最新記事

ウチの妹がここまでMなわけがない
2009-11-13 Fri 01:02
フランス書院・美少女文庫より、タイトル買いw。某電撃文庫のあれとそっくりなタイトルですが、表紙のみさくら絵からしてもうらめだwとりあえずあらすじですが、読者モデルもこなす妹は兄の匂いで自慰をするほどの重症ブラコン。ある日兄の部屋で見つけたエロ本からお尻いじりを覚えついにはおもちゃを密林で注文。それが兄にバレて人生相談といってごまかそうとするのだが。。。

というどこかで聞いたような聞いて無いような話w。最終的にはデレデレでおむつ必須で兄のミルクで直腸を満たしてないと生きていけないまでに。みさくら絵だとなぜ文章もみさくら語に近づいていくのかが不思議ですが、なかなかどうして普通に官能小説として嫌いじゃない展開でした。ネタとして買った割には満足ですw

ウチの妹がここまでMなわけがない
遠野渚 イラスト/ みさくらなんこつ
フランス書院 2009-11-20
評価
by G-Tools

テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】官能小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
あねスポッ!
2007-11-18 Sun 21:32
美少女文庫より、性懲りも無くシコルスキー氏挿絵のエロラノベです。そろそろなぜ買ってしまうのかわからなくなってるんですがwやるつもりはないシコルスキー氏原画のエロゲ・ツイ☆てるの発売日がいつのまにか来週というつながりということで。とりあえず中身ですがタイトル通りの姉+スポーツってかんじです。当然話はヤマとかあるわけではなく3人のツンデレ気味な姉達とよろしくやるという話。ライターもけっこう書いてるけどよく知らない人なのでおかずとして特に優秀ということはありませんでした。挿絵もなぁ、グググググでは惜しげもなくさらしてるのになぜ本番になるとここまで控えめになるのかw

テーマ:官能小説・エロ小説 - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】官能小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
いもうとサマーデイズ
2007-06-11 Mon 20:49
二次元ドリーム文庫よりシコルスキー氏挿絵のエロラノベです。もちろん予告どおりの絵買いですよ。タイトルの通り妹モノです。親の再婚によりいきなり4人の妹と一つ屋根の下で暮らすことに。大人びた妹、ツンデレな妹、後輩な妹、子供っぽい妹とまぁよくある設定です。しかし自分が妹属性スキーのせいかなんだかしらないけどけっこうおもしろかったw。別に盛り上がる展開とかあるわけじゃないのにおかしいなぁ…。魚マニアとか多少新鮮な設定だったからですかね。あと肝心の挿絵のほうですがだいぶエロさが増していました。もう前作のような乳首の出し惜しみはないようですよw。

テーマ:官能小説・エロ小説 - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】官能小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
お姉さんが診てアゲル
2007-05-13 Sun 20:42
一年前くらいに地味に出ていたシコルスキー氏挿絵のエロラノベ。今月にまた別で出るぽいので予習としてw。親父の思惑で性感の実験のために入院させられ看護婦さんにあれやこれやと搾り取られる話。ライターも神楽陽子氏と微妙にツボだったりするのですが、ライトな話なので特筆事項はなし。メインはシコルスキー氏の絵なわけですがアリスを見てればわかるようにそれなりにエロくは描けてます。ただ乳首の出し惜しみっぷりがすごいw。普通のエロラノベより確実に少ないでしょ…2枚ですよ?いまどきの少年誌より少ないてw。

テーマ:官能小説・エロ小説 - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】官能小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
いもうとレッスン
2006-09-26 Tue 20:13
山口昇一もといヤマグチノボルさん…意外と既刊も多い?エロライトノベル、ていうか新刊じゃねーw。よくよく読めばこのまえのシスプリも全然新刊じゃない…ゼロが売れたからってさぁ、POPつけるなんてずるいぞwしかしせっかく買ったのだからネタ1つ分ってことで。やはりフランス書院、みけおうさんなんぞが挿絵です。

一応中身について。歌舞伎座の女形として育てられた主人公、修行と称して女子校に放りこまれます。お色気保険医に迫られ、女と思われたままレズの同級生と盛り上がり、いじめっこの理事長娘を屈服させ、やきもちを焼く妹と禁断の愛…ってなんだかこのまえのやつと話がそっくり。もうエロラノベのライター買いはやめよう…

テーマ:官能小説・エロ小説 - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】官能小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
シスタースプリング
2006-08-19 Sat 20:06
はいヤマグチノボルというだけで衝動買いです。でも池上茜絵というのはさりげにポイント高いんじゃないでしょうか。いまさらながらにフランス書院の美少女文庫はツボを得た絵師が多いことに気付く、ってエロメインだから当たり前なのか?

それはさておき中身ですか。タイトルがシスプリwまぁ妹は一人しかでてこないんですけどね。自慰大好きでお嬢様学園1年生の妹と新任教師の実兄が惹かれあう背徳的な話?しかしいろんな設定があってもエロメインなんでライター買いの意味はあったのかっていうとあんまりないような…

あと最後の挿絵がどうみてもSNOWです。ほんとうにありがとうございました。

テーマ:官能小説・エロ小説 - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】官能小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 狙撃者のひとりごとR |