最新記事

「リトルバスターズエクスタシー」感想 後編
2009-06-25 Thu 00:59
前編より
引き続きEX。残すは新キャラ達でこれからが本番ですね。

佐々美。鈴のライバル女王猫。
ルート分岐は日常エンドの延長上で3時間程度。猫が苦手な理由と不思議な世界再び。いろんな点で鈴とかぶりますが過去ネタと猫ネタでヤマヤマ、っていうかこの話はほんとずるい、でもこういうあざとさを期待してるんだよなぁw。エクスタシーは告白後の勢いで一回ですが十分です。

佳奈多。はるちんの姉風紀委員長。
ルート分岐は視線に好意を感じるところからで5時間程度。寮長の仕事を手伝いつつ葉留佳ルートの裏側へ。いきなり性格変わりすぎでびびりますが理由を知ってる前提なので問題なしか。過去ネタと約束でヤマ。盛り上がる部分は一度把握してるので予想の範疇を出なかった感じかな。エンドも佳奈多エンドって感じではないようなwエクスタシーは流れで1回と少なめ。葉留佳バッドも回数に入れるか?

沙耶。新キャラ風音様。
ルート分岐は放課後ノートを取りに行くところからで7時間程度。夜の学校で秘宝を探してRPG。沙耶の正体と沙耶’s Songがヤマヤマ。噂には聞いていましたが沙耶の歌がまたいいところで来るんでほんとうにありがとう。エクスタシーは1回分でも十分ですかね。RPGは正直疲れました…。射撃も画面外クリックしちゃったりね…

総評。
リトバス本来の味、泣きゲとしての追加要素は十分に満足です。佐々美>沙耶>佳奈多って感じですね。しかしエクスタシーに関してはまさに鍵、いらないレベルかと。各シーンも驚くほどあっさりで汁差分とか期待してはいけません。ましてそんなシーンに入った瞬間エクスタシ~って合唱風のBGMとかありえんw。一部は普通のBGMだったのが救いですが、鍵としてはもう少しエクスタシーを学んで欲しいところ。あとは新規録り下ろしの音声に全体的な違和感があったりとかも。そんなわけでEXよりはCSをやるのが正しいかもと思ったり。

総プレイ時間 47時間

リトルバスターズ!  エクスタシー 初回限定版

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「リトルバスターズエクスタシー」感想 前編
2009-06-12 Fri 00:42
およそ1年半前、無印をプレイしたわけですが記憶が薄れてからプレイしようと思ってたらこんな時期にw沙耶ネタを避け続けて長かった…しかしこれで何もかも解禁ですよ。wktkしながらプレイ開始です。

まずは通常通り無印キャラから小毬、クド、美魚、葉留佳、唯湖、鈴BAD、鈴、Refrain。新ルートの佐々美、佳奈多、沙耶は後回し。既存ルートの話は無印でやったので基本的には追加されたエクスタシーな部分のみチェック。

小毬。兄と絵本がキーワード。
BADルートで一回。雨に濡れて裸Yシャツの後勢いでといった感じ。

クド。故郷と家族がキーワード。
普通で一回、BAD?で一回。夜の茶室にて甘々に、っていうか寸止めwRefrain後のちゃんとするほうはするほうで新エンドっぽいですが後味は微妙です。

美魚。短歌と鏡がキーワード。
BADで一回、普通で一回。どちらもエピローグとして追加した感じ。BADのほうはどっちかというと元気なほうですが。

葉留佳。双子と父親がキーワード。
普通で二回。家にて前戯を、しかも2パターン有。二回目は決意を新たにする感じでともにシナリオに溶け込んでます。

唯湖。ピアノと記憶がキーワード。
普通で一回。終わりかけの大事なところで。一回ですが長めではあります。

鈴。ネコと人見知りがキーワード。
普通で二回。Refrain後かつすべてが終わった後にて。連続で発生するのでまぁあってもなくても。

Refrain。リトルバスターズがキーワード。
エクスタシーなのはないですw。野郎どもが大活躍でこれをやらなきゃリトバスの価値がない。

エクスタシーな部分は増えてますが正直そこまで変化がないのでけっこう飛ばしてますよ。

現プレイ時間33時間 後編へ続く

リトルバスターズ!  エクスタシー 初回限定版

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「ほしうた」感想
2009-02-20 Fri 15:07
12月末ソフトより、フロントウイングのほしうた。ヤマグチノボル氏のゆきうた、そらうたに続くうたシリーズの最新作ですね。しかし4年以上も間が空いていたとは月日が経つのは早いものです。リトバスはおいといて2008年を締めくくるのにふさわしいものであることを期待してプレイ開始です。

共通はOPまでの2時間と選択肢が出始めて1時間ほどのお婆ちゃんの一周忌直前まで。ルート固定は特になしで私的攻略順は、ななのor結衣or翠→れんげorくらら。基本的に5人ばらばらの話なので好きなようにやるのがいいのではないかとw

ななの。伝統的ダメ妹。
おばあちゃんとのことを乗り越える話。おばあちゃんとの過去話でヤマヤマヤマ。いやーオチが読めてても強いものは強い。ずるいとしか言いようがないw個人的にタイムリーなネタだったので破壊力ありすぎですw。

結衣。旅館の幼馴染。
親友との三角関係的な話。典型的すれ違いでヘタレが際立つルートですw。オチは少し弱めですがまさかの展開。あとは幼いネタでヤマヤマです。やっぱロリは強いなぁ。

翠。車椅子の先輩。
車椅子という部分に関する話。車椅子とは言っても片膝下の麻痺程度で杖で歩けます。それでもやはり乗り越えて告白に到達するところがヤマ。ゆかりさんのせいかおまけHも2/3と優遇されてますw。

れんげ。不思議少女ちゃん。
なぜいたずら好きなのかという話。もちろんなぜそんな性格なのかというところがヤマ。ギャグ多めなのもポイント高いですね。でもエピローグがないのがちょっと残念。

くらら。過去にわけありなお嬢様。
意外にもメインだったようです。その通り過去にあったわだかまりの話+恋人になってからでヤマ。ほしうたの秘密にれんげとは別のアプローチをします。選択肢で下手するとバッドエンドになるので注意orz

総評。
ゆきうたのような鬱でもなく、そらうたのようなルート強制の謎めきでもなく、新しいうたです。各個別ルート3時間ちょっとと全体的に短めでオチが少し読めるようなつくりになっているのが残念ですかね。約束とか伏線ぽく示さなくていきなりありましたってのが好きなものでwそれでも+αがそれぞれにあってヤマも多めなのでよしとしましょうw。複数ライターとはいえノボルさんはやっぱすごいっす。OPもまさかのLiaさんで名曲なのは間違いないなし。次はなにうたが出るんでしょうかw

