最新記事

巴マミの平凡な日常
2013-10-14 Mon 23:48
まんがタイムきらら☆マギカより、みんなが大好きアラサーマミさんの日常ギャグw。同人の頃から追いかけてたので嬉しい限りです。同人でもう出ないのも残念ですけどねw

巴マミ(31)派遣社員。まどか達が子連れだ彼氏だと幸せな生活を送っているのを尻目に独身生活を満喫中?アラサーの気ままなジャージで休日生活の中でも、大掃除や怖い話などあるあるで。。。

というお話。現役魔法少女への冷たい視線、ブーケ一人、巨乳ランニング、黒歴史ノート、排水口にソウルジェム、キュウべえと牛乳、一人のシャワーが怖いなど、同人と変わらないむしろ上のシュールさに爆笑です・w・次巻も超期待していますよっと。

4832243586巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
あらたまい Magica Quartet
芳文社 2013-10-12

by G-Tools

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
とある科学の超電磁砲 9巻
2013-08-29 Thu 17:10
電撃大王より、とある魔術の禁書目録の外伝コミカライズ9巻。アニメも前半が同じすぎで変な感じですがとりあえず新展開にそろそろ突入。

前々巻から続く大覇星祭、食蜂さんの手にかかった妹を探す美琴の前に初春を人質にした第3の敵が襲い掛かる。食蜂さんと共に乗り込んだ真の敵はレベル6移行計画の提唱者・木原幻生。幻想御手で食蜂さんの能力を行使した木原は、ミサカネットワークにウイルスを打ち込んで真の目的を達成する。。。

というところまで。運動会はさておき黒幕のはずの食蜂さんが憎めないキャラにw。食蜂さんの過去とか裏ワザが出てきて、運痴な食蜂さんがちょっとかわいいじゃないですかw。あとさりげにノーブラなのがポイント高いです。これは3期やってくれないと困りますねw次巻も超期待です。

4048918443とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (9) (電撃コミックス)
冬川基 鎌池和馬
アスキー・メディアワークス 2013-08-27

by G-Tools

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 3巻
2013-05-08 Wed 20:58
ジャンプSQより、劇場版が近づいて再放送も始まったノイタミナのあの花コミカライズ3巻です。

めんまの母豹変からあなるの決意とゆきあつの土下座までの9話、墓参りから花火制作とぽっぽの決意までの10話、つるこの告白とあの日の再現とめんまの決意までの11話、めんまの過去と花火打ち上げと墓前報告までの12話、めんまの約束とかくれんぼとエピローグで最終話まで。

もはや涙なしでは読めませんねw。最初は違和感のあった絵も最後は丁寧さだけが際立って原作忠実で非常に満足のいくコミカライズだったと思います。最後のショートカットつるこもGJでしたw

4088706722あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 3 (ジャンプコミックス)
泉 光 超平和バスターズ
集英社 2013-05-02

by G-Tools

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
Angel Beats! Heaven's Door 5巻
2013-04-28 Sun 22:17
電撃G's magazineより、Angel Beatsの外伝コミカライズがいよいよ5巻です。最近動きがないですけど今後何かあるんでしょうかね。

校長室ジャックは新曲効果でなんとか成功。野田殺人事件が発生、犯人は男に殺意を抱く女子生徒だったが天使の助けもあり通信士・遊佐として再起。水泳大会がスタート。

というところまで。あの通信士にこんな展開が潜んでいるとは、これだから外伝はやめられないですねwさすがのだーまえプロット。しかし肝心なところがちょっと描写足りなくスッキリはしないんですがw。とりあえずまだまだ増える仲間の次巻も引き続き期待ですね。

4048915738Angel Beats!Heaven’s Door 5 (電撃コミックス)
麻枝 准 浅見 百合子
アスキー・メディアワークス 2013-04-27

by G-Tools

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
キョウハクDOG's 3巻
2013-04-08 Mon 14:09
電撃G's Festival COMICより、本編が完結してしまった乃木坂春香の秘密スピンオフで3巻です。雑誌を移籍しつつちゃんと続いてくれていてありがたいことですw。あらすじは既刊参照ということで今巻の中身。

幼馴染みのまことさんが風邪で倒れて看病する話。初めての同人誌即売会でお目当てのQB先生。アフターイベントの色紙争奪じゃんけん大会。タダ券でみんなでプールは水着で大波乱。女子の体育で品定め。告白を上の空でOKしてしまいかわいい後輩と付き合ってしまった千代、しかし彼女の本性は。。。

というところまで。もう完全にキョウハク関係はないですねw。しかしせつな以外とも良い感じになりすぎw表紙の幼馴染みが風邪とはいえデレて半端ないですw。ラストの後輩ちゃんはワル子でしたが唯一の乳首開放ということで許しますw。あとは春香様とか椎菜もさり気なく登場。パンツのシワが販促でしたw。ページ数は多かったり少なかったり不思議な連載ですが次巻も期待していますよっと。

