最新記事

7月の気になるリスト
2007-06-30 Sat 21:08
2007年も、え、もう半分終わりですか?オタクにはいくら時間があっても足りませんね…。祭典が着々と近づいてきておりますが考えることが多すぎてまだカタログを予約してません。なんかぐっとくる予約特典がないんですけど…。もう少し待ちましょう。そんなわけで7月の気になるリスト。

~6月 (レコンキスタ)・(ハニカミ)

7/13 あかね色坂

7/27 リトバス・バレット・(魂響)・(りりっく)

エグゼはほぼ終わっているので実はやるものがなかったり。最近やる気がなくなってますねぇ。しかし7月は大きな仕事が片付くのでPCを新調する気まんまんですよ。そしたらぐりぐり3Dのやつやりたいなぁ。
コミック。レギュラーはP2!3巻・エムゼロ4巻・ネギま19巻。久しぶりにティンクルセイバー3巻とか、はやてブレード7巻なんかも出ますね。あと小野敏洋先生がいつのまにかRUSHで連載してたそらのカナタの!なんていう新刊を出すようなので要チェック。豊作ですね。
ラノベ。富士見ミステリーからグリモリアスの続編、以外ほとんど無いですね…。コミックに対してこれは衝動買いが増えそうな予感ですよ。
あとアニメが改変期。2クールが終わらないので多少は楽ですかね~。
別窓 | 気になるリスト | コメント:0 | トラックバック:0 |
携帯電話俺
2007-06-29 Fri 20:53
ガガガ文庫より、なぜか携帯モノがもう一つw。携帯電話が少女化するケータイ少女とは逆に、男が携帯電話化してしまうお話。サークル活動・恋愛・バイトと普通に大学生活を送っていた大地はある朝、目覚めると体が携帯電話になっていることに気づく。そしてなぜか俺を持ち歩くオレ(偽者?)。自分の周りを違った視点から見ることで様々な発見をしつつ携帯の体に慣れていく…。しかしオレ(人間)のほうにふりかかる危険、言葉が通じるカブトムシとの出会いで物語は大きく動き出す…

とかちょっとだけドラマチックに書いてみましたが、実は拍子抜けの展開だったり。携帯電話になってしまったのは魔術の実験のせい、そしてその実験をしかけてきた女がいるんですが、その姉がそんな危ない魔術はやめさせようと姉妹喧嘩をする。ってなかんじで後半は別に携帯になってる意味があまりないんですね…。一応からんでるとは言え2つの短編を読んでるようなかんじです。前半の携帯になった自分について書かれていた部分は結構よかったと思うんですけどねー。それをふくらませて1冊にしてくれればよかったのにな…。

photo
携帯電話俺
水市恵 イラスト/なぽる
小学館 2007-06-19
評価
by G-Tools

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】ガガガ文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コードギアス 反攻のスザク 1巻
2007-06-27 Wed 22:19
コードギアスのコミカライズから今度はスザクメインのこれ。表紙からしてちょっと男臭さがないな…と思ったらAsukaだったか。さらに1話がやけに長いなと思ったらAsukaの増刊系BeansAとやらで連載されてるやつのようです。年4回発行のうちから3話で1冊。こっちはナナリーのと違ってもはや基本筋も一緒かどうかあやしいですw。女キャラのC.C.とカレンとナナリー・シャーリーの出番が異様に少なく、かわりに新キャラ・マリエルというロイドの助手的存在がメイン?こいつがスザクとデートしたりなんだりと、読者同調型のキャラですかね。さらにナイトメアの描写が一切なく、スザクはヘルメットをかぶって変な強化スーツで暴れまわる超超展開w。やっぱり男が読んでもあんまりおもしろいものではない気がしました。

コードギアス反攻のスザク 1 (1)
ヨミノアツロ
角川書店 2007-06-26
評価
by G-Tools

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
ケータイ少女 トライアングルスピリッツ
2007-06-26 Tue 20:51
ガガガ文庫の2ヶ月目、携帯アプリのケータイ少女がノベライズ。原作のほうはさっぱり知らないのですがアニメ化もするんだとか?携帯が女の子になるというシチュエーションはなんといってもLikeLife。その後えこといっしょなんかが出ましたが姫子には勝てませんよw。はたしてこれはどうなのか、気になる中身です。