ランキング
ななの>れんげ=くらら=翠>結衣

総プレイ時間 20時間(少しかけあしです)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「Volume7」感想
2009-02-12 Thu 00:24
10月末ソフトと見せかけて回収騒ぎがあったので12月末ソフトでしょうか。RococoWorksのぼるしちです。冬コミで笛さん達がタルト島を挨拶回りしてるのを目撃したわけですが、ほんとがんばってほしいですねw。それではカタハネのようなナイスな世界観を期待してプレイ開始です。

共通は7月13日までで2時間半ほど。そのあとは3ペアのルートに分かれてはいますが恒例のループ的一本道で攻略順は普通に左から選ぶのがいいでしょう。3時間ほどの個別ルートが終わったあとトゥルールートに入ります。

梗香と十丸。TLSのリポーターと内世界調査員。
二人の仕事としてスフィアの謎に迫る話。ヤマ自体は特にないですね。くっつくのも結構唐突だった印象。新世界ルートでもメインのためラストは謎を残す感じになっています。

琴良と龍護。米屋と治安管理局。
交換留学生なので外世界に戻らないといけなくなる話。だけではなくびっくり展開がありましたが描写がなかったのがある意味残念かwアッー。十丸ルートにはかする程度でまだまだ謎は多いです。

さくらと八代。幽霊と絵描き。
絵のモデルになる約束がどうのという話。ラストがちょいヤマくらいかな。やはりミアキャラの魅せ方がうまいw。これも本人達の謎がちょっとだけ明らかになる程度でそのままトゥルーに入ります。

真世界ルート。
視点がめまぐるしく入れ替わりほぼすべてが明らかに。十丸と梗香の関係、琴良やさくらの秘密、龍護や八代の過去、先生や茉莉先輩の立ち位置。謎のロシア人からニュースキャスターまですべてが複雑に絡み合った世界の秘密。しかし先輩が一番のヤマとはw。

おまけ。
各キャラのHを絡めたAfterですがすべて10分程度とかなり短め。やはりおまけが薄い伝統は変わっていませんでしたかw。でも先生×ヴァレンティナはGJ。

総評。
カタハネと比べると盛り上がりに欠ける感は否めないかな。でも雰囲気はこっちのほうが好きですね。あと真世界ルートは急展開で少しわかりにくい部分も。ラストの展開とか梗香十丸の過去とかもうちょっと書いてくれてもよかったんじゃないかと。でもお得意の百合展開はばっちりですよ。ただ全体的にはHは淡白、ミアだけがんばってましたw。そんなわけでおまけがもう少し厚かったらもっとよかったのではないかと。その辺もRococoの次作に期待です。

総プレイ時間15時間半(少し駆け足です)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「Fairy Life」感想 後編
2009-02-04 Wed 01:28
前編より
引き続きHOOKのFairyLife。残すメインは二人なので一気にやってしまいましたよ。

弓月。アイドル。癒しです。アイドルと学生の両立のための話。喧嘩して仲直りするあたりがヤマで、白は出会いの話、黒はペンダントの話でちょいヤマ。まさかの双子エンドは甘々でヤマはなし。青髪なのでもしやとおもったら全然関係ありませんでしたw。

優。犬使い。敵対勢力?引っ越してきた理由の話。スカーフの話、引越し状況、告白シーンあたりがちょいヤマくらい。ツンなのでギャグ多めです。秘密を熱心に探るので最後にしてみましたが特に意味はなかった模様w

おまけ。それぞれ30分ちょっとくらいですがHもCGも二人にあります。

加奈子。傘。優ルートで放置されたエピソードを回収です。会えない理由の説明がちょいヤマ。

頼子。コピー機。ぽんと惚れてまとめます。

グスタフ。犬。借りを返す犬かっこいいw

曽我部。風紀委員長。黒板消しの話。怪盗w

総評。ギャグは少し落ち着いたものの、駆け足でやった割にはヤマもおおかったので擬人化モノとしては十分面白かったと思います。声が聞きなれない人達だったのがちょっとマイナスですか。あとエンド後がやたら長いwでもシーン回数も多めなので恋人部分を長くしたのは自分は評価します。あと前作との絡みがあるのもちょっとうれしい。キャラは出てきませんが高坂電気の店主の言葉とかたまりませんね。なんだかんだHOOKはやってくれましたよw。あー携帯擬人化しないかなーw

ランキング
未来>弓月>優>あさがお>南

総プレイ時間25時間

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「Fairy Life」感想 前編
2009-01-26 Mon 21:07
10月ソフトより、HOOKのFairy Life。
擬人化物の金字塔となったLike Lifeの後継的作品ですね。いやーあれは主人公が突っ込みですげー疲れた記憶がありますがwというわけでそんな感じのバカノリを期待してプレイ開始です。

共通は文化祭、水泳大会を成功させて不信任決議を跳ね返すまでで3時間ほど。選択肢は普通に攻略対象キャラを選んでいけばOKでルート固定は特に無し。個別に入ってもいくつか選択肢はありますがわかりやすいです。個別はだいたい4時間程度。
私的攻略順はモノ優先であさがお、未来、南、弓月、優ということにします。

あさがお。人工衛星。
メインぽい無知擬人化キャラです。人工衛星として持ち主が現れる話。復活するのがヤマに加えて墜落の理由、別れ、世代交代あたりもちょいヤマと予想外にヤマが多かったのはメインゆえか。やはり無垢キャラは強いですw

未来。携帯電話。
クールな世話焼きタイプ。好きだけど携帯だからと悩んでしまう話。吹っ切って復活するあたりがヤマです。健気でいい娘なので甘い成分が多めですね。姫子とは正反対ですか一番人気になるのも納得です。

南。生徒会長。
胃痛の原因な突撃系。解散させられた生徒会を立て直す話。やはり立て直し成功するところがヤマです。それとこんな性格になった理由もちょいヤマ。不思議となんとかしてくれるエピソードが特になかったのにはあてが外れましたw

現プレイ時間13時間半 後編へ続く

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「毎日がM!」感想
2009-01-16 Fri 00:01
11月末ソフトより、アトリエかぐやから毎日がM!
前々から薄々気が付いてはいたんですがMなんですよ自分w。そしてついにドM専用ゲームに手を出してしまったというわけです。いったいどんなことをされるのかwktkしながらプレイ開始です。

過去のトラウマで攻められれば攻められるほど性感に変わってしまう絶対M感を持つ主人公。さらに童貞で包茎だの短小だが絶倫だの救いようがないようでいてちょっとぐさっとくる設定ですw。

抜きゲなので話はあってないようなものですが、Sに自信のある刺客がどんなにいじめても屈服しない主人公に疲れ負けする展開。そしてそんな様子にちょっと惚れてしまう攻略され対象は、女子校で担任することになった生徒3人でそれぞれエンドが2つです。

