思って購入しました。本来の話の流れはPS2版の感想を参照と言うことで主にコミカライズの特徴について感想を。

まず絵柄ですが、それほど似ておらず崩し絵など独特のモノを持っています。アンソロほど崩れていないのでまぁこういうものかと納得できるレベルではありますが。あとはシナリオの流れですが、かなりアレンジが入っています。基本PC版のみで最後はPS2版の部分まで行きません。河南子との出会いで1話、喧嘩の話で1話、ともの話で1話、アフターで1話という構成。最後のアフターだけ読んでいいねコレと思ったわけですが、前半はちょっと問題ありだったとは…。ともの話がですね、1話じゃ無理ですw。なんかすごい普通の幼い娘になってるし、田舎に引っ込む前までなのでくまぬいぐるみの泣き所がない…。総合的にはちょっと失敗したなぁといったところ。最終話だけ楽しむのが一番の勝ち組だったかなと。

智代アフター―Dear Shining Memories
住吉文子
富士見書房 2007-12-08
評価
by G-Tools

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ(ゲーム) | コメント:0 | トラックバック:0 |
「世界で一番NGな恋」感想 前編
2007-12-18 Tue 21:26
11月ソフトより、HERMITのだめ恋。
最近まるねこコンビばっかりだったのですが、丸戸氏の新作でございます。なにがだめかっていうと主人公がとにかく不運。しかもおもしろ系の不運ではなくて離婚だのリストラだのというリアルにだめな29歳。それが母親にかけおちされて一人でアパートの大家をこなす健気な少女に惹かれていくという年の差的にだめな展開ということですw。

攻略順は丸戸氏のいつもの手法としておいしいものは強制的に最後に回す手法。共通ルートからの分岐はOPに登場する順番、夏夜(夏)、姫緒(秋)、麻美(冬)、美都子(春)というように攻略していくことになります。しょっぱなから美都子がかわいすぎて振るのがつらいすぎなんですがねw

夏夜。ぐーたら系お姉さん。
やっててわかってきましたがだめ恋の意味はだめな主人公にべた惚れしてしまうほどだめな女って意味もありそうですw。ちょっとオチが素直すぎて読めたので個別ルートの盛り上がりはそこそこ程度。ですがまぁこれくらい積極的なほうが助かります。

姫緒。金持ち系お嬢様。
なんだかんだ姫緒もだめな女wっていうかこのルートは主人公が活き活きしすぎですねw。全体的には丸戸節お得意の巨大な敵を痛快に倒す要素が入ってきてて、ラストの盛り上がりっぷりはたまらんです。

現プレイ時間 16時間 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
あいこら 10巻
2007-12-17 Mon 22:49
いつの間にやら発売日を迎えていたあいこらもとうとう10巻です。今巻のメインは元フェチストの教師とやりあう話。しかしなんだか盛り上がりの方向性が好みでなかったので結局はちべえの母がおいしかっただけw。あとはうなじ幽霊と桐乃のオーディションの話、もはやフェチでもなんでもない話が少々。なんか最近勢いがないような…。それでも新キャラの女版フェチストは新鮮味がありましたけどね。逆があったかとw

あいこら 10 (10) (少年サンデーコミックス)
井上 和郎
小学館 2007-12-15
評価
あいこら 9 (9) (少年サンデーコミックス) あいこら 8 (8) (少年サンデーコミックス) あいこら 7 (7) (少年サンデーコミックス) あいこら 6 (6) (少年サンデーコミックス) あいこら 5 (5) (少年サンデーコミックス) あいこら 4 (4) (少年サンデーコミックス)

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】週刊系コミック | コメント:0 | トラックバック:0 |
AKUMAで少女~嵐を呼ぶ転校生~
2007-12-16 Sun 21:37
12月のHJ文庫より、ちょいエロ人格入れ替えモノAKUMAで少女の2巻です。おおまかなあらすじは前巻参照ということで、とりあえず今巻の中身。