主人公、暁は正義の味方を志す不器用な少年。幼馴染の綾乃に押し切られ買ったばかりの携帯を持ち前の不器用さで壊し、途方に暮れていたところに突然DLされたアプリが起動し、携帯はリンという手のひらサイズの女の子の姿に変化した。このアプリ少女は持ち主を幸せにするのが使命だと言い、暁を女の子とくっつけようと努力を始める…

なんだろうなぁ。主人公が微妙?典型的なエロゲ主人公(鈍い・モテる)ではあるけどラノベには似合わないような。いまどき正義の味方を目指すキャラはないよなぁ。そこで着ぐるみ俳優を目指すとかいう微妙に現実味を帯びた夢を持つってのもなんかなえるかも。というかこういう主人公は嫌いなんですよ、すまん。それとは別にヒロインにもコレといった魅力を感じなかったんですけどね。原作もアプリってことで限界があったのかなぁと思ったり。

photo
ケータイ少女―トライアングルスピリッツ
涼風涼 イラスト/寺田茉莉
小学館 2007-06-19
評価
by G-Tools

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】ガガガ文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「E×E」感想 前編
2007-06-25 Mon 21:07
6月は暇だと思っていた時期がオレにもありました…。しかし6月末ソフトの相次ぐ延期で余裕ができてたり、というわけでほぼ5月末ソフトのゆずソフト・エグゼです。

攻略対象を減らして一人にボリュームがあるつくりになっているのですが、一人が長くてもそんなに感想を書くこともないので間が空きますね…このままだと一ヶ月コースですか。共通ルートは少なく、前半早々に選択肢が集中しあっという間に個別ルートです。

悠。炎使い。
とりあえず気のむくままにツンデレです。ルートによってラスボスが違う感じ?とりあえず今回はまさに黒幕な少女です。しかし思ったよりラストが盛り上がらないなぁ。主人公は弓の能力に目覚めるんですが、基本は弱いので必殺技とかで倒すかんじじゃないからですかね。しかしまさにアーチャーな構図には噴いたw。あとゆかりボイスがなんか苦手じゃなくなってきたw。ツンデレ似合うなぁ。

夏希。鎖使い。
不敵キャラだったはずなのに終わる頃にはただの弱気キャラに?ラスボスはこれまた黒幕の片割れの少年です。猫は明らかに母さんなのですが頑なに否定する理由が明かされます。途中は頑なすぎてイライラするんですけどヤマにならないほどの理由でした…というか悠ルートよりヤマが低い…。にしても周りに魔術師ばっかりだなおいw。

現プレイ時間 21時間半 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー 1巻
2007-06-24 Sun 22:19
コードギアスのコミカライズが一斉発売ということで、ノーマルなやつは置いておいてナナリーメインのこれ。主人公が違うということは必然的に話が大きく変わります。基本筋は一緒のようですが、最初のC.C.を救うところでいきなりルルーシュが退場…えぇぇと思った矢先にナナリーがギアスを契約し未来予知ぽい能力を得ただけでなく、なんだか生き物っぽいナイトメアを装着し圧倒的な力で暴れまわるw。一息ついたと思ったらムキムキなゼロが出てきたり、パワーだのスピードだのナイトメア強化系のギアスの部隊が出てきたり、ひたすらスザクは出てこない超展開w。

ところでこの作者たくま朋正という人はなかなかうまいなぁ。ちょっと引いたコマが少ないから暑苦しいけどナイトメアの戦闘とか結構いいかんじ。聞いたことなかったんだけどそれなりに有名なひとなのかな?それにしてもアリスちゃんのはよい縞パンですねw。

コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー 1 (1)
たくま朋正
角川書店 2007-06-26
評価
by G-Tools

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
TECH GIAN 2007年8月号
2007-06-22 Fri 01:07
今月の特集はま~まれぇどのリリカル♪りりっく。
なんだかんだでちょっと楽しそう。みけおう氏の原画にも耐性ができてきたかな。パープルの新作は先月号で言ったとおりまっぴーらっくさんであってたw。しかもライターがefの人だとは…これは見事立ち直ってくれそうですね。あと悠木氏の4コマ集ができるとは感激ですよw。後はおきまりのスクープが特集なので後述。