キョウハクDOG's -Another Secret-(3)
しゃあ 
アスキー・メディアワークス 2013-03-27
評価
キョウハクDOG’sーAnother Secret 2 (電撃コミックス)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法戦記リリカルなのはForce 6巻
2013-03-02 Sat 21:12
娘タイプより、なのはの正統派よりの第4期コミカライズが6巻です。劇場版A'sの円盤が発売、劇場版第3弾の発表もあり、限定版もありでまた攻勢が始まりましたねw。とはいえ半年ぶりの話は既刊参照ということで今巻の中身です。

前巻でグレンデル一家を逮捕した機動6課は、拘置所でついに黒幕の名前を吐かせることに成功。ヴァンデイン社の専務・ヴァンデインを逮捕するが、フッケバインは情報を求め拘置中のヴァンデインへ強襲をかけてくる。さらにグレンデル一家も脱走を始め混乱の中、ヴァンデインが見せた裏の顔と戦闘能力はすさまじく。。。

というお話。キャラも勢揃いしバトル連戦、機動6課のエースが勢揃いするも黒幕のおっさんが強すぎるw。話的にも盛り上がって来てるのでこの巨悪を倒したら解決の気がします。まだすぐ収束しそうは無いですが次巻も引き続き期待ですね。

魔法戦記リリカルなのはForce (6)
作画/緋賀ゆかり 原作/都築真紀
角川書店(角川グループパブリッシング) 2013-02-23
評価
魔法戦記リリカルなのはForce (5) (カドカワコミックス・エース)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 2巻
2012-12-18 Tue 16:37
ジャンプSQより、劇場版までまだ遠いノイタミナのあの花コミカライズ2巻です。ビジュアルはじわじわ公開されてるので引き続き期待ですね。あらすじは既刊参照ということで今巻の中身です。

前巻の花火がいまだ信じられない中、つるこは真偽を確かめるためにじんたんをゆきあつに接触させる。その夜、秘密基地でめんまの存在を信じ始めた頃、外でめんまの影が。女装したゆきあつと対面しぱっちんでごめんね。本当の願いを探してめんまの家で日記を発掘。花火の記憶、みんなでバイトするも花火の件は横槍が。。。

というところまで。相変わらず丁寧なコミカライズで素晴らしい。女装ゆきあつへの謝罪、土木バイトのじんたんをこっそり眺めるめんま、いよいよラスボスのめんま母が出てきてもう涙なしでは読めないというw。めんま視点がちょっと増えてる気がするのはノベライズと同じですかね。次巻は5月らしいですが引き続き超期待ですね。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 2
泉光 原作/超平和バスターズ
集英社 2012-12-04
評価
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 (ジャンプコミックス)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ 下巻
2012-11-16 Fri 21:07
魔法少女まどか☆マギカ、ハノカゲさんの新作外伝コミカライズが連続刊行であっという間に下巻です。あいかわらずクオリティの高いあらすじは上巻、中巻参照ということで最終巻の中身です。

前巻でさやかが魔女となり、けじめをつけに行くマミさんとそれを阻む杏子。魔力を使い果たしてしまうで戦ったマミさんも、最後は杏子に本音をぶつけられ和解へ。生還したマミは自分が本当にやりたかったことに気づき、それをまどかが受け入れる。そしてワルプルギスの夜へ。。。

というお話。もしもマミさんが3話を乗り越えていたらというアナザーエンドですが、ラストはやっぱり救われないw。魔法少女としてマミさんが何を思って戦っていたか、杏子がもうちょっと素直さを出していたら、うわぁですよ。まぁこの終わり方でこそまどマギという感じではあるのですがw。アナザーも完璧にこなしたハノカゲさんの映画のコミカライズにも期待ですねw

魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (下)
作画/ハノカゲ 原作/Magica Quartet
芳文社 2012-11-12
評価
魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (中) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (上) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
とある科学の超電磁砲 8巻
2012-11-09 Fri 15:26
電撃大王より、とある魔術の禁書目録の外伝コミカライズ8巻。映画ももうすぐですがアニメの2期も決定だとか。原作もよくわからないところに進んでますねw。とりあえずあらすじは既刊参照で今巻の中身です。

前巻から続く大覇星祭、次なる競技は風船割り。美琴の代わりに妹が出場するハプニングがありつつ能力で圧倒する常盤台中学だったが、次々と敵・馬場の搦手にハマり負けてしまう。しかし真の目的は美琴の無力化で妹が身代わりとなり行方不明に。美琴は捜索を開始するも黒幕・食蜂の手がかかり身動きが取れず、捜索を託した婚后さんも馬場に倒され、それが美琴の逆鱗に触れて。。。

というところまで。食蜂さんの黒幕っぷりが半端ないですねw一方さん編が終わって当面の悪役となるようです。とりあえず今巻はその手下の卑怯者をぶちのめすまで。やっぱ悪は悪いほど燃えるw。バトルも力押しでなく頭を使う感じはさすがのかまちー。おまけページの4コマもあいかわらずいい出来です。半年以上待つのがほんとつらいwとりあえず次巻も超期待です。