オーソドックスSな委員長。
PTA会長と戦う話。まさか頭をあんなところに突っ込まれるとは思いもしませんでした…。

クールSな副委員長。
バイト先の刺客と戦う話。くらたろうだったので変な気分でしたが全然使えましたw。でもスタンガンは勘弁w

無邪気Sな書記。
他校の刺客と戦う話。一番優しかったかもw。刺客もドジっぽくてギャグ多めです。

総評。
かぐやなので基本的なシステムに文句はなし。たまにある動くCGもよい出来です。しかしこれはちょっとだけMの人にはハードル高いわw。なじられたり踏まれたり尻使われたりするくらいは想定の範囲内でしたが、デッキブラシでゴシゴシとか無理だwあとなじられ方もすっごい心が痛いwあんまり短小だの包茎だの言われてると縮み上がってそうなってしまいそうでやばかったですw。やっぱMはソフトに限ると思いましたw

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「明日の七海と逢うために」感想
2009-01-03 Sat 21:40
10月末ソフトより、Purple softwareからあすなな。
明日の君と逢うためにのファンディスクですね。本編は去年の11月で、岩崎氏が亡くなってもパープルは健在であると知らしめてくれた一作です。超大作の後の一息のつもりでプレイ開始です。

本編では告られつつも攻略不可だった七海がメインです。完全にルート固定で姉・美奈、妹・真奈美の順番。2人をクリアするとハーレム的ルートの或る夏の日が出現します。共通は本編で文化祭が終わったあたりから始まり1時間半ほどで個別も1時間半といったところ。

真奈美編。風音様演じる姉の方。
演劇部部長代理としてがんばりつつ妹との関係の変化に対応する話。りんと仲直りがヤマですね。でもまじめになりきれない展開にやっぱり自分の中では七海はかませ犬なんだよなぁと再認識してしまったorz

美奈編。ほめらじゲストでドSが露呈した夏野こおりさん。
おしとやか系の想像してたらキャラ違いすぎでしたw。姉ルートのサブ話扱いだった転校話をメインへ。りんと先生で立て続けにちょいヤマ。オチが予想通りになってしまったのが残念か。

或る夏の日。
ハーレムルート、ではあるのですがHはなしの30分…。七海姉妹を除き全キャラがチラリズムな一枚絵を用意。里佳姉やりんももちろんありますよ。まぁあさひ先輩のにゃんこポーズが一番かな。明日香とあすかの掛け合いも音ちんファンなら満足できます。

総評。
自分は七海派ではなかったので駆け足でやってしまいましたが、ファンディスクとしては短めでもほどほどにヤマありで普通かと。ただパープルお得意の新OPとかないしエロも3回と薄かったので物足りない感は非常にありますね。さくらんぼシュトラッセと比べるのは酷ってもんですか?しかしEDは本編のOPですがやっぱり名曲だなぁw。新作もこっちラインぽいので今後の展開に期待ですね。

総プレイ時間5時間(駆け足です)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「ティンクル☆くるせいだーす」感想 後編
2008-12-24 Wed 21:38
前編中編より
さて残すはおまけ的エンディング。普段はあまりバッドっぽいのは見るのを忘れるくらいなんですが、ヘレナさんのスペシャルのためにトロフィーを集めるついででエンディングも収集です。

バッキー。大賢者パンダ。
なんという音ちんの無駄遣いwと思ったらエンドでようやく報われた気分です。お兄ちゃん連呼でほんの少しだけですがw

サリー。悪魔っ娘。
まさかのコラボエンドwオチ自体が面白いわけではないですがぷりっちを知ってれば一見の価値はあります。

紫央、エミリナ。
一応シンといい感じになれるちゃんとしたルートっぽいのはこの二人だけ。このくらいまでが見る価値がある壁でしょう。

さっちん、彩錦、リースリング、メリロット。
なんだかいつものノリであっさりエンド。執事さんだけCGがありますが劇画ちっくw。

総評。
いやー待たされただけあってとんでもない大作でしたw。80時間超はおそらく過去最高クラスです。ただシナリオ的にはちと盛り上がりに欠けるかなと。ノリもぷりっちのほうがよかったような。でも最大の要因は声です。サブの豪華さに対してロロット・ナナカが微妙すぎる…CV非公開とは言えエロのうまさからして合格なのは聖沙とリアくらいですよ。結局やり切れたのはバトル要素のおかげで、早く次のバトル来いとずっと思ってましたw。パズルゲームっぽいのでかなりはまりましたね。HARDは運要素もかなり含んでいるのでコンプはまだですけど。その他演出やおまけなどはかなり豊富で全体としては期待は裏切らない出来でした。キャラの誕生日に起動したらおまけとかがんばりすぎでしょw

ランキング
聖沙>リア>ナナカ=アゼル>ロロット
バッキー>サリー>>紫央>エミリナ>さっちん>>執事=司書=和菓子

総プレイ時間75時間+(バトル遊び)9時間 200時間は遠すぎ…

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「ティンクル☆くるせいだーす」感想 中編
2008-12-12 Fri 21:37
前編より
引き続きクルくる。話は普通だけどバトルが面白くて時間が喰われます。とりあえずおまけを残してメインの5人がここで終了です。

聖沙。勝負大好きツンデレツイン。
ある意味一番期待していたので3番手です。暴走巫女の紫央がペア。勝負で切磋琢磨しつつ意外と乙女チックな部分でシンを見始めたところでナナカが…。それを乗り越えるあたりさっちんやバッキーがちょいヤマ。けっこう悶える展開ですね。

リア。ほんわか元生徒会長。
巨乳なので最後ですw。ペアは和菓子クラブの部長さんかな。ともにあこがれあう関係なわけで甘々な展開。キャラ的には一番魅力があるのでそれでいいのかもですね。仲間力がヤマという感じ。

アゼル。すべての元凶的天使。
ルート固定のためラストに回しました。一匹狼なのでペアとかなしで。舞台裏が全体的に明らかになるので最後でよかったです。無口で素っ気ないキャラを調教する展開。予想通りでしたがパスワードがヤマですね。CVはどんちゃんなの?