新作の動向。
まずはフロントウイングの姉妹ぽい新ブランドのクロシェットからしんたろー×ヤマグチノボルコンビです。絵ゲーにならないかどうかだけが心配ですが…。次はHERMITから丸戸企画で世界で一番NGな恋。ままらぶが丸戸企画だったとは初耳だし、こういうゲームにシナリオがあるんですかね?OVERDRIVEはスルーして、戯画からのねこにゃん絵の姫さまっ、お手やわらかに!。まるがつかないねこに興味はそんなにありませんw。CROSSNETはここのか氏を起用したはっぴぃ☆マーガレット!。ここのか氏も画風が変わってきてますけどこれくらい肉ついてるほうが好きですよ。キャラメルBOXのFDはおとぼくに乗り遅れてるのでスルー。脳内彼女からは受身もの?幼なじみはベッドヤクザ!って意味わからんw。絶妹並みのOPを期待です。最後に魂響が逆逆移植するとは…PS2であのシナリオなんとかなってたの?ちゃんとなってたらやってみたいw

TECH GIAN (テックジャイアン) 2007年 08月号
エンターブレイン 2007-06-21
by G-Tools
先月号2007年07月号 来月号200年0月号

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】TECH GIAN | コメント:0 | トラックバック:0 |
リヴァースキス
2007-06-20 Wed 20:51
6月の電撃文庫より大賞受賞系の新規さんです。主人公・善(♂)はある朝目覚めると美少女になっていた。そしてなぜか目の前には元の自分の体が…しかもその体はトモユキ(♂)という幽霊にのっとられており、成仏させるためには未練をかなえてやるしかないようだ。その未練というのは好きな女の子とキスをすること、しかしなんの因果かトモユキは女の善に一目ぼれしてしまったらしい。自分で自分とキスなんかできるかっ、というわけで善はなんとかトモユキを他の女の子に惚れさせようと努力するのだが…

主人公がほんの少し我慢してキスしてしまえば終わりじゃんこの話。と思ったら最後まで引っ張ってくれました。気持ち悪い、無理!とか言い訳するんですが、ちょっと無理やり感に満ちているので疲れます…。一応それには理由があったりするんですが1巻まるごと使うほどのものではなかったかなと。日常会話は周りがバカノリ・主人公はツッコミに徹する形式でキャラも立ってるしテンポとかも悪くないんですけどね、おしい。

リヴァースキス
佐野しなの イラスト/Fuzzy
メディアワークス 2007-06
評価
by G-Tools

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
2007-06-19 Tue 20:50
6月の電撃文庫からの問題作。いやぁカバー裏からして壊れてますね…。タイトルどおりのみーくんとまーちゃんが主な登場人物。

最近町で殺人事件・誘拐事件が連続で発生している。幼い頃誘拐された経験のあるみーくんはなにかを感じとり、同じ事件を経験したまーちゃんの家へと押しかける。そこで見たのは行方不明になっている2人の子供の姿だった…。

そしてそこから奇妙な同居生活が始まったりするわけですが、メインの2人は幼い頃の誘拐事件によってネジが外れています。だから普通に学校に行くし、警察を呼んだりしません。ただ夜中に叫びだしたり、ビルから躊躇無く飛び降りたりはするんですけどね…。そんなわけで全体的に痛重い内容です。ただ最後の最後でなんだかちょっと救済措置?嘘つきだから微妙にわかりづらいw。あとせっかくの左氏なのに挿絵が全然無いのがなぁ…

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸
入間人間 イラスト/左
メディアワークス 2007-06
評価
by G-Tools

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
あいこら 8巻
2007-06-18 Mon 22:18
サンデーコミックスの発売日遅いよw。なんか6月に入ってから妙に待たされた気がしてしまったあいこら8巻です。前巻からの続きで天幕のトラウマ原因の男がパイキングだったり、唇お姉さんはまじめなオチだったり、はちべえの過去だったりとギャグ分が少なめです。普通?というかフェチの話は踏まれおじさんと伝説ゲーマーとうなじマネージャ。最後にXマスパーティへの布石が入って終了。しかし80話の扉絵が妙にツボに入りました。なんだろう?誰か別キャラに似てる気がする…C.C.のことじゃないとは思うんだけど…