とある科学の超電磁砲 08―とある魔術の禁書目録外伝
冬川基 原作/鎌池和馬 はいむらきよたか
アスキー・メディアワークス 2012-10-27
評価
とある科学の超電磁砲 07―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス) とある科学の超電磁砲 6―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス) とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 5 (電撃コミックス) とある科学の超電磁砲 4―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス) とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス) とある科学の超電磁砲 2―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ 中巻
2012-11-03 Sat 01:46
魔法少女まどか☆マギカ、ハノカゲさんの新作外伝コミカライズが連続刊行で中巻です。映画は総集編なので見てないですが新作のほうは楽しみですね。あらすじは上巻参照で今巻の中身です。

さやかとまどかと親しくなった巴マミだったが、一方の杏子はほむらと近づいていた。とある魔女との戦いで傷ついたマミとさやかのピンチを救った杏子ほむらはさやかの甘さを一喝する。その後日、マミは杏子の真意を確かめるも結局物別れに。さらにさやかまでもがマミの優しさに耐えかねコンビを解消、魔法の秘密を恭介にバラすことになるもすでに手遅れで魔女化してしまう。。。

ところまで。堕ちていくさやかにマミと杏子がいかに絡んでいったかという構成でしたね。まどかがいないところで結構しゃべってたとはw。魔法少女の人生について諭す杏子と間際で本音を話すマミさん、それでも終わってしまうさやか。アニメの裏視点ということで流れはわかっててもうまいなーという感じですw。あカバー裏はなんというハッピーエンドでしたw。ラストはきっとマミる感じなんでしょうがそこにどう至るのか、最期まで期待です。

魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (中)
作画/ハノカゲ 原作/Magica Quartet
芳文社 2012-10-19
評価
魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (上) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ 上巻
2012-10-29 Mon 00:39
まずは総集編の映画が上下公開された魔法少女まどか☆マギカですが、コミカライズで好評だったハノカゲさんの新作外伝コミカライズです。今度の主役はマミ&杏子。杏子ちゃん派のオレ得展開ですねw。3巻まとめて1ヶ月で刊行で待たされない、それでは中身です。

魔法少女になって1年、孤独な戦いを続けていた巴マミは偶然助けた魔法少女・杏子と意気投合。家に誘い合うほどの親しい初めての魔法少女友達となる。しかし杏子の願いで作り上げた父の信仰は失われ家族が崩壊。幻惑の魔法を失った杏子は意見の対立からマミと決別し孤独の道を進むことに。その後、場面は杏子vsさやかのところまで。

純粋だった頃の杏子の活躍がいっぱい見れてよかったですw。アニメでもそれなりに壊れる過程はあったものの改めて一家離散とかマミさんと杏子の師弟関係とか、その後の展開を考えるとなんとも切ない。カバー裏にも相変わらずネタが詰まってますねw。ビジュアルをアニメ準拠してたりとか元ネタがBDのドラマCDなんだとか。しかし上巻でアニメに追いついてしまうとはあまりオリジナル展開はないのだろうか。。。とりあえず最後までは期待ですよw

魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (上)
作画/ハノカゲ 原作/Magica Quartet
芳文社 2012-10-12
評価
魔法少女まどか☆マギカ (3) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
ストライクウィッチーズ 片翼の魔女たち 2巻
2012-10-19 Fri 23:25
コンプエースより、ストライクウィッチーズの外伝が2巻で完結。映画はなんだかんだ見に行って結構よかったですw。ボックスがどうの言ってますがちょっと欲しくなるような良質外伝として、あらすじは既刊参照ということで今巻の中身です。

つかの間の休息は海でスイカ割り、ペリーヌさんとの思い出、模擬戦と逆転劇、自信をなくしたところでネウロイと遭遇、加速力の覚醒、魔力の終わり、最後の出撃と最期の一発でエピローグへ。

501分隊と時系列を合わせて最期は良い感じにまとまっています。流れも魔力が使えなくなったネタですが、未熟な分隊だけに結束力がいい話です。ツインテちゃんはどうしてこうも騒動を引き起こすのかw。あとは期待していた通りの温泉乳首。巻頭カラーにはないですが水着着替えはいくらパンツじゃないって言ってもエロいっすねw。原作がしっかりしていたのか非常によい外伝でしたっと。

ストライクウィッチーズ 片翼の魔女たち (2)
しのづかあつと 原作/島田フミカネ&Project Kagonishi
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-09-22
評価
ストライクウィッチーズ 片翼の魔女たち (1) (角川コミックス・エース 359-1)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 1巻
2012-09-28 Fri 22:48
ジャンプSQより、劇場版が待ち遠しいノイタミナのあの花コミカライズ1巻です。ノベライズが終わったと思ったらこれで来夏までつなぐわけですねw。アニメだけでなくいろんなメディアで楽しめるのでいいんですけどね。詳細は原作参照で今巻の中身です。

目覚めるとめんま、あなるの家庭訪問、線路脇のゆきあつ、あの最後の日、ぽっぽと秘密基地、レアノケモン探し、偽めんま、学校へ、蒸しパン、BBQ、花火で無限大。

という流れ。微妙にアニメとは違う展開ですね。まるっきり同じでも困るのでこれでいいのですがwそれでもしっかりとツボは抑えていますよと。絵もかなりしっかり描き込み派なのか濃くてよし。ただまだ本気のヤマ場は来ていないので次巻以降が楽しみです。予告のつるこもよくわからないこと言ってるので未知の展開も期待していいのかなw