バトルのコツ。
序盤でソルティアが倒せなくてさっぱり進みませんでしたw。ノーマルは簡単なんですが練習でやってるハードは必殺技を使えない時期は特に運要素が強すぎる…。今のところ11と13が鬼門です。で、コツですが、なるべくランブル勝利とHIT数をかせぐユニゾンでスタン狙いくらいw。あとはいかにマスを合わせるかに慣れることですね。

現プレイ時間63時間半 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「ティンクル☆くるせいだーす」感想 前編
2008-11-27 Thu 21:37
9月末ソフトより、ぱじゃまソフト姉妹ブランド・リリアンよりてぃんくるクルセイダース。
待ちに待ったという感じですが、さらに結局プレイ開始はこんな時期ですよw。ゲーム性といい原画といい完全にぷりっちの流れを汲んでいるので期待大、ということでプレイ開始です。

共通は10月10日までで初回プレイ時は6時間ほど。そのあとはキャラをひたすら選択する展開で+5時間ほどで2ndOP、+3時間ほどで3rdOP、+5時間ほどでEDという感じ。ルート固定は1周目のみアゼルの攻略不可以外は特に無し。私的攻略順はOPの登場順でナナカ、ロロット、ミサ、リア、アゼル、その他という感じにしようかなと。

ナナカ。そばな幼なじみ。
明らかに恋してる感じなので最初です。さっちんがペアかな。予想通り素直になれなくて~な話。前半はお菓子に関する意地でヤマ。後半はいじらしくもやもやな所とシンのかっこよさでヤマといったところ。完全にHが後付なのがある意味残念か。

ロロット。どうみても天使です。
声とキャラがあんまりなのでさっさと2番で消化ですね。天使友達がペアかな。毒舌ですが一応世間知らずキャラw。前半は天使仲間の話でちょいヤマ。後半は恋に目覚めてちょいヤマ。キャラ萌があまりないのでヤマも小さめです。

わいわい盛り上がるのとバトルメインなので長さの割にいいヤマはない感じですね。それに敵がいて倒す展開なのであまり各キャラで話すことがないw。あとバトルにはまってやばいですw。私的バトル攻略は中編にて。

現プレイ時間29時間 中編へ

この時期にこのプレイ時間やべぇぇ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「とっぱら ~ざしきわらしのはなし~」感想 後編
2008-11-16 Sun 21:36
前編中編より

残すはもう一人のメイン貧乏神とトゥルーなはずのミドリです。

幸子。大喰らいの貧乏神。
貧乏神であるが故の困難に立ち向かう話。ラストはお決まりのミドリネタですが、まさかの展開となんだかんだいいやつなところがヤマ。厄が落ちた幸子はGJ。

ミドリ。すべての発端座敷童。
トゥルーというほどではなくほとんど美影ルートでラストが違うだけ。展開は同じなのにそれでもヤマ。でも美影ルートのほうが好きだったかも?

総評。
座敷童の話というだけあってミドリネタがあざとすぎますだがそれがいいw。各キャラ2時間ちょっとくらいと短めで主人公が立ち直る展開が同じすぎでしたが、予想以上に瞬発力があってヤマも多くてよかったです。でも読んでるとおなかが空いてくるのはどうにかなりませんかw。OPEDも結構好きですね。スシスキヤキー。あとシステム的にはHシーンの時だけクリック時音声カットをしない仕様はかなり好感触です。キャラメルBOXは初でしたがこれは総合的にあなどれないメーカーだと感じましたよ。

ランキング
美影(≒ミドリ)>幸子=藤花>穂波=佐久夜=千鶴美>瀬織>イソラ

総プレイ時間24時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「とっぱら ~ざしきわらしのはなし~」感想 中編
2008-11-08 Sat 21:35
前編より
引き続きとっぱらです。なんだか全キャラにミドリがヤマとわかってきましたw

千鶴美。ちょっとお馬鹿な小動物。
なくした記憶を取り戻してやろうとする話。意外とわからなかったその正体に対する決意がヤマ。正体はどうかと思いましたが無垢キャラはやはり強いのですよw

佐久夜。占い駄菓子屋牛女。
占ってしまったよくない未来をなんとかする話。牛さんの健気さに対するおばあちゃんとやっぱりミドリがヤマ。あと残念ながら乳はでませんw

イソラ。男勝りな河童。
というか河童には性別がないというを最後まで引きずってしまったせいで変な気分にw。話も他と違った余韻形のラストでヤマではないですがライターの違いが表れてますか。

穂波。唯一の人間。
イソラからちょっと分岐するおまけ程度…と思ったら3回も致しましたw。ヤマは特になく終わりもしっくりきませんが、だだ甘で音ちんファンとしては十分満足させてもらいました。

現プレイ時間21時間 後編で最後

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「とっぱら ~ざしきわらしのはなし~」感想 前編
2008-11-04 Tue 21:34
9月末ソフトより、キャラメルBOXの姉妹ブランドいちご味のとっぱら。
発売日にメディオ祭行ったわけですが、その場でのデモムービーに完全にやられましたw。本命を連発するのは好きじゃないってのもあり、クルくるの前に軽い気持ちでプレイ開始です。

軽いあらすじ。
妖怪が家にわんさかやってくるにぎやかな感じかと思ったら、座敷童に裏切られて妖怪嫌い人間不信の主人公がうまいこと立ち直っていくというちょい重設定でしたw。共通は各キャラ紹介が終わり幸子が合流するあたりまでで2時間ほど。ルート固定は座敷童のみラストの仕様でプレイ順は気が赴くままに。私的推奨攻略順は美影、瀬織、藤花、千鶴美、佐久夜、イソラ、穂波、幸子、ミドリ。

美影。どうみてもミドリな影女。
まさに予想通りの展開ですが声でわかるものはしょうがないw。それでも許すとか告白とか正体を明かすとかヤマなものはヤマです。

瀬織。ホームレス橋姫。
妖怪の生い立ち上恋ができない橋姫を変えてやろうとする話。年の功で瀬織のほうに余裕がありすぎなので主人公が立ち直る以外に特にヤマはなし。

藤花。男嫌いな妖狐。
いい狐になろうとする藤花を男嫌いを克服させつつ助けてやる話。お付の鈴がまきさんでいい味だしてますがまさかHまであるとはw。鈴と藤花の過去と結局はミドリでヤマw。

現プレイ時間12時間半 中編へ続く

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「さくらんぼシュトラッセ」感想
2008-10-30 Thu 21:34
8月末ソフトより、ぱれっとのさくらっせFD。
わざわざ夏コミで買ったのに一般販売時期もすっ飛ばして10月末ですw。さくらっせはかなりよかったですからね、スクリーンショットで本編を復習しつつ期待をふくらませてプレイ開始です。

構成はいたって単純、各キャラのアフターストーリーが一つずつでそれぞれ2時間ほど。その中にHシーンは各2回です。その他のおまけはゲスト壁紙とか立ち絵ビューアーとかスタッフルームとかで目立ったものはありません。とりあえず本編と同じ順番でやっていくことにします。

優佳。
ロリ化してしまった姉におびえまくる話。優佳の気持ちと公園でのオチあたりがヤマですかね。裸エプロンとロリお風呂というお約束シーン。それにしてもロリはずるすぎるwずっとのびるちゃんのターンですよw。