あいこら 8 (8) (少年サンデーコミックス)
井上 和郎
小学館 2007-06-18
評価
あいこら 7 (7) (少年サンデーコミックス) あいこら 6 (6) (少年サンデーコミックス) あいこら 5 (5) (少年サンデーコミックス) あいこら 4 (4) (少年サンデーコミックス) あいこら 3 (3) (少年サンデーコミックス) あいこら 2 (2) (少年サンデーコミックス)

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】週刊系コミック | コメント:0 | トラックバック:0 |
昔なつかし2004年5月期
2007-06-16 Sat 00:42
なんかもう15日をつい忘れてしまいます。気を取り直して少し昔を振り返るとしますか。まずはSMLのCARNIVAL。これは本編をやってないのですがOPがいい出来で好きだったw。この頃はOPもいろいろチェックする暇があったんだよなぁとか思ったり。月末になるとHOOKの傑作LikeLife。これはギャグテイストですごいおもしろいんだけど主人公がツッコミでなぜか読んでて疲れるっていうw。続いてパープルのまじぷり。故岩崎氏の原画って最近とけっこう違いますよね。あるとよりはこっちのほうが好きだったり。そしてPULLTOPを知るきっかけとなったお願いお星さま。これもOPがいい出来だし話もそれなりに好きです。最後にDCPC。ダカーポをやるのはこれが初めてだったりしたんですが、なんか無駄にすごいボリュームだった気がw
別窓 | 昔なつかし | コメント:0 | トラックバック:0 |
DS電撃文庫 イリヤの空、UFOの夏 特典小冊子
2007-06-15 Fri 20:37
延期に延期を重ねたイリヤの購入者特典小冊子がやっとこさ届きました~。いったい何にこんなに時間をかけたんだろう?とも思ってましたが、なかなかいい出来の小冊子だったので許しますw。1月の終わりに本編が発売したことを考えるとこういう特典は半年くらいどうってことない気もするし。中身については言葉のみでお楽しみくださいw

描き下ろしの表紙(制服イリヤ)
DSのパッケージ絵
ポストカード絵(スク水イリヤ)
ポストカード絵(スク水あきほ)
描き下ろし(スク水夕子)
描き下ろし(制服イリヤ2)
各キャラの立ち絵集
イベントCG集
3タイトル購入特典小冊子絵(ミミメイドイリヤ)
裏表紙(マンタのポストカード絵)

イベントCG集ではあの禁断の注射シーンが1枚にw邪魔だったマイクはそこにありませんよwしかし乳首もないんですがねorz。あと描き下ろしの妹もすごい。よくある棒状のアイスキャンディー食べてるだけでなく、スク水上半身脱ぎですよ!?まぁ肝心な部分にはアイスたれてるんですけどねorz。そして同梱の延期のお詫び状には後編の発売が決定の文字がw秋発売か…ちゃんとでるんだろうか…
別窓 | 【ゲーム】コンシューマ | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法少女リリカルなのはA's THE COMICS
2007-06-14 Thu 22:17
乗り遅れたA'sのほうのコミカライズです。こちらもStrikersのと同様にただのコミカライズではありません。無印なのはの事件後、なのはの魔法力養成ギプス、フェイトの嘱託魔道士試験、アリサの学校、はやての日常の話、そして実際のA'sの話である闇の書事件は2ページでさらっと。その後の時空管理局に就職のあたりまでと、あくまでもアニメを補完する内容です。もっと早く読んでいればよかったなぁ。あとはさかのぼると無印なのはのノベライズになるんですがどうしようかな…

魔法少女リリカルなのはA’s
作画/長谷川光司 原作/都築真紀
学習研究社 2006-02
評価
by G-Tools

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
「Narcissu -SIDE 2nd-」感想
2007-06-12 Tue 18:50
元ねこねこの片岡ともさんの同人サークル、ステージ☆ななからナルキッソス2です。1はいつやったんだろう…ブログに書いてないってことは2年くらい前でしょうかね。パッケージとしても売ってますが基本は無料DLです。

1のあらすじ。
ある病院の7Fはホスピスと呼ばれる末期患者たちが静かに入院している場所だった。主人公は死を告知されその7Fへと入院の場を移し、そこですでに入院していたセツミと出会い7Fでの過ごし方を教えてもらう。そして成り行きでセツミの死ぬまでにしたい10のことを手伝うことになる…