一度入れ替わった人格も元に戻り、僚とゆり絵の仲もちょっと進展した前巻。しかし幸せは長くは続かなかった…。二人の人格は階段から落ちた拍子にまた入れ替わってしまう。そんな中イタリアから帰国した僚の幼馴染のプレイボーイがゆり絵姿の僚に一目惚れ?強引に迫られて、キスされて、押し倒されて、男なのに気持ちよくなってしまう僚。一方のゆり絵は悪魔のような保険医に誘拐された悪魔を探して右往左往。かわいそうな悪魔を魔界に返してあげるのが今巻の目的だったりするのだがはたしてどうなるのやら…

というお話。僚のあまりに考えなしな行動にやきもきさせられるのですが、最後はいい感じに収まるのでOKです。しかし前巻のような入れ替わりの初々しさがないのが残念か。男と体だけ女の男の絡みだとなんかこうもやもやするw。なんか女の体に入ってると男らしさが無くなっていってしまうらしいです。本筋の病気の展開も進んでるので次があれば次で終わりそうな話の展開ですね。

AKUMAで少女~嵐を呼ぶ転校生~
わかつきひかる イラスト/高階@聖人
ホビージャパン 2007-12-01
評価
by G-Tools
AKUMAで少女 (HJ文庫)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】HJ文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
昔なつかし2004年11月期
2007-12-15 Sat 00:45
月の途中の近況報告も兼ね始めたこのコーナー。修羅場を乗り越えて冬休みを無事に迎えられたことがうれしくてたまらないw。さ、余裕もできたところで昔を振り返るとしますか。まずは千世の六つ星キラリ、主題歌のタイトルだけが印象深い。続いてフェ○りんぴっく、これもタイトルだけが印象深い。そういう時期でしたっけ?w。最後に気になったけどやってないあの空の向こう側。といったところで打ち止めです。代わりになぜかツボを抑えたリメイク版がいっぱい。Kanon、Wind、加奈、ALMAといった豊作ぶりで新作がなくても満足してしまった月のようです。
別窓 | 昔なつかし | コメント:0 | トラックバック:0 |
ヒトカケラ
2007-12-13 Thu 21:36
11月のMF文庫より、雰囲気買いの一冊。新人賞の佳作ということですが、気分的には絵買いの割合が高いかな。挿絵はPULLTOPでおなじみの藤原々々氏。わらわらって読むんですねw。それはさておき中身です。

主人公・輝幸は片思いをしていた女の子ありすからある日屋上に呼び出される。告白かとちょっと期待していた輝幸がありすから言われたのは「私のカケラを一緒に探して欲しい」という意味不明な言葉。さらに話を聞いていくと、ありすは宇宙の審判者で人間を生かすか殺すかを決定する権利をもっていること、その決定期限が4日後にせまっていること、決定の結果に関わらずありすは消滅してしまうことを輝幸は知ってしまう。果たしてありすが下す決断とは…輝幸の恋は…

というお話。うーん、よくある設定の気はするんですが代表作がいまいち思い出せない。まほろさんとはちょっと違うか。前半は普通に表紙の少女メインで主人公視点なんですが後半は後輩の少女視点による真相編みたいなかんじですか。1つの話を2回読むようなものなので短編ぽくあっさりした印象。なんか作者的には伏線を張りまくったらしいですが、残念ながらあまり効果的ではなかったかなぁ。自分、あざとさを求めてるんでw

ヒトカケラ
星家なこ イラスト/藤原々々
メディアファクトリー 2007-11
評価
by G-Tools

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】MF文庫J | コメント:0 | トラックバック:0 |
JOJOの奇妙な冒険 The Book
2007-12-12 Wed 21:35
スクエアからジョジョつながりってわけではなくてむしろ逆なんですが、ジョジョ4部の外伝がノベライズ。ライターはまったく知らなかった乙一という人です。すごい名前でプッシュしてるんですがその昔大賞をとった作家さんだそうな。しかし後書きをみるにこのノベライズに5年もかかってるのか…。たしかになぜ、今、このタイミングでと思ってしまいましたがw。とりあえず中身です。4部の後日ってかんじぽいですね。仗助、康一、億泰、露伴といったおなじみの面子が、スタンド使いは惹かれあうの法則に従って杜王町に現れた新たなスタンド、TheBookと戦うという話。

