最新記事

「Clover Point」感想 後編
2008-05-26 Mon 21:36
前編より

引き続きCloverPointです。あとは前評判が最もいい夜夜とルート固定のシロツメさん。

夜々。超べったり系妹。
そうなんじゃないかなぁと思ったとおり二人の過去関係の話。ただ自分にはちょっとヤマがつかみづらくてちょいヤマ程度。だだ甘な展開はすごいよかったし、後半重くあざとくする感じは嫌いじゃないはずだったんですが、主人公が関係についてうだうだ悩むのがしっくりこなかったんですよね。ゲームなんだからええじゃないかと。

シロツメさん。不思議系お姉さん。
なんとか妖精らしく予定調和を保とうとするけどなびいちゃう話w。夜々の話があーだったおかげでこっちのほうがいろいろとすっきりです。いいキャラしてますよほんとw。短めですがヤマはしっかり、いちゃいちゃしっかりでよかったですね。

総評。
非常にすっきりとした後味w。話もギャグもそこそこでそれなりに盛り上がるしえちぃも濃いというか多めなのは評価できます。期待した通り久しぶりにバカップル分を補充できたところは満足です。ただ好みのキャラである夜々と真星のシナリオに限って合わなかったのは残念かな。その他キャラのほうがシナリオよかった気がするんですよね…好感度つけづらいんですけどw。あと先生は典型的なダメ先生なんですが、しめる所はしめてくれないとむかつくキャラで終わってしまうのでやめて欲しいなー。とはいってもMeteorさんお疲れ様でした。これからってとこだっただけに惜しかったですね。

ランキング
シロツメ>美緒里=夜々>真星>月音

総プレイ時間20時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「Clover Point」感想 前編
2008-05-18 Sun 21:35
少し昔、去年の12月ソフトよりMeteorのCloverPointです。
4月末の唐突な解散でコレがMeteorの最終作になってしまいました…。ブランド自体はロミオシナリオの神樹の館で衝撃デビューをしたんですがその後がどうしてもぱっとしなかった印象。そもそも神樹もそんなではなかったかな?w。しかし絵的にもぐっと進化してきたところだっただけに微妙に残念ではあります。弔いではないですが混頭をやる前に12RIVENとは正反対方向のソフトを探していて意外と評判がよかったこれにしました。

共通は劇のためにいろいろと奔走しなんとかしてからクリスマスパーティを終えるところまで。途中で選択肢が一つ入るだけという男らしい構成です。攻略順はシロツメさんだけ最後になるルート固定で他の4人は気の赴くままに、評判のいい夜々を最後にすることにしてプレイ開始。

月音。しっかり姐御的先輩。
絵を描かない理由あたりの話で、画材一同のところがそれなりのヤマとして一つ。いやそれにしてもやりまくりですねw。しかし回想に追加されないものも多いというか逃避の意味合いが強いのでいちゃいちゃとしては弱いのがちょっと残念な部分も少々。

美緒里。小銭大好き後輩お姉ちゃん。
なぜ小銭を集めているのかという部分を踏み込んで弟の話。先輩なのに弟として扱われるとか意外と悪くないw。Hあたりはいちゃいちゃなのかと疑問が出てきますが、オチ的にはけっこうあざといので好きです。

真星。学園アイドル的ドジっ娘。
もう一回劇をやることになりつつ過去の清算をする話。最近サブキャラばっかりだった一色さんを攻略できるってだけでなんかうれしいwロリ声がんばりましたねw。話的にはオチのせいで全体的にいちゃいちゃがどこかもどかしいのに、さらにオチが弱くて残念なかんじ。キャラはいいんですけどね。

現プレイ時間14時間 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「タイムリープ」感想 後編
2008-02-09 Sat 21:34
前編中編より

あゆむ。幼いほうの歩。
これぞメインというやつですね。どうオチをつけるのかなぁと思ったら無難なまとめ方でしたが、ヤマはそれなりです。

リアルタイムH。
とりあえず現時点ではあゆむのみ。シナリオの流れとか関係なくH1回という感じです。しかしこんなに自分で動かせることがいいとは思わなかったですね。やっぱ構図も重要な要素だということを再認識。

総評。
2.5Dという部分において違和感のない仕上がりはすばらしいです、が話的にはヤマは少なめで短いのであまりほめられたものではないですね。通常の一枚CGがムービーに当たるとは思うんですが量的には物足りないし、Hも各一回のみでシチュもあゆむ以外はぱっとしないです。今後こういう2.5Dゲームは増える気がしますが中身で勝負することを願うばかりですね。あとはたまに生じる赤目現象は改善の余地ありかなと。グラボの設定しだいでどうにかするというのはあまりユーザフレンドリーではないので。とりあえず自分は出来てないです。

ランキング
あゆむ>遥=歩>こもも=悠

総プレイ時間 24時間

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「タイムリープ」感想 中編
2008-02-04 Mon 21:34
前編より