かりん。
かりんの両親と遭遇する話。プロポーズとか認めてもらうあたりがヤマですね。ただかりんがすぐ笑いにもっていっちゃいますけどw。かりんだけ選択肢有で水着と全裸差分CGwパパの声がおぎさんだし、かりんママもかわいいし、かなりおいしいルートです。

マリー。
おばあちゃんが来日して結婚式をする話。ばあちゃんにそれぞれ認めてもらうあたりと結婚式がヤマですね。魔女姿とウェディングドレスでH。クラウディアが相変わらずいい味だしますw。

ルウリィ。
飼い主瑠璃子との三角関係な話。ルウリィが悩むあたりとそれが解決していい方向に落ち着くあたりがヤマ。主導権を奪い合う踏みつけだったり猫舌だったりSっ気なHです。でもクリス出すぎだよw

総評。
短いかなとは思いましたがFDとしてはこれで十分。ストーリーはエロあり涙ありでかなり満足です。ランキングはFDの話のみですが順位が変動ですよきゃっほうw。他のおまけ的要素がもう少しあってもよかったかも?ミニゲームとかハーレムエンドとかサブキャラルートとか。実はぱれっとの初FDということでそこらへんはこれからのFDに期待ですかね。スタッフルームの新作ってなんだろうと思ったらましろ色シンフォニーすっかり忘れてましたwテックで公開する時期まで積んでしまうとは。

ランキング
かりん>優佳=ルウリィ>マリー

総プレイ時間 8時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「てとてトライオン!」感想 後編
2008-10-26 Sun 21:28
前編より
残すはメインぽい夏海とそのペアルートの会長。非常に楽しいので一気にいきましたよ。

一乃。我らが生徒会長。
コンビは個人的にイチオシの芹菜さん。第一校舎に対するトライオンの話。会長の昔話でちょいヤマがいくつか。直球に弱く初心なあたりキャラ的エロ的には一番だったかも。キャラの魅力が出てたのがちゃんと人気投票にも表れてますね。

夏海。ムードメーカーな暴走人魚。
コンビはエプロンの似合うちーさん。洞窟でのトライオンの話。メインと思ったのでラストです。とはいえヤマは少なめで周囲の気遣いですね。元から過剰なスキンシップでしたがかなりのバカップルw。あとそこはかとなくひだまりが思い出されますw

獅子ヶ崎の声。
30分ほどの総括おまけ。真骨頂のドタバタ話ですが舞台裏を明らかにしてなかなかすっきりさせてくれます。

総評。
楽しかった。いや、なんか久しぶりに鬱要素がないのをやった気がしましてw。トンデモ展開が無いイイ話成分だけですっきりしたのはNG恋以来かも。常に仲間がいい味出してくれるし、ドタバタも科学的で好きなノリです。よかったぁと言える名作に仲間入り。絵的にも文句なし、あとこの塗りってムービーにすごく合ってる気がする。最後に一言、芹菜さんは俺の嫁!出てくるたびにいじめて欲しいと思ってしまう俺ドMwやはりおかっぱに弱いんだぜ。ただFDとか期待できないのがPULLTOP…しかしドラマCDには期待です。

ランキング
鈴姫>夏海>一乃=手鞠

総プレイ時間32時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「てとてトライオン!」感想 前編
2008-10-18 Sat 21:27
8月末ソフトより、PULLTOPのテトテトライオン。
たけやまさみラインは絵買いする価値はあると思うのですよw。前作のプリンセスワルツはちょっとだけ微妙な感じでしたが、正統派学園物ならお願いお星様みたいに期待できる。というわけでプレイ開始です。

共通は13日のガードロボ大暴走の事件までで6時間ほど。選択肢は最小限でルート固定は特になし。個別ルートはたっぷり各7時間ほど。私的攻略順はメインぽい夏海を最後にして手鞠→鈴姫→一乃→夏海。最後におまけ的エピソード獅子ヶ崎の声で終了です。

手鞠。てままーなコンピュータ担当。
コンビはゆかり嬢の鷹子です。中央管理室に対するトライオンの話。最初から積極的なので1番目。完全に依存している鷹子との関係でヤマとちょいヤマがいくつか。鷹ちゃんの見守り具合とお約束の展開は嫌いじゃないですよw。

鈴姫。ツンツンした警備担当。
コンビは影の薄い優ッス。森の秘境に対するトライオンの話。手鞠とペアのルートなので2番目です。まさかの関係でツンだった分大惨事に発展しつつも、期待通りの展開をするのがヤマヤマ。そんな起伏が激しく最後まで行くのでいいところが多いです。

現プレイ時間19時間半 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「5-ファイブ-」感想 後編
2008-10-09 Thu 21:26
前編より
残すは街側ルートの姉妹とトゥルー。妹のほうがトゥルーに近いので姉からやっていきますよと。

禰音。真面目な巫女姉。
瞬間沸騰なうぶっぽさがありますが一番Hの数が多いですw。これもけっこう展開は読めたんですがラストの背景はそれでもヤマでした。まったく救われませんが…

ほのか。ほにょなロリ娘。
そこで終わるのかというトゥルーへの布石なラスト。おっさんとクマさんがヤマを演出します。っていうかずるすぎるネタですねw。まぁそういうの好きなのでいいんですが。

5。ほのかルートを基にしたトゥルールート。
過去描写以外はほとんどスキップできてヤマもだいたいほのかルートのもの。過去に起こったすべての原因とその解決へ。それぞれが救われる描写はありませんがだいぶすっきり。千歳を見てからほのかを見るとまた違ったものがありますね。

総評。
なかなかよい鬱ゲでした。ギャグもまぁ飽きない程度にそこそこ。しかし飛ばし気味でやってしまったのでヤマは全体的に低めです。トゥルーでの救われっぷりがもう少しはっきりしてるともっとよかったんですが。あとH1回にCG5枚くらい贅沢に使うんですけど差分CGがないし短いしでエロいらないんじゃねと。それに加えて雪国の家庭的な雰囲気とあと音楽もそうかもですがそこはかとなくKanonっぽい。劣化版ですが、それくらいなんか古いっぽい出来なんですよね。オキクルのCGでもなえたし…やはり自分は最近やつの方が好みなんでさーせんってことで。

ランキング
愛璃>千歳>ほのか>楓=禰音

総プレイ時間16時間半(声は飛ばし気味)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「5-ファイブ-」感想 前編
2008-09-29 Mon 21:25
7月末ソフトより、RAMのファイブ。
音楽が麻枝さんや折戸さん、シナリオが魁さん絡みなど限りなく鍵臭がするこれw。発売が近づいてKeyらじでとりあげられるまでまったく気にしてませんでしたが。絵と声が目に入らないタイプのものだったので仕方がないですが、たまには鬱のターンということでプレイ開始です。