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1
泉光 原作/超平和バスターズ
集英社 2012-09-04
評価

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(下) (文庫ダ・ヴィンチ) あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(上) (MF文庫ダ・ヴィンチ)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
Angel Beats! Heaven's Door 4巻
2012-09-19 Wed 13:11
電撃G's magazineより、Angel Beatsの外伝としてだーまえが監修のコミカライズが4巻です。SSS団ができるまでを順調に振り返るあらすじは既刊参照ということで今巻の中身です。

前巻の続きで野田が加入、天使vs忍者に乱入して忍者にとどめを刺す初オペレーション、過去は気にせず忍者を仲間に、校長室強奪作戦開始、椎名と命名して過去、職員室での工作、ベースとドラムでバンドの結成、ライブは微妙で即解散、同時多発事件で校長室を狙う。。。

というところまで。ついに戦線が固まってオペレーションスタート。微妙な椎名の過去もわかりつつ校長室を手に入れる過程、まだバンドでの陽動とかが確立してない状況で試行錯誤する様はまさに外伝。でも天使ちゃんの出番が少ねーのでサービスはほぼなし。ゆりっぺの膝枕も野田が相手だとギャグにw。終わりが見えない次巻はとりあえずサービスを期待です。

Angel Beats!Heaven’s Door 4
作画/浅見百合子 原作/麻枝准
アスキー・メディアワークス 2012-08-27
評価
Angel Beats! Heaven’s Door 3 (電撃コミックス) Angel Beats!Heaven’s Door 2 (電撃コミックス) Angel Beats! (1) -Heaven's Door- (電撃コミックス)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
あの夏で待ってる 2巻
2012-09-17 Mon 19:37
電撃大王より、あの夏で待ってるのコミカライズが2巻です。夏も終わってアニメが遠い昔のことのようではありますがw。3話しかなかったあらすじは既刊参照ということで今巻の中身も原作準拠で。

柑奈の告白未遂、先輩と二人の駅ホーム、ギクシャクするABC、哲郎姉とデートで嫉妬、お詫びに勉強会、夏休みの始まり、撮影開始でメンインブラック死亡、柑奈から哲郎応援、雨で撮影中止、三角関係こじれるバス停、柑奈の気持ちを哲郎から、沖縄で水着、幼馴染再会。

というところまで。みんな鈍いので進まねェェwまぁアニメ通りの展開ではあるのですがこれで6話まで消化かな。それでも哲郎姉回はちょっと省略ぎみだったかも?柑奈の水着は一瞬頑張ったなと思ったけど先輩に速攻で上書きされましたw。話はわかってるのでやっぱアレンジが欲しいですが目立ったのはなしかな。安定のコミカライズということでとりあえず次巻もチェックです。

あの夏で待ってる 2
毒田ペパ子 原作/I*Chi*Ka
アスキー・メディアワークス 2012-08-27
評価
あの夏で待ってる 1 (電撃コミックス)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法戦記リリカルなのはForce 5巻
2012-07-11 Wed 01:20
娘タイプより、なのはの正統派よりの第4期コミカライズが5巻です。限定版はなくなったもののあいかわらず全裸の店舗特典w。ViVidに置いて行かれるなか忘れそうなあらすじは既刊参照ということで今巻の中身です。

前巻で1部が完結し2部へ突入。フッケバインが雲隠れしてしばらくの平穏、そこに新型兵器の強奪計画のタレコミが。犯人は最近エクリプスウイルスに感染したらしい盗賊グレンデル一家。機動六課は緊急配備を取るも想定以上の戦力に押され気味。そこにフッケバインのサイファーも助っ人に現れるが、シグナムはそちらも捕らえようとして逃げられる。。。

というところまで。二部に入り機動六課との関係が密になったせいかヴィヴィオやティアらも出てきてかなり本格的に4部っぽいw。エクリプスの能力がいまいち隠されてるせいかバトルが大雑把なのは仕方ないのか。あとまた新キャラ出すぎねwちゃんとキャラ付けしてくれないとvividみたいに困るのでw。話も動き出したところで次巻も期待です。

魔法戦記リリカルなのはForce (5)
作画/緋賀ゆかり 原作/都築真紀
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-23
評価
魔法戦記リリカルなのはForce (4) 限定版 (角川コミックス・エース) 魔法戦記リリカルなのはForce (3)限定版 (角川コミックス・エース) 魔法戦記リリカルなのはForce (2) (角川コミックス・エース 247-4) 魔法戦記リリカルなのはForce (1) (角川コミックス・エース 247-2)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法少女リリカルなのはViVid 7巻
2012-07-09 Mon 23:44
コンプエースより、なのはの4期的コミカライズと見せかけてまた新しいコミカライズも始まってますがこれはロリ格闘モノ7巻です。今回はまたForceと同時発売、あらすじは既刊参照ということで中身です。