2のあらすじ。
セツミがまだ7Fの住人でなく通院していたころ。ふとしたことからセツミは7Fの住人であるお姉さんと知り合いになる。そしてセツミは成り行きでそのお姉さんの死ぬまでにしたい10のことを手伝うことになる…

とりあえず1はもう語るほど覚えてないので2の感想のみです。なんか楽しそうなあらすじに見えますが、基本的に死が隣り合わせなので重いですよ。自分は声ありでやりましたが実はセツミの声が苦手な雪希さんだったり。他のキャラは後藤さんだったり岩居さんだったり能登さんだったりとなぜか豪華なので後悔はしてないですw。そんなに長くないですがテーマ自体が重いのでヤマはあります。自分は最後というよりは浜辺でしたけどね。最後の余韻系の終わりが1をそこはかとなくやりたい気持ちにさせます。しっかり覚えていればなぁ…

総プレイ時間 3時間半(2の声ありのみ)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】同人系 | コメント:0 | トラックバック:0 |
いもうとサマーデイズ
2007-06-11 Mon 20:49
二次元ドリーム文庫よりシコルスキー氏挿絵のエロラノベです。もちろん予告どおりの絵買いですよ。タイトルの通り妹モノです。親の再婚によりいきなり4人の妹と一つ屋根の下で暮らすことに。大人びた妹、ツンデレな妹、後輩な妹、子供っぽい妹とまぁよくある設定です。しかし自分が妹属性スキーのせいかなんだかしらないけどけっこうおもしろかったw。別に盛り上がる展開とかあるわけじゃないのにおかしいなぁ…。魚マニアとか多少新鮮な設定だったからですかね。あと肝心の挿絵のほうですがだいぶエロさが増していました。もう前作のような乳首の出し惜しみはないようですよw。

テーマ:官能小説・エロ小説 - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】官能小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
乃木坂春香の秘密6
2007-06-10 Sun 20:48
6月の電撃文庫、半年サイクルの春香6巻です。前巻のクリスマスから時系列的にはすぐ後、年末年始のお話。オタクの年末といえば?そう冬コミですねw。そんなわけで裕人と春香は冬コミにサークル参加することに。そして同人誌製作で、販売ブースで、初日の出を見ながらと、すごいいちゃつきっぷりの今巻ですが最後に春香とまた新しい秘密を共有、というきれいな終わり方です。

ギャグ風味・ラブ風味・シリアス風味と今回はバランスのいいつくりでしたね。次巻からシリアス分が増える?みたいなことが後書きにありましたがどんとこいですよ。サブの椎名が絡んでくると重くなりそうです。いやぁそれにしても冬コミ熱いなぁ。読んでるだけでなんか行った気になってしまうんですがw。

乃木坂春香の秘密〈6〉
五十嵐雄策 イラスト/しゃあ
メディアワークス 2007-06
評価
by G-Tools
乃木坂春香の秘密〈5〉 (電撃文庫) 乃木坂春香の秘密〈4〉 (電撃文庫)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
チャンピオンRED いちご Vol.2
2007-06-09 Sat 01:06
15歳にこだわった読みきり雑誌が隔月間化。
需要があるんですね~、とか人のことは言えてないですがw。買う人は明らかにそのフレーズに期待してるんだろうけど、あんまり15歳って意識させるようなつくりではないので特になんということはないです。中身のレベル的にはあり対なしが半々くらい。読みきり系にしてはやはり安定感があるといったところでしょうか。キミキスとか番長とか居候の話くらいが読んでよかったってかんじで、突出したのが少ないというか表紙になれるマンガが無さげなのは先行き不安な部分ではあります。こつえさんの表紙で買わせるようなことでは長生きできませんよ?自分はこのあたりできることにします~。

B000QTD2Q4チャンピオン RED (レッド) いちご 2007年 07月号 [雑誌]
秋田書店 2007-06-05

by G-Tools

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】REDいちご | コメント:0 | トラックバック:0 |
「夢見師」感想 後編
2007-06-08 Fri 21:04
前編より