共通は北国生活11日目のお泊り会終了あたりまでで3時間くらい。ヒロイン4人の攻略後にトゥルーが出現する仕様なので私的攻略順は、まず絡みまくりの妹、次に牧場側の楓さん、そして街側の禰音、トゥルーに一番近いほのか、という順にします。

愛璃。やかまし系妹。
久しぶりの新堂さんの気がする。魁さんっぽいなぁという展開でまさかの逆とは…。なかなかの鬱度。その分ラストの花言葉や日記あたりがけっこうなヤマです。すっきりはしませんがあざといエンドは嫌いじゃないですよ。

楓。おっとり系年上さん。
天然入ってるので笑い分が少し多めかな。展開が読めた分ちょっとヤマは小さめですが、コロポックル関係で2つほど。これもすっきりしない鬱展開であぁっと終ってしまいます。

この鬱具合たまりませんねw。しかしトゥルーで救われるパターンを希望ですよ。

現プレイ時間7時間半(声は飛ばし気味) 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「タユタマ」感想 後編
2008-09-22 Mon 21:25
前半より
残すは本命らしいましろとお嬢様。共通が多すぎなのであとでやればやるほどスキップで楽チンです。

美冬。世界のお嬢様。
喧嘩して仲直りするあたりが最大のヤマですね。あとはちょい重だったり、監督生らしくかっこいいところをさりげなく見せるあたりもいい感じ。それはともかく静さんってだけでポイント高いのは内緒だw。

ましろ。メインのタユタイ様。
3強を倒したあとの個別ルートはヤマの連続。やはりいい娘の話は自然と盛り上がりますねw。ラストは変な展開にもならずすっきりとハッピーエンド。最後の最後はもう少し盛り上げようがある気がしますが最後にやったのは正解でした。

おまけ。10分くらいのが二つ。
一つはタユタイの1日、もといアズの視点で適当に猫である。しかしナーサリィを知らないのでなんとも言えない微妙さ…。もう一つはましろの先祖と八街の出会い。短いですがちょいヤマくらいはありました。

総評。
ほどほどな期待だったのですが、ギャグありヤマありで想像以上によかったです。ほとんど共通なのにさりげない変化に力入れすぎですよw。しかしそれでこそ、この共通文量でも納得させてくれます。随所に入るHシーンもただやるだけじゃなくて意味のある存在になってるのもいいですね。しゃべりすぎで実用性はあまりありませんがw。システム的にはシーン録画とかBGMプレーヤーとか目新しい機能があったのは面白い。でも使わない機能ですがwあと青丘以来のBGM名が表示されるやつだったのが残念かな。おまけもなぁ…、先祖のほうはシナリオに入れた方が好きだし、アズのほうは知らないと微妙すぎる。Lumpはあまりおまけに期待してはいけないようです。

ランキング
アメリ>ましろ>美冬>ゆみな

総プレイ時間21時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「MARIONETTE ZERO」感想
2008-09-17 Wed 21:23
8月末ソフトより、Tail WindのMARIONETTE ZERO。今は亡きCarrièreが出した名作MARIONETTEの昔話。最近ゼロで昔話っていうネタ多い気がしますねw。とりあえずタユタマの合間に抜きゲのつもりでさらっとクリアしたので軽めの感想です。

前作はいつぞやの電撃姫のオススメ作品として紹介されたのがきっかけでやりました。糸を使って人を操るという能力に目覚めた主人公が同じ糸使いと戦って能力を奪っていくという展開で、赤・青・紫・白と糸の色で能力が異なって結構熱いバトルをやってくれます。おまけに主人公の声があの緑川光さんでしてね。排泄することを許可する、なんて痺れる台詞をはいてくれるダークで知的な主人公なんですよ。

今回の話はその1万2千年前でまったく別世界。主人公は一国の王子で糸の力で戦争を終結に導くみたいな展開です。一応糸の起源を明かすというのがコンセプト。基本的に一本道でヒロインエンドっぽいのは一つか二つしかありません。正直あらすじには期待していなくてですねw糸の特性を使った頭脳戦と能力によるHシーンが見たかったんですよw。

バトル。
選択肢に時間制限が付いてスピーディに、ですがスキップは快適でセーブはいつでもできるので面倒なだけだったりw。いちおう各色の糸使いとの戦いがあるのですが最強の白を最初から主人公が持っているので最弱から成長するって感じがないのがなぁ…。あと糸vs糸より戦争してる感じが多いのも期待外れ。

Hシーン。
糸で性感を高めたり女体化させたりってのは健在だったのですが、こう精神的にじわじわ来るやつがなかったのが残念。バッドエンドはまだマシなんですけど、尺も短いし糸を使ったシーンも比率的に少ないとなると無念と言わざるを得ない。

総評。
なつかしくはあったのですが残念な出来かな。主人公が正義よりのせいで期待した能力Hシーンが少なかったせいかもw。それとも前作を美化しすぎなんでしょうか?前作はじわじわ来るものがあったはずなのですが。でも戦闘描写はすごい力押しであまりおもしろくなかったのはたしかです。やはり主人公は弱いのがいいw。そんなわけで前作のほうがいろいろとオススメです。

総プレイ時間6時間(かなり飛ばし気味)

追記(11/14):オンライン投稿小説が前作の原作だったの最近知りました(四方山話よりw)。文章はゲームそのままなので小説に抵抗が無い人は読んでみて欲しいですね。E=mC^2さんとこのt-kun作品から読めます。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「タユタマ」感想 前編
2008-09-10 Wed 21:22
7月ソフトより、Lump of Sugerのタユタマ。
いつ空は小難しい文章がちょっと苦手だったりしたのですが、るい智とは違う明るいノリと聞きなれた声のゲームがやりたかったのでチョイス。メイン以外いらねみたいな評判が多いみたいですが気楽にプレイ開始です。

共通はましろの告白を受けるかどうかまでで一段落。そのあと応龍、鳳凰、鵺の三強との対決がほぼ同じ内容でルートによって順番が前後するだけ、でさらに+30分くらいでエンディングというほとんど共通な内容。推奨攻略順はアメリ→美冬→ゆみな→ましろ。まぁ個人的には振るわけにはいかないアメリ最初でましろが最後ならOKという感じです。

アメリ。わがまま幼なじみ。
主人公のトラウマの真相、エピローグあたりが最大のヤマです。さらに相方の応龍もちょいヤマを演出したりとなかなかのすっきり感。アメリ・主人公ともにたまに空気読めない感じがイラっとしたりもしたんですが、理由がわかれば気にならなくなるので最初推奨ですw。