引き続きタイムリープです。特に書きませんでしたが重さときれいさを天秤にかけて画面サイズ1024x768・アンチエイリアスx4・オプションHDR以外有効という環境でやっています。それでもけっこう画面切り替えはもたつく印象ですね。

こもも。メイドな音ちん。
一途に変態に仕えているのですが主人公とくっつく話。序盤でオチが読めるので特にヤマはありません。ギャグもそこまでではというところで音ちんで満足するためのルートです。

遥。母親よりのお姉さん。
ルートが後回しにされるだけあってなかなかおもしろい展開。めがねっ娘のくせにかわいいところがあるんだよなぁまたw。ヤマはそんなに大きくはありませんが数はありました。

現プレイ時間 20時間 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「タイムリープ」感想 前編
2008-01-30 Wed 21:33
2007年を締めくくる12月末ソフトより、フロントウイングの意欲作タイムリープです。
そう、フルアニ2.5Dってやつですね。完全に普段はスペックを持て余している新VAIO様の真価を発揮させるためだけにやったようなものですがw。とりあえずさっそくギガパッチが出てますw。意外と落とすのに手間取りましたが無事に手に入れてからレッツプレイ。

あらすじ。
タイトル通りタイムリープが話の軸になってきます。夏休みのある日、主人公たちは神社で倒れている少女を発見する。話を聞くうちにその少女は過去からタイムリープでやってきた歩(あゆむ)だと認めざるを得なくなる。果たしてあゆむは過去に帰れるのだろうか。忘れることのできない夏が始まる…というお話。

歩。現代の歩です。
過去からあゆむがやってきたことでいろいろと思うところがあるという話。素直になれない部分がすべてですが基本的にはいい娘なんですよ。ただヤマはそんなにないです。

悠。典型的妹キャラ。
早々にくっつくのですが周りが天然過ぎてもやもやさせる話。最後のほうは唐突な展開に置いてきぼりですがルート固定のため仕方がありませんでした。ヤマはちょいヤマ程度で。

現プレイ時間12時間半 中編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「Aster」感想 After編
2008-01-26 Sat 21:31
引き続きAsterです。本編は事故から立ち直るまでがメインで描かれているので実はHに到達していません。はるなと沙希にいたっては恋仲にもなっていないというw。というわけでそれぞれのAfterと最後の最後の事故回想であるAsterルートです。ただのAfterではなくてそれぞれ小さめですがまたひとヤマ設けてあるのがすばらしい。こちらも攻略順。

沙希After。
沙希に沙耶の姿を重ねているのではないかと悩む主人公の話。本編ではヘタレっぽいですが立ち直った後はほんと幸せになってほしいと思えるですよ。

雛After。
本編同様こちらも小ネタが面白いw。オチ的にはちょっと素直すぎたのでちょいヤマ程度ですが、絵本ネタはどこで見てもいいですねぇ。

はるなAfter。
こちらも小ネタがちょっと面白かった。オチが最初から見えてるのでやきもきするだけでヤマ自体はあまりないのですが、なんという包容力wお姉ちゃんだなぁ。

美幸After。
他とは逆に主人公が落ち込んでしまう話。早々にヤマが訪れて後半は首をかしげてしまう展開でしたが。

Aster。
ないのかなぁと思ったらちゃんとあった事故当時の話。もうヤマしかありませんw。

総評。
本編・Afterは各キャラそれぞれ2時間程度しかないのですがなんという瞬発力w。がっちり泣かせてもらいました。設定もかなりずるいですけどねw。あざといの好きな人なら普通にオススメできます。過去作の「君と恋して結ばれて」はやったことなかったのですが、けっこうキャラが絡んでくるので知ってたらもっと面白かっただろうなと。興味が沸くくらいいい味出してたし、日常ネタも悪くなかったです。OPも1回しか見れてないのですが、終わってみたらいい曲だったと思っている不思議。

ランキング(今回は泣き度重視)
沙希>雛>はるな>美幸

総プレイ時間22時間半(かなりかけ足です)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「Aster」感想 本編
2008-01-21 Mon 21:30
順番が前後していますが11月ソフトより、RuskのAsterです。
なんだか無性に双子ネタをやりたくなったところにコレですよw。マギウステイルと迷ったんですがやはりストーリーにひかれたのはこっち。だって片方と恋仲になってその恋人になったほうが事故で…うっ(つдT)。切羽詰ってくるほど積みゲが消化できる不思議な状態の中レッツプレイです。

一本道と聞いていたのですが実際にはいろんなルートがありました。彼女を失うことになる交通事故の加害者だったり被害者だったりする4組の男女の話。Ruskは前作もこういう形式をとっていたようです。主人公があっちこっち手を出す話ではないのがいいですね。それぞれ本編とAfterに分かれているのでまずは本編のほうから。思いついた順にやったのですがネタバレ系に関して意外といい攻略順だったと思います。

共通。
姉のほうが恋仲になって交通事故が起こるまで。わかっていても事故はヤマですよ。あざといの好きなものでw。OPが流れたところでタイトルへ。きみのぞですね。以降は事故前後の話を描く4組の話です。