前巻から続くヴィヴィオvs八神家ミウラ。近接戦闘を繰り返しミウラの必殺蹴・抜剣をカウンター防御で切り抜ける。しかし全力攻撃の打ち合いで蓄積ダメージの差でヴィヴィオ敗退。続く試合は炎対決、怪力のリオとヤンキーのバトルはバインドの打ち合いで。。。

というところまで。動きもあって必殺技と逆転の応酬なバトルが続くんですが1冊で1試合ペースは正直遅い。JOJOじゃないんだからw。やっぱここらで切ろうかなと思うんですがアニメ化でもしたタイミングで高く売りたいという欲がw。とりあえず特典に惑わされないぞもう。

魔法少女リリカルなのはViVid (7)
作画/藤真拓哉 原作/都築真紀
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-06-23
評価
魔法少女リリカルなのはViVid (6) (カドカワコミックスAエース) 魔法少女リリカルなのはViVid (5) (角川コミックス・エース 169-7) 魔法少女リリカルなのはViVid (4) (角川コミックス・エース 169-5) 魔法少女リリカルなのはViVid (3)限定版 (角川コミックス・エース) 魔法少女リリカルなのはViVid (2) (角川コミックス・エース 169-3)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
あの夏で待ってる 1巻
2012-05-05 Sat 20:40
電撃大王より、あの夏で待ってるのコミカライズが早くも登場。アニメ自体はなかなか良い感じで終わったのでコミカライズも行ってみようかなと。あらすじはほぼアニメ通り。宇宙船墜落、イチカ転入、映画の誘い、家に連れ込み、抱擁目撃な1話。居候公認、姉の旅立ち、映画打ち合わせ、飲み会、言っちゃダメな2話。柑奈の日記、ずる休みの軽井沢デート、哲郎の気持ち、柑奈のチャンスまでで3話。

てかこれ3話しか入ってないんですけどw1話長いなw。それでもしっかりアニメと同話進行な感じですね。作者の毒田ペパ子さんはさすがにたらく絵とは違いますが雰囲気は壊さずでまずまずか。内面描写を心がけてるとのことで、いろんな妄想がはばたくのはありかとw。オチは見えてますが青ちゃんがけっこう活躍してたので個人的にはうれしい。次巻も期待ですかね。

あの夏で待ってる 1
毒田ペパ子 原作/I*Chi*Ka
アスキー・メディアワークス 2012-03-27
評価
おねがい・ツインズ (電撃コミックス)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法少女リリカルなのはViVid 6巻
2012-04-29 Sun 23:21
コンプエースより、なのはの4期的コミカライズでロリ格闘モノ6巻です。なんかForceが全然出てこないから異様に早く感じてしまいますねw。そんなあらすじは既刊参照ということで今巻の中身です。

前巻の続きで身内バトル、ゴーレム使い・コロナvs覇王・アインハルト。体術に切り替えたコロナの予想外の攻撃に苦戦するも底力でアインハルト勝利。シスターvs雷帝、分身で惑わすも雷帝強しであっけなく決着。待ちに待った主人公・ヴィヴィオvs八神家・ミウラ。徒手格闘の使い手同士、楽しくなりすぎて。。。

というところまで。3試合さくさくっと進むのはいいんですけどやっぱり誰かわからない度が高いw。そうなると魔法も技も覚えてないから適当さを感じてしまうようになりつつあるんですよね。ここらで一発アニメ化とかそろそろしてくれないと厳しい気が。発散した話になってますが、トーナメントは着実に進行してるのがまだ救いです。次巻はちょっと考えてしまうかも。。。

魔法少女リリカルなのはViVid (6)
作画/藤真拓哉 原作/都築真紀
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-03-22
評価
魔法少女リリカルなのはViVid (5) (角川コミックス・エース 169-7) 魔法少女リリカルなのはViVid (4) (角川コミックス・エース 169-5) 魔法少女リリカルなのはViVid (3)限定版 (角川コミックス・エース) 魔法少女リリカルなのはViVid (2) (角川コミックス・エース 169-3) 魔法少女リリカルなのはViVid (1) (角川コミックス・エース 169-2)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
Angel Beats! Heaven's Door 3巻
2012-04-02 Mon 20:30
電撃G's magazineより、Angel Beatsの外伝として原作のだーまえが監修しているコミカライズ3巻です。SSS団結成までの道のりが続くあらすじは既刊参照ということで今巻の中身です。

前巻で仲間にしたおっさんに連れられ銃生成の秘密、地下の迷宮で野田登場、地下のラスボスであさはかなり登場、殺されながら日向の逆転勝利、不思議な武器倉庫で死んだ世界戦線結成、あさはかなりの逆襲に遭いながらボロボロになりつつ地上に逃げ延びるまで。

主要キャラがようやく揃って来ましたがあと一歩といったところですかね。しかし出会いを見ると相当変人が揃ってると改めて思いましたw地下でのバトルはかなりホラーなうえ断面図と内蔵はグロ注意ですw。おまけ要素では天使の水着盗難でゆりっぺとギターが水着サービス。胸周りが伸びてぶかぶかにされた天使哀れw。外伝として普通におもしろいので次巻も引き続き期待です。