鉄塔男や山岸由佳子、エニグマの本みたいなマイナーキャラもちらほら登場してなつかしいですね。スタンドバトル分は後半にしかないのはちょっと物足りないかも。半分くらいはJOJOお得意の敵の過去みたいな話が挿入されるのですが、不思議事件発生→巻き込まれる→調べる→敵スタンド使いというおおまかな流れと読みづらさは健在w。まぁそれを含めてJOJOのよさってことでw。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】ノベライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
ジャンプスクエア 2008年1月号
2007-12-11 Tue 01:24
創刊する前から検索しないでくださいとかCMしてたり、不思議なHPで宣伝してたりで興味はあったんですが、表紙の和月ファンではないのもあって今ひとつ決め手に欠けて購入を見送った創刊号。月刊ジャンプのリメイクみたいなもんなのにまさかこんなに人気がでるとは思わなかったです。だがしかしっ。荒木先生とフジリューが描くというのなら話は別。決して流されたわけではないですよw。ToLOVEるのポストカードに釣られたとかそんなこともないですょw。

全体的には確かに豪華な面子がそろってるんですが、第1話を見逃したからいまいちつかめないw。雰囲気はモーニングとかちょっと年齢層高めの週刊誌が分厚くなったかんじでたしかに面白い。特にJOJOは文句なしに面白かったですよw。フジリューのはなんか不思議系、原作がついてるのでそれなりに期待できるのでは。気になったのはギャグにボリュームがありすぎなところ。ちょいシュールなギャグはジャガーさんくらいのボリュームで十分なんですがw。

B000ZGKNWOジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 01月号 [雑誌]
集英社 2007-12-04

by G-Tools

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
白かわいいよ白
2007-12-10 Mon 19:27
ネタはいっぱい積んであるのにまったく消化できない今日このごろ。冬休みまであと一週間…仕事が片付いたらクリスマスそっちのけで鬼のように消化してやるっ、てなわけで苦し紛れではないですよ。FAの白がかわいいのは周知の事実だとは思いますが今回は携帯の話。

先日ドコモの905iシリーズが発売されたわけですが、SH902iを使い続けてちょうど2年の自分は変える気まんまんで狙ってたわけです。不思議なもので変えようと思い始めると今使ってる機種の悪いところばかりが目につくんですよねw。miniSDを読み込めなくなったり、変換が思うようにいかなかったり、バーコードリーダで読み取れなかったり。ドコモの本気を感じるラインナップの中から自分が選んだのはSONY。どうでもいい自分ルールで今までD・F・N・SHと全部メーカー変えてるんですよねw。残るはPくらいしかないんですが、なぜかPは嫌いなのでSO以外に選択の余地なしw。一応他のも悩みましたが結局はSOの白です。

変えてみて思ったのはやっぱり多少もっさりしてるって感じ。待ち受けとか少しでも軽くって解決法もありますがやっぱりいろいろ載せたいものでw。しかし大画面はいいなぁ。保護シートが最初から貼ってあるのは感動したw。変換機能もいまのところ満足。ジョグは初なんですがいいですね。

SHのほうがよかったという部分は覗き見防止のやつとダブルクリックみたいなメール問い合わせと充電コネクタの位置くらいかな。まだまだMP3とか動画再生とかいじくる余地はあるんですが、そんな暇があったら少しでも積み崩しますよってことで今回はこの辺で。白かわいいよ白。
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
チャンピオンRED いちご Vol.5
2007-12-07 Fri 01:23
こつえ表紙が目印…と思ったら今回は不純物が混じってますがチャンピオン派生のオール15歳以下雑誌です。予告通りVol.4は無視することができたんですが今回は付録に釣られたw。キミキスの二見さん水着フィギュア、しかもチャンピオンお得意の温度による衣服変化付きですよw。正直肌色に変化するかなぁと思ってたんですが青スクが白スクになるだけでしたw。それにしてもこの温度変化させるの手じゃ無理ね…まぁ白スク派ではないのでこのポーズだけで十分満足の出来ですよ。