ゆみな。泣き虫系義妹。
本当の両親の話なんかがちょいヤマ程度で泣き虫のくせに泣き度は低いです。しかしアメリとは違った方向ですっきり。あとはノリだけじゃなく中の人ががんばってるので笑い成分が多しwHシーンでも笑かさないでくださいw。

現プレイ時間13時間 後編はあとで

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「るいは智を呼ぶ」感想 後編
2008-09-04 Thu 21:22
前編より
残すは年少組で声が一番なこよりと最終ルート固定の茜子。だんだん波に乗ってきましたよと。

こより。小動物的ローラー娘。
やはり鷹月さんは別格だなと。ピンク・ポッチーズとして姉の企業と戦う話。過去がらみはさらっとして姉がらみでちょいヤマってところです。しかしHシーンが茉莉(家計)過ぎて吹いたww。

茜子。毒舌系ひねくれ娘。
ルート固定で呪いとか恵とか記者とか姉とか企業とかだいたいすべてを解決する話。いろんな裏が明らかになって恵の話がちょいヤマ2つくらい。しかしなぜ茜子が最後なのかがわからない…能力のせい?

総評。
んー、最後までやれたのは短いからかなという感じ。やって損したとは言いませんが自分は人には薦めないですね。なぜかというとキャラに魅力が少ないから(主に声的にw)。茜子ルートも最後の最後ですっきりしきれないのもなぁ…。小ネタも各ルートで使いまわされてたりで、個別と共通をもう少しうまくつなげて欲しいかな。あとは表現が回りくどいんですよね。倒置法好き?小難しい文章が好きな人は気に入るかもしれません。これは次作も様子見せざるを得ないか。

ランキング
こより>茜子>るい=花鶏=伊代

総プレイ時間18時間半(飛ばし気味)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「るいは智を呼ぶ」感想 前編
2008-08-26 Tue 21:21
6月末ソフトより、暁WORKSのるいとも。
処女作のサダメも気にはしていたんですが時間の都合でスルー、だったはず。シナリオがみかづき紅月氏だったとはいまさら気になっているw。それはともかく評判と呪いと能力という設定にひかれてるい智の方をプレイ開始です。

共通は全員と出会って結束し、街レースが終わるところまでで4時間半くらい。個別は各3時間くらいといった感じかな。ルート固定で最初はるい、最後は茜子。残りは適当にいけるみたいですがネタバレ的に推奨攻略順は花鶏、こより、伊代。ですがモチベーションを上げるため伊代とこよりを逆にしました。なにが優先されているかはお察しくださいw。

るい。馬鹿力の腹ペコ娘。
呪いを解こうとしつつ暴力団と戦う展開?呪いを踏む怖さを教える意味で最初固定なのでしょう。両親との確執の話でヤマは予想通りとはいえ十分なものが一つ。そのあとが意外と長くてちょっと燃え成分を補給。

花鶏。孤高クールなツンツン。
呪いを解く鍵となる本に固執する話。レズキャラが男に溺れる様を楽しみますか?ピンチを乗り越えたあとに弱さをみせる辺りがちょいヤマ程度。プライド高すぎな当たりがちょっと好みではなかったか。

伊代。KYな眼鏡委員長タイプ。
なぜ眼鏡キャラは乳がでかいのでしょうかw。呪いの秘密にかなり迫って黒幕登場みたいな展開。しかしその代わりかヤマ的なところは特になし。黒板がちょいヤマくらいですかね。

あまり泣き成分は多くないせいか飛ばしぎみですが。短いからいっかな。

現プレイ時間11時間半 後編へ続く

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「プリンセスラバー!」感想 後編
2008-08-14 Thu 21:19
前半より
残すはツンな剣士と部長さん。ヤマはあまりたいしたことはなくエロス分が多めでてこずりましたがようやく終了ですw

シルヴィア。某セイバーのような甲冑です
が強そうに見えて意外と脆いです。ていうかすぐデレw剣士らしく信念の話、ですがむしろ家族構成の子安さんとシュトラッセさんのほうが印象強すぎw。そんなお父さんと妹がちょいヤマです。最近FAといいあまり期待していなかった楠さんに見返されるパターンが多いなぁ。

聖華。わけありで嫌われている部長さん。
お嬢様の中では庶民に近い?実はメインなのかルートも一番長かったです。やっぱりすぐデレるんですがずっとツンデレモードなのはいいですねw。しかし主人公がヘタレてヤマ的にはたいしたことないのが残念か。

総評。
これはよい抜きゲですね。一人のルートに7回もHがあって4時間程度ではシナリオはしかたないなって感じです。しかしキャラ作りはよかったのでそっちに伸ばしていけばいいんじゃないでしょうか。サブキャラもいい味出していたのでね(主に声的にw)。個人的に好きな絵師だったので抜きゲとして立派にその役目は果たしてくれました。ちょっと立ち絵に違和感は残る感じはしましたけど、お得意のSD絵もあったし新たなおもらしメーカーの誕生ですよw。最後にシステム周り?そういうのが軽快というか斬新というかいいプログラマ入れてるなとw。メモリは食ってますが最近のスペックなら問題ないでしょう。次回作以降も期待ですよ。

ランキング
シルヴィア=聖華>シャルロット>優

総プレイ時間22時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「プリンセスラバー!」感想 前編
2008-08-05 Tue 21:19
6月末ソフトより、Ricottaのデビュー作プリンセスラバー!。
同人のときから注目していたこもりけい氏が初原画。この人のエロ絵はつぼなのですよ。これはいろいろなところに期待せざるを得ないwと思いつつプレイ開始です。

共通は社交部入部試験あたりまでで2時間半くらい。ルート固定は特になく、誰に頼るかでルートが決まってきます。とりあえず最初から優しいシャル、優からやることにしてツン側のシルヴィと聖華は後編にまわします。

シャルロット。かざねーさんのおっとり姫様。
この人の執事がきみあるでも執事の大佐の中の人ですw。一国のお姫様と一企業の跡取りという身分差に悩む王道展開。話的には全部じいさんたちによるちょいヤマがいくつか。かなりエロ寄りなので盛り上がりには期待しないほうがよさげかな。Hのほうは期待を裏切らない出来ですがw

優。よく出来たメイドさん。
なんか結先生は久しぶりな気がします。過去にワケあり、と思わせつつ何もなくこれまたメイドと主人の身分差に悩む展開。またもじいさんによるちょいヤマが少々。ヤマの数もシャルより少ないですね。しかしけもこも屋お得意のHシーンでついに暴れ鈴木がktkrですよww。

うーむ、これはよい抜きゲwおかげで進みが遅いのなんのってorz

現プレイ時間13時間 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「G線上の魔王」感想 後編
2008-07-27 Sun 21:18
前編より
残すは水羽とメインディッシュのハルです。まっすぐハルルートを目指してても12時間くらいで意外と長いですね。やはり寄り道しながらが正解のようですよ。それでは続きです。