Angel Beats!-Heaven’s Door 3
作画/浅見百合子 原作/麻枝准
アスキー・メディアワークス 2012-02-27
評価
Angel Beats!-Heaven’s Door 2 (電撃コミックス) Angel Beats! (1) -Heaven's Door- (電撃コミックス)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
キョウハクDOG's 1巻・2巻
2012-03-06 Tue 23:29
電撃帝王より、乃木坂春香の秘密の外伝が新装版として1、2巻同時発売。1巻が出てからずっと音沙汰ないなーと思ってたら6年越しのこの時期ですよw。古すぎて感想もなく1巻を買い直すか悩んだんですが、描き下ろしなどの加筆修正に期待買い。あらすじは不良と見せかけて実はオタクな主人公が、いじめられっ子だった少女に秘密をネタに脅迫されてしまうというお話。1巻はリニューアルということで差分だけ。

仲直りした直後の1年前のエピソード、なにもしない優しさいから何気ない一言に変更。そしていじめがマイルドだった感じになりそれに伴って飛び込むシーンの変更。キスの意味に悩んでたところに妹が乱入した後の展開、上下関係より友情関係を強調する描写に変更。妹のわるっぷりがマイルドになってます。短編の格闘モノ・123スパイラルがなくなり、本編の4話が描き下ろし。妹が学校に来て飼い主と仲良くなる展開で2巻に続く。全体的になんでここ直したんだろう?ってのが多い気がしました。でも4話が入ってるので2巻へ行くなら新1巻必須です。

2巻、アキバでデートは一般人のせつなには厳しい物になるも最後はいい感じに。テスト勉強で訪れたせつなの家では姉公認の仲へ。幼なじみで格闘技の師範でもあるまことが登場しせつなに静かなる宣戦布告。妹が壊してしまったフィギュアのお使いにアキバへ行くも失敗な話。せつな姉にデートの練習をして欲しいと頼まれてそこでもいい感じになってしまうところまで。

序盤のこれぞキョウハクって展開からもうなんだかんだいい関係になってますよw。そこに新キャラとして幼なじみやら妹やら姉キャラが入ってきてマンガ的にも非常に盛り上がって来ましたね。妹のお使いの話では歳相応の一面が見れてイイ話だったり、一方でお風呂もありサービス的にも満点ですw。隔月刊程度の刊行ペースのせいか進みが遅いのが気になるところですけど、引き続き期待していきたいですね。

キョウハクDOG’s-Another Secret 2
しゃあ
アスキー・メディアワークス 2012-01-27
評価
キョウハクDOG’s-Another Secret 1 (電撃コミックス)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
ストライクウィッチーズ 片翼の魔女たち
2012-02-27 Mon 23:08
コンプエースより、ストライクウィッチーズの外伝で片翼の魔女たち。キャラの名前が出てくるほどちゃんといれこんではないですがストパンは結構好きですw。映画も始まるしーってのもなくはないですが、主にしのづかあつとさんという原画買いw。それでは本作の中身です。

ウィル・ヴィショップが配属されたのは501基地にほど近いワイト島の分隊だった。温泉もありネウロイの襲撃も少なく501分隊のようなエースもいないそんなのどかな分隊で、個性豊かなメンバーと親交を深めチームとしてまとまっていく。。。

というお話。外伝なのでストパンの設定とかを省くとあらすじはこんなもんですw。じつは501分隊に妹がいたりあこがれがいたり元隊員だったりと密接な関係あり。最後には宮藤の初戦に絡むというそんな時系列でした。しかし温泉設定のおかげで脱ぐわ脱ぐわw。まさかアニメ並みに光の邪魔が入るとは思いませんでしたよw。それでもしっかり乳首は質量共に文句なし。もう少し続くようなのでいろいろと期待です。

ストライクウィッチーズ 片翼の魔女たち (1)
しのづかあつと 原作/島田フミカネ&Project Kagonishi
角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-01-23
評価
by G-Tools

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
とある科学の超電磁砲 7巻
2012-01-06 Fri 13:55
電撃大王より、とある魔術の禁書目録の外伝コミカライズ7巻。月刊だとやっぱ間が開いてしまいますがついに禁書は映画化が始動だとか。楽しみにしつつあらすじは既刊参照で今巻の中身。

前巻から続くvs一方通行。プラズマをミサカNWで撹乱しなんとか勝利、妹達の実験は終了へ。婚后光子転入編、派閥争いも友達作りで決着。メンタルアウトのレベル5と御坂遭遇。初春を元気づける佐天さん。そして大覇星祭の開始、御坂が二人三脚で勝利するところまで。

やっぱ妹達の話はイイハナシダナー。他にもさすがという話でやっぱ超電磁砲はクオリティ高い。ちょっと各話が短いような気もしたのですが単行本派なら関係ないかwあと空きページに入る4コマも地味に面白い。ゲストイラストもアニメ絵、ブリキ、松竜に挟まれてなぜかとゆーだしwでも意外とうまかったので満足。もちろん本編もパンツを食いちぎるハムスターGJでした。話もまた動き始めたので次巻も楽しみです。