咲夜。すべてを悟ったような傍観者キャラ。
シナリオ的には一直線のため、前編の2人と微妙な関係を保ったままの咲夜ルートです。ずっと不思議系で通していた咲夜がどんどんかわいくなっていくんですねこれがw。こんなにSっ気がない風音さんがなんか新鮮ですw。ただ咲夜だけ幼い頃のせいか陵辱フラグは放置して、夢見師のルーツをたどった大昔の話で陵辱系を補完。メイン風味なのにちょっとオチが急展開すぎる気がしますが…オチがヤマではないので許します。

咲夜ルートの最後の方で選択肢によりENDが各キャラに分岐します。特に盛り上がる展開があるわけではなく3股しといて最後に誰を選ぶのかという程度ですが(これがオチがヤマではないということです)。既出の3キャラは当然のこととして、まさかの亜佐美ENDが存在w。立ち絵が無いくせにCGが用意されてたのは衝撃の展開ですよw。さすがにHは無しでしたが。

総評。
記憶喪失型の正統派ってかんじでしょうか。最近…ではないですがKanonあたりがそういうのですね。さすがにそれと比べるのは酷というものですが、まぁまぁよかったと思います。1日を2回繰り返すということで、キャラのセリフも同じ一日で結構かぶってます。ボリュームアップをしても経済的ってかんじですかw。あとPS2という枠から外れて思いっきり陵辱に走っているのは賛否が分かれるところ?自分は嫌いじゃないですよw。Hもアニメーションを使って凝ってますしね。そう考えるとやはりPS2で出した意味がわからない…。健全そうなユーザをエロゲの道へと誘う魂胆だったらすごいかもw。

あとまた「人は一人でも生きていけるけど生きていくことしかできない」という感じのセリフが出てきたのですが、やっぱり家族計画もどっかから持ってきたのかな?それともどちらも自分で考えたのか…。どっちにしろ既出の名セリフで落とそうとするとなえてしまうのでやめてほしいですね。すべての名セリフを把握しろとはいいませんが…有名どころはせめて…ね?

総プレイ時間 20時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ToLOVEる 4巻
2007-06-07 Thu 22:16
13.5。はいおわかりだと思いますが今回の乳首修正のコマ数ですw。過去最大数となっております。中身としては宝探しの回とかくすぐりハンドだったりネバネバ液体だったり落とし穴だったりとツボを捉えた内容でしたね。全体的にも春奈の誘惑だったりお姉ちゃんだったり、ララの風邪だったり家出だったりとバラエティに富んだ微エロでした。印象シーンはめがねはずしたら美人なサブキャラでw。結局まだイヴは出てこなかったので次巻の表紙になってますねきっと。

To LOVEる-とらぶる 4 (4) (ジャンプコミックス)
作画/矢吹健太朗 原作/長谷見沙貴
集英社 2007-06-04
評価
To LOVEる-とらぶる 3 (3) (ジャンプコミックス)

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】週刊系コミック | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法少女リリカルなのはStrikers THE COMICS
2007-06-05 Tue 22:15
アニメもようやく最近2クールだと気づいたなのはStrikersです。ただのコミカライズではないコレは原作者の都築さんがちゃんと原作やってます。そう言うとアニメをコミカライズしただけともとれますが違いますよw。A’sの後、Strikersが始まるまでの話をちゃんとやるという意味でのオフィシャルコミック。むしろアニメでやった空港火災の部分が省略される徹底ぶりw。ガジェットとの遭遇、なのは達の立場、スバルとティアナのコンビ結成、なのは瀕死事件、魔法体系などなど。読むべき項目が満載ですよ。絵的にもいいかんじでアニメに近いですね。これは乗り遅れたA’sのほうも買おうっと。

魔法少女リリカルなのはStrikerS The Comics (1)
作画/長谷川光司 原作/都築真紀
学習研究社 2007-05
評価
魔法少女リリカルなのはA’s (ノーラコミックス)

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
えむえむっ! 2
2007-06-04 Mon 20:47
(自称w)笑えるラノベ第1位、ドMノベルの2巻です。砂戸という名字のくせにドM体質の太郎。前巻で太郎は恋のためにドMを直そうと第二ボランティア部に入部し、石動先輩主導の下あれこれ手を尽くしたが結局だめだった。そして今巻は3話構成。