中身についてはさらっとですが、キミキス、おとまりHONEY、厳守きまり学園あたりが単行本を買ってもいいくらいの板についてきた感じですね。あとはまほかん、ヨメイロちょいす、ハダシストあたりがサービス精神と絵のレベルが追いついてていい感じ。来月号の付録はキミキスドラマCDらしいですがまた微妙な…。しかし表紙と特典しだいでは買ってもいい気がしてきているオレがいるw。

B000ZJ1ZKUチャンピオン RED (レッド) いちご 2008年 01月号 [雑誌]
秋田書店 2007-12-05

by G-Tools

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】REDいちご | コメント:0 | トラックバック:0 |
P2! 5巻
2007-12-06 Thu 22:49
打ち切りで涙が止まらないジャンプの卓球マンガ、P2!も5巻です。最近伏線張りまくってたのになぁ…。残念だけど6・7巻ですっきりする完結まで導いてくれることだけでも期待するしかない。今巻は全中の地区大会直前から久勢北と秀鳳の一回戦突破まで。ヒロムの初勝利にからんで乙女ちゃんとの過去がもうヤマすぎです。悪役顔がすごすぎw。あとは話の間の1コマラフ画と巻末のアキラちゃんオマケマンガの出来がすばらしい。ノッポの妹とか遊辺の姉とか眞白の知り合いとか新キャラを出す余裕が出てきたところだったのに残念ですが、一発屋ではなく復活してくれると信じています。

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】週刊系コミック | コメント:0 | トラックバック:0 |
「はるかぜどりに、とまりぎを」感想 後編
2007-12-05 Wed 21:25
前編より

夏乃芽。
亀子ってどうよw。夏乃芽自体はけっこうかわいげがあって悪くないんですが、いかんせん話が普通すぎる…。どこで盛り上がればよかったかわからないくらいにw

秋穂。
けなげなMさん。序盤から親友とできてると思っていたのでどんな展開かと思いきや、なんという奴隷ENDw。しかしこの寝取りのような刺激があったほうが面白いと思ってしまうくらい普通ENDがふがいないんだよなぁ。

籠目。
亀子2号です。大筋がだいぶ明らかになるこのルート。最後の選択肢でトゥルーとの分岐ですが、これでいいのか?というEND。こいつを選ぶ意味が汲み取れないんですよね…。

春音トゥルー。
一応なるほどと思わせてくれて、すっきりするENDですね。すべてはこのためにというだけはありました。スキップをあんまり使わないで通してやったらもうちょっと評価できたかも。

総評。
ルートのレベル差が激しすぎますね。ただどれをとってもそんなに高いヤマは望めなかったのですが。設定に惹かれてやったのにサトリ病は春音にしか関係ないしw。まぁその設定を全員に活かしたらみんな同じになっちゃうとは思うんですが、春音が一番じゃなかった俺は負け組…。あとは親友男キャラの考え方が理解不能すぎる。なんなんだよこの浮気正当化は…。秋穂のため、みたいな設定だったら好みだったのになぁと。あとは土地設定が馴染み深いところだったから印象深いくらいですかね。はるかぜに、とまりぎをだとずっと思ってたのは内緒だw。というわけでこのままソレイユの次作はスルーということになりそうです…。