4章、水羽。人質にされるクラスメイト。
実は超デレだった水羽は笑い分多めですw。北都さんがいい味だしてます。警察を呼ぶか呼ばないかで分岐しますが意外と5章へのつなぎが長いですね。個別ルートでは姉との再会がヤマ。事件的には捻りはほどほどといったところ。

5章、ハル。魔王に陥れられる勇者様。
BADはなく一本道。ハルと魔王の因縁が明らかになるなど過去ネタの連続。そして事件は核心へ向かいまさに地獄絵図な展開。どちらかというと熱い展開に寄りがちですが駆けつけたハルあたりはヤマです。一件落着したところで最終章へ。

最終章。
ドアを開けたところでまさかの展開。エピローグ的な最後の事件へと繋がります。全員集合でヤマヤマヤマ。とどめのナデナデですっきりENDです。

総評。
延期しただけに完成度は高いと思います。特別大きいヤマはなかったものの数的にはまずまず。どちらかというと力を入れてきたのは事件での捻りのほうでそちらも数・質ともに十分です。そしてなんだってーというあかべぇお得意の驚愕展開は健在。ただあわせてなかなかよかったなという程度の評価になってしまうんですけどねw。車輪のような一本道枝分かれシステムも全員とやってしまうようで違和感あったんですけど、事件がぽんぽん起きるタイプではそのほうが厚みがでていいのかも。でも1つの事件で1キャラルートはちょっと冗長に感じたのでテンポがもう少しいいとよかったですかね。あとENDロールも全員分用意してもよかったのでは?END曲を一回くらいしか聞いてないw。脇役の金田さんはいい演技してましたw。

ランキング
ハル>花音>水羽>椿姫

総プレイ時間 26時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「G線上の魔王」感想 前編
2008-07-17 Thu 21:16
5月末ソフトより、あかべぇそふとつぅの正統な新作G線上の魔王。
けっこうな延期の末にようやくお目見えです。たしか半年以上かかった気がしますがそれだけに評価はなかなかよろしいようで後回しにしてましたがようやくプレイ開始です。

やり始めて思い出してきましたがあかべぇのルート構成は大筋が一本道で各キャラのENDには途中で分岐する構成です。NG恋と同じですね。そんなわけでBADが先かキャラENDが先か程度で攻略順には困りません。まずは導入部分の一章終わりのOPまでが3時間程度。

2章、椿姫編。地上げに遭っているクラスメイト。
弟を抱きしめる辺りが一つのヤマで、そのあたりで本編とキャラENDに分岐します。本編なら30分程度で次章へ、個別ENDなら4時間ほど。椿姫ENDだとちょい甘い展開とHのあと軽いヤマが一つくらい。どちらかというと魔王の事件性を楽しむ感じで二転三転する展開はおもしろです。

3章、花音編。脅迫されるフィギュアスケート妹。
事件の途中でルート分岐。構成の長さは椿姫編と同じくらいです。事件を解決しながら母子関係のヤマが2つくらい。あんまり甘い展開はないですがふだんからべったりな妹なのでそんなものかも?事件的には2章より動きは少ないですが相変わらず捻ってはあります。

現プレイ時間17時間半 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「ef -the latter tale.」感想 後編
2008-07-06 Sun 21:14
前編より
残すはミズキルートの結末と優子編。おまえは誰だ…、としびれる台詞で始まり始まり。

優子編。謎が謎を呼ぶ年上系。
優子と火村と久瀬と凪の学生時代の話ですが、いやー参りましたよw。優子の告白と紙飛行機と腕時計。この重さは久しぶりにたまりませんねw。でも嫌いじゃないですよ。しかし本当のヤマは子供ミズキが絡んでくる13章以降の夕編にありました…。天使の階段と最後の約束は久しぶりの大きいヤマです。意外と長い優子編はこのためにあったなって感じですね。

最終章。
過去の話から現代に戻ってお前は誰だの続きです。いろいろとヤマもありつつミズキは久瀬とくっついてめでたし。さらに丘の上の風景でしびれつつ、最終的に優子と火村が教会でしゃべっていたところに行き着きます。そして長かった語りに終止符。なかなか好みの分かれるENDの気がしますが自分はいい感じに終わったなと思いました。

総評。
first tale.みたいなのを想像してたら想像以上に破壊力がありました。やはり物語は完結するにかぎりますねw。2分割だからこそできた圧倒的CG枚数と演出は類まれなる出来です。まぁ最後までやってこその評価なんですけどね。正直優子とミズキ編がすべてですよw。そういう意味でアニメ1期は復習にちょうどよかったです。システムは苦手なシーン巻き戻しだけ普通のバックログにしてほしかったなというところ。OPはやはり悠久の翼に限りますが終わったあと見てみると2ndOPも悪くないかも。最後にもうアニメ2期の話が出てきましたが優子編とか大丈夫なんだろうか…まぁ本編やったあとなんで軽く本編を思い出させてくれればいいや程度に期待しておくことにします。

ランキング
ミズキ>優子>千尋

総プレイ時間20時間

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「ef - the latter tale.」感想 前編
2008-06-27 Fri 21:13
5月末ソフトより、minoriのefの後編がようやくお目見えです。
途中でアニメ化などあったりしてfirst taleは1年半ほど前なのですがサイクルとしてはけっこう普通で待たされた感じがしません。firstは正直微妙という感想だったのですが、やっぱり終わり方がずるかったw。クオリティは文句なし、優子の謎に期待してレッツプレイ。

またも優子と火村の語りから入ります。これは完全にfirstの続きですね。一本道なのでわかりやすくていいですね。

千尋編。記憶を失う眼帯少女。
アニメでやっちゃったからどうかなぁと思っていたのですが、案の定ほとんど同じでしたw。それでも意外とぐっときてしまったところがちらほら。しかしそこで終わるのか?というところでミズキ編へ。一応選択肢でBADにも分岐するのですがENDまで意外と長くて意味がないのでキスはしないでまっすぐENDまでたどりついたほうがいいと思います。

ミズキ編。元気がとりえの子犬系。
千尋編の半年後、OPムービーが入って始まります。それにしてもミズキは立ち絵のにぎやかさがあっていいですねw。そこで終わるのかと思った千尋編をこちらで補完。一ヶ所だけですがぐっとくるところはちゃんときました。というかHもなしでまったくミズキ編が完結してないwやはりそこで終わるのかというところで優子編へ。

千尋編でわかるとおり、章で完全に区切れてないようなので優子編をやらないことにはいかんとも言いがたいのでそれは後編で。

現プレイ時間12時間 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 狙撃者のひとりごとR | NEXT