まず1話目、石動先輩が愛の力でドMを直そうなどととんでもないことを言い出す(私のこと好きなら体質直して?→OK!みたいなかんじで)。とりあえず愛を芽生えさせるべく2人は疑似デートへと繰り出すのだが当然普通には終わらないわけでw。2話目、もう一人の部員で男性恐怖症の嵐子が太郎の自宅へとやってくる。しかし極度のブラコンの姉とサンコン(?)の母が待ち受けるそこはある種の戦場だった…。SキャラがいないだけドM分は少なめです。3話目は外伝的な話。以前石動先輩にひどい目にあわされたサブキャラ花片さんが、復讐のために作り出したフクシュークリームを先輩に食べさせようとあれこれする話。こちらもドM分は少なめとなっておりますw。

いやぁテンション高くて疲れますがおもしろかったです。帯の雑草を食わせるフレーズが見あたらなかったのは気のせいかな?なんだか全体的にMさが少なかった気がしますが次巻に期待。あとなぜか挿絵のコスプレ度が異様に高いw。ネコミミ姉さんが梨花ちゃんに見えてしまうんですがQPさんのは絵はいいかんじですね。

えむえむっ!2
松野秋鳴 イラスト/QP:flapper
メディアファクトリー 2007-05
評価
by G-Tools
えむえむっ! (MF文庫J)

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】MF文庫J | コメント:0 | トラックバック:0 |
「夢見師」感想 前編
2007-06-02 Sat 21:03
ちょいと延期が入って5月ソフトとなりました。これもコンシューマからの逆移植ですね。しかしCVの起用からみてあきらかにPC向け…なにがしたくてPS2で出したんでしょうか?やってないのでなんとも言えませんが、とりあえず追加要素しかないのが逆移植のよいとこですね。Hシーンだけでなくシナリオ補完もばっちりのようです。

話の概要。
ある日突然1日を2回繰り返すようになってしまった主人公。仕組みに気づいた主人公は1回目でその日の出来事を把握し、2回目でその日の結末を都合のいいように変えていく。しかしそれこそが夢見師の能力だと知ったとき、すでに事態は取り返しのつかない方向へと動いていたのだった…。

夏子。才色兼備な先輩キャラ。
シナリオの時系列は一本道なので導入ってかんじです。わけありなあたりを夢見の能力でなんとかしてあげるというのが基本スタンスのようで。それにしてもBADENDがすごい重たいんですけどw。寝取られをPS2でどう表現していたのか気になるところです。

奈緒。お調子ものの後輩キャラ。
先輩との話から1年後。オチも基本は一緒なのですが、多少ひねってあるのでよしとしましょう。みるさんやっぱいいわ~。こちらもBADは陵辱系。割り切れるからいいですけど…これを深みが出たと言ってもいいのかどうかw

現プレイ時間 13時間 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
電撃姫 2007年7月号
2007-06-01 Fri 01:05
表紙特集は桃華月憚。
どうやらすでに発売済みのを特集する習慣が付きそうです。でも来月号はリトバスだからそんなこともないのかなぁ。付録もストラップから付箋紙へ…代わりに100円ダウンですがそこはかとないがっかり感?まさに付録雑誌w。あ、月憚は興味ないので触れません。

気になる記事。
まずfengスタッフのインタビュー。発売まであっというまだった気がするけどだいぶ感じがつかめてきました。あとはSkyFishの鋼音さんの絵がまた少し好みに近づきました。やはり戦乙女とかより普通のキャラの方がいいですね。リトバスもなんだかんだで楽しそうだなぁ。FAのボイスCD企画ですがデレ甘のはずなのにツン成分が多すぎるw。でも②もそんなキャラじゃないような気がしてしまうので③で。

ポスターのツボ。
あかね色の掟破りの2面長抱き枕絵。これリボンがなくなったらどうなってるのか激しく気になります…。H2Oのも細かくていいかんじですね。あとはSkyFishのあれとアリスソフトのトモセシュンサクさんくらいですかね。

B000R2G870dengeki HIME (デンゲキヒメ) 2007年 07月号 [雑誌]
角川 (メディアワークス) 2007-05-30

by G-Tools

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

別窓 | 【雑誌】電撃姫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 狙撃者のひとりごとR |