ランキング
秋穂>春音>籠目=冬子=夏乃芽

総プレイ時間 16時間

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
電撃G's Festival!DELUX Vol.1
2007-12-04 Tue 01:23
豪華付録雑誌のG's Festivalよりminoriのefの特集号。
なんでDELUXかというと付録がデラックスっボンバー(違w)。そう、いまや抱き枕に続いてオタクの必須アイテムと成り上がったおっぱいマウスパッドがついているんですよ。その代わりに値段もでら~くっす…。まぁしょうがないよねwむしろ多少割安感があるくらいですよw。パスケースと携帯クリーナーは置いといて揉みながら本の中身でも見ていきますかw。

中身はゲームよりはアニメのほうがメイン。1~12話のあらすじとかOPEDのコンテについての話とかは結構ためになります。あとはスタッフインタビューとか販促素材など定番なもの。PC版のほうについてはfairy taleの回想がメイン。latterについてはちらっと触れるだけでした。スタッフインタビューではアニメとの絡みをいれつつぼちぼちな進行状況などが書かれています。

しかしっ、アニメメインとなるとどうしてこういうのがあるかなぁ…声優の顔出し取材ね…。や、別にインタビューするなとは言わないんですよ。話はたいていおもしろいし。載ってるのが全体集合写真くらいでも全然我慢できます。ただ、避けようもないところに顔を載せないでwオレには今回のインタビューは読めないwww

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】電撃系 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツァラトゥストラへの階段
2007-12-03 Mon 21:34
11月の電撃文庫より、ライター買い。扉の外ではまった土橋さんの新作ですよ。やっぱりあれはもう完結のようで残念ですが、はたして新作の雰囲気は。とりあえずタイトルが打ちづらいんですがw。それはさておき中身です。

福原駿介は気づいた時には密室で鎖に繋がれていた。その部屋には駿介を含め11人が捕らわれており、ある条件を満たすことでAかBの扉から外に出ることが出来るゲームらしい。与えられた持ち物は一千万円と拳銃と意味深なカードが一枚。駿介は果たしてゲームを勝ち抜けることができるか…そしてその勝利の先にあるものは…

というお話。なんてソウ?な密室ゲームは前半で終了し、後半は株価操作のようなマネーゲームとなります。ゲームが絡んでくるあたり扉の外と雰囲気はそっくりですね。ずっと異常環境というわけではなくゲーム合間の日常部分が多いのが楽しい。でもなんかこの非情になりきれない主人公にちょっといらっとしてしまいますw主人公自体のスキルというか能力がまだ開花していないかんじなのでそれが開花してからにさらに期待ということで。

ツァラトゥストラへの階段
土橋真二郎 イラスト/白身魚
メディアワークス 2007-11
評価
by G-Tools
扉の外〈3〉 (電撃文庫) 扉の外〈2〉 (電撃文庫) 扉の外 (電撃文庫)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
電撃姫 2008年1月号
2007-12-02 Sun 01:22
表紙+付録小冊子はオーガストのFAです。
CG等はすべて既出ですが、プレリュードとあまり変わらないスタッフインタビューと体験版の流れを最後の直前まで説明。そして最後のG'sとHIMEの連動フィギュア企画発表はやばいw発売までずっと祭ですw。中身の特集は一応おれつばから。出るまで信じませんw。

気になる記事。
まずCLOCKUPのとらい☆すたーず、ちょっと画風がかわったしのづか氏のバトルモノ。果たして陵辱ルートの存在は?続いてゆずそふとの新作夏空カナタ、記憶障害というどっかで聞いた不思議要素をどう活かしてくるのか。あとはシーツ誌上通販連動のかみぱに、安定感はあるんですがやる気になるには突出したものが欲しいところ。

ポスターのツボ。
全体的に温泉特集で露出が多いんですが、マギウステイルの双子ちゃんと、生えているなLOVERSでw。夏空カナタみたいな首をかしげるような体勢も嫌いではないんですけどね。

B000Z2M966dengeki HIME (デンゲキヒメ) 2008年 01月号 [雑誌]
角川 (メディアワークス) 2007-11-30

by G-Tools

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】電撃姫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 狙撃者のひとりごとR |