とある科学の超電磁砲 7―とある魔術の禁書目録外伝
冬川基 原作/鎌池和馬 灰村キヨタカ
アスキー・メディアワークス 2011-12-17
評価
とある科学の超電磁砲 6―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス) とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 5 (電撃コミックス) とある科学の超電磁砲 4―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス) とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス) とある科学の超電磁砲 2―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス) とある科学の超電磁砲 1―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)

テーマ:とある科学の超電磁砲 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
DOG DAYS
2011-11-10 Thu 17:19
ニュータイプ、コンプティーク、コンプエースと渡り歩いたDOG DAYSのコミカライズがようやく単行本化。作者はなのはと並行でどんだけ描いてるのっていう藤真拓哉氏。あらすじ設定はアニメ参照ということでコミカライズの中身は、勇者召喚前の総キャラ登場で舞台紹介するような1話。戦の合間みんなで川遊びする話。勇者が変えるまでの思い出作り、ハチミツを探しに森へ、そしてラストバトルへ。

アニメのあらすじを追っていくのかと思いきや合間合間の外伝的な話しかなかったのは予想外。なので戦のような激しいバトルはお預けです。キャラの出番はまんべんなく、リコッタとユキカゼが気持ち多いかなというくらい。あとは評判通り肌色多しwまぁあくまで健全の範囲内ですけどね。ユキカゼさんもうちょっと頑張ってくれれば葉っぱと湯気が、、、まぁコミカライズとしてはちょっと微妙だった感はありますがおまけに免じてこんなものかと。

DOG DAYS
作画/藤真拓哉 原作/都築真紀
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-10-23
評価
魔法少女リリカルなのはViVid (5) (角川コミックス・エース 169-7)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法少女リリカルなのはViVid 5巻
2011-11-04 Fri 17:49
コンプエースより、なのはの4期的コミカライズでロリ格闘モノ5巻です。あいかわらず販促品も多く、藤真拓哉は何人いるんだってペースで刊行されてますが大丈夫ですかw。とりあえず今巻は限定版がないってことで一休み、あらすじは既刊参照で今巻の中身です。

前巻でインターミドルの一回戦を突破してからも順調に勝ち上がっていくヴィヴィオ達。それに連れて相手もシード選手などが続々登場しバトルは激化。そしてついに仲間通しで戦うところまで勝ち上がってきて。。。

というところまで。けっこうバトルの比率が高くて派手なのはいいんですが、誰こいつなバトルを割りと長めにとっているのはなんなんだろうw。そろそろキャラが多すぎてわけがわからなくなってきたよw。あと巻末でヴィータの回想がおまけ編。A'sのハイライトみたいでわりと楽しかったです。なのはさんも色っぽい下着を着るようになって成長したなぁとw。とりあえずそういうおまけは大歓迎なので今後も期待ですね。

魔法少女リリカルなのはViVid (5)
作画/藤真拓哉 原作/都築真紀
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-10-23
評価
魔法少女リリカルなのはViVid (4) (角川コミックス・エース 169-5) 魔法戦記リリカルなのはForce (4) (角川コミックス・エース 247-6) 魔法少女リリカルなのはViVid (3)限定版 (角川コミックス・エース) 魔法少女リリカルなのはViVid (2) (角川コミックス・エース 169-3) 魔法少女リリカルなのはViVid (1) (角川コミックス・エース 169-2)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法戦記リリカルなのはForce 4巻
2011-09-26 Mon 15:38
娘タイプより、なのはの正統派第4期コミカライズが4巻です。今回の限定版もねんぷちですが、全裸ねんぷちは史上初だとかw。そんな肌色成分が多いあらすじは既刊参照ということで今巻の中身です。

前巻ラストでリアクトプラグとして覚醒したリリィは間一髪でトーマを助けることができ、ウイルスの治療法を探すのと同時に機動六課に見習いで配属される。一方のフッケバイン一行は偽物を探して別の世界の研究所を襲撃。偽物たちから力づくで黒幕の正体を探ろうとするのだが。。。

というところまで。一旦平和に落ち着いたところで第2部開始だとか。結構専門用語が増えてきてわかりづらくなってきましたよとw。後半のバトルはだいぶおっさん臭い魔法戦になりもはや魔法少女のかけらもないですねw。小冊子のなのはさん装備ごつすぎじゃないかと思いつつ、とりあえずなのはさん達が活躍しないとらしくはないので次巻はそっち方向を期待です。

魔法戦記リリカルなのはForce (4) 限定版
作画/緋賀ゆかり 原作/都築真紀
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-09-09
評価
魔法戦記リリカルなのはForce (3)限定版 (角川コミックス・エース) 魔法戦記リリカルなのはForce (2) (角川コミックス・エース 247-4) 魔法戦記リリカルなのはForce (1) (角川コミックス・エース 247-2)

テーマ:魔法少女リリカルなのは - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法少女リリカルなのはViVid 4巻限定版
2011-09-20 Tue 00:15
コンプエースより、なのはの4期的コミカライズでロリ格闘モノ4巻です。今回もねんぷちの限定版があり、けっきょく限定版にしてしまいました。でも通常版の特典も侮りがたいっていうこの商法はどうにかしてほしいw。あらすじは既刊参照ということで今巻の中身です。

前巻から格闘大会インターミドルに向けて特訓を始めたヴィヴィオ達。魔力の負荷を高めたり特技を磨いたりそれぞれの時間を過ごし迎えた大会当日。1回戦は難なく突破するも次からはライバル達も出揃ってきて。。。

というところまで。戦いまくりのような気がしましたが1戦がそれほど濃くはなかったのであまりバトル分はなかったかも。ライバルも出てきて必殺技の応酬となる次からが本番といったところかな。しかも次巻はもう来月だとかw。おまけのフルカラー小冊子は新キャラ紹介と販促絵。販促絵はちょっとおとなしめだったかなw。さて次巻は限定版にするかさすがに悩む。。。

魔法少女リリカルなのはViVid (4) 限定版
作画/藤真拓哉 原作/都築真紀
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-09-09
評価
魔法少女リリカルなのはViVid (3)限定版 (角川コミックス・エース) 魔法少女リリカルなのはViVid (2) (角川コミックス・エース 169-3) 魔法少女リリカルなのはViVid (1) (角川コミックス・エース 169-2) 魔法戦記リリカルなのはForce (1) (角川コミックス・エース 247-2)

テーマ:魔法少女リリカルなのは - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
Angel Beats! Heaven's Door 2巻
2011-07-29 Fri 21:57
電撃G's magazineより、ゲーム化始動とか話が出たっきりのAngel Beatsの外伝コミカライズ2巻です。SSS団結成までの道のりを描くあらすじは1巻参照ということで今巻の中身です。

おっさんに勝負を挑むも返り討ちだったユリ達は、天使立会いの勝負を挑みリベンジ成功。おっさんの過去を手に入れる。一方その同時期、岩沢が学園で目覚める。ギターを見つけ、ベースと出逢い、初めてのゲリラライブが成功。後のガルデモの誕生である。というところまで。

おっさんやひさ子の過去はさらっと設定だけ見せられた感でしたが、ちゃんとやってたら相当重そう。まぁそれぞれの話がわりと長めだったのでやっぱいい話成分多めでした。やっぱ原作つきは違いますな。あと天使の匂いをかぐおっさんとかラストのおまけ漫画は無駄にお色気w。いろいろとおいしく楽しめたので引っ張られた次巻も期待です。

Angel Beats!-Heaven’s Door 2
作画/浅見百合子 原作/麻枝准
アスキー・メディアワークス 2011-07-27
評価
Angel Beats! (1) -Heaven's Door- (電撃コミックス)

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法少女まどか★マギカ 3巻
2011-06-11 Sat 23:10
だいぶ話題も尽きてきたような気がするまどかマギカもコミカライズ3巻です。結局3巻連動特典はゲマで予約してたものの、収納BOX一発でメロンに鞍替えしてしまいましたw。あらすじ設定はアニメと既刊参照ということで今巻の中身。

前巻からの続きで魔法少女の存在意義とvsさやかで杏子リタイアな第9話、ほむほむの過去からこれまでとまどかの願いな第10話、まどかの因果とほむほむvsワルプルギスの夜で第11話、まどかの契約とすべての終わりな最終話。

はぁー改めて読んでもやっぱ面白いですね。遊びの入る余地がまったくない友情物語は強いわw。アニメ版の戦闘の完成度が高すぎて独自路線なコミカライズをしたらしいですがこれはこれで。あくまで脚本のコミカライズというスタンスで特に問題はありません。これは最終回前に売るとか暴動ものw。オチもさわやか系でちょっと追加あったのもよし。これはこれだけでも価値があるコミカライズだと思います。

魔法少女まどか☆マギカ (3)
作画/ハノカゲ 原作/Magica Quartet
芳文社 2011-05-30
評価
魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
魔法少女まどか★マギカ 2巻
2011-04-17 Sun 21:21
最終回もいい感じにまとまったまどかマギカのコミカライズ2巻です。だいぶ潤沢に回るようになったとはいえ売れすぎなので2巻からようやく予約で対応w。あらすじはアニメと1巻参照ということで今巻の中身です。

安定の原作準拠。さやかの決意と杏子との衝突な第5話。ほむらの仲裁とソウルジェム投棄事件の第6話。杏子の過去とさやかの覚醒な第7話。さやかの魔女化とQBの正体な第8話まで。

あとがきで心残りとか言っちゃうくらい、バトル描写もなかなかいいじゃないですか。そしてQBの爆発とかカバー裏でアニメ版QB大暴れとかいい感じで血みどろでアニメらしくなってきましたよとw。あとソウルジェムをつつかれて痛がるさやかを見たらそんな同人誌も改めてありだなと思いました。たぶん最終回がばっちり載ってるせいか延期となった3巻もそろそろ発売をお願いしますw

魔法少女まどか☆マギカ (2)
作画/ハノカゲ 原作/Magica Quartet
芳文社 2011-03-12
評価
魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

別窓 | 【コミック】コミカライズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 狙撃者のひとりごとR | NEXT