雛。金髪ツイン。
事故の被害者側ですがヤマ的には主人公が男を見せるところですね。意外と小ネタがおもしろいこのルート。ミアさんがいい演技してます。

はるな。ほんわか姉さん。
どちらかというと加害者側のルート。とはいっても加害者も死んでいますので状況は同じです。ヤマは心残りとEND曲。こいつはずるいw

美幸。おどおど委員長。
病院の院長の娘です。ヤマはどうにかこうにか恋仲になってみんなに祝福されるとこかな。本編はちょっと破壊力弱めです。

沙希。双子の妹。
姉の死から主人公が立ち直るまででもうヤマの連続ですよ。立ち直った直後の事故現場が最大のヤマ場。

現プレイ時間13時間(かけ足です) After編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「明日の君と逢うために」感想 後編
2008-01-17 Thu 21:30
前編中編より

明日香。帰ってきた幼馴染。
失われた記憶をめぐるメインディッシュですよ。なんだかんだでいつものように子供ネタにやられましたw。しかしヤマ自体は数もそんなになく、大きさも微妙だったかなぁ。でも終わり方はよかったですね。

里佳。おまけ的姉。
短めですが小夜姉がらみの話をすっきりさせるお話。小夜ルートのときはどうなることかと思いましたがこれでちょっと好きになれました。ヤマの量も瑠璃子ルートと同程度かちょっと多いくらいで満足ですね。

総評。
さすが鉄板されど鉄板。ヤマの最大の大きさがそんなでもないというだけで、数的には十分だしCGも悪くない。波打ち際とか電車内とか部屋内のTVとかすばらしい背景演出。人が歩くとき揺れるのは酔うかと思いましたがw。パープルならではのこれでもかというOPアニメと曲の出来のよさ。ということでやって損はしませんがすごくいいとまでは言えないといったところ。しかしパープルはこれからも安泰だということを見せてくれたと思います。

ランキング(今回から復活。順次過去ログにも追加していきます)
里佳>瑠璃子>明日香>小夜=舞=あさひ

総プレイ時間 40時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「明日の君と逢うために」感想 中編
2008-01-13 Sun 21:29
前編より

引き続きあすきみです。ルート固定による二人が最初でしたが、今回はあまり島とか神とか関係なさそうな二人をチョイス。おいしいところを残すはメインぽい明日香と姉ですw

あさひ。不思議系ロリ先輩。
関係ないと思っていたらちゃんと島の住人でしたw。演劇を通して恋を知っていくみたいな話ですが、オチが素直すぎてちょいヤマ程度で。微妙に七海といいかんじになるのが最大の見せ場ですw。

舞。普通系バイト仲間。
これぞ普通wバイトを通じて仲良くなってというパープルお得意の手法ですが普通過ぎてちょいヤマ程度でw。かなり明日香が絡んでくるので明日香ルートの直前にやったのはよかったかもしれません。

現プレイ時間29時間半 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「明日の君と逢うために」感想 前編
2008-01-07 Mon 21:28
11月末ソフトより鉄板メーカーのパープルからあすきみです。何度も言ってますけど岩崎氏の件は大変残念ですが、新原画家とライターのコンボで立ち直ってくれることを期待してレッツプレイ。

軽いあらすじ。
主人公・修司は7年前に神隠しにあった明日香を探すために島に戻ってきた。しかし当の明日香は何食わぬ顔ですでに主人公の家に居候しており、当時の記憶をすべて失っていた…。修司は戸惑いながらも新しい生活をスタートする、、、というお話。

小夜。ツンデレ様。
裸Yシャツとかこれはよいツンデレですよw。小夜姉に関する話が軸ですが、この姉の性格が自分的にだめだったのでちょいヤマ程度です。最後の選択でENDが分かれますがどちらかというと願いをかなえるENDの方が好きですかね。

瑠璃子。病弱的後輩。
意外と普通っぽかったのに後半は設定的にヤマが連続してやってきます。あざといの大好きw。こちらも最後の選択肢でENDが分かれ甲乙つけがたいくらいですがどちらかというと手をとるENDの方が好きですね。

現プレイ時間17時間半 中編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「世界で一番NGな恋」感想 後編
2007-12-26 Wed 21:27
前編より

麻美。元妻教師。
なんだかんだ未練ありありの先生がなぜ主人公と離婚したのかが焦点ではありますが、途中の美都子エピソードのヤマが大きすぎて麻美さん自体の話はあまり盛り上がらなかったかな?早く美都子を攻略させてくれとw

美都子。小さい大家さん。
延々とお預けを食らっていた大本命です。一瞬ここでEND?と思うつくりでしたが、その後エピローグがずっしりありました。すべてを乗り越えて大団円を迎えるすっきり構成にただただ満足です。

総評。
いやーやはり丸戸作品はすばらしいw(とかいいつつショコラは挫折した口ですけど)。長い美都子ルートから途中でその他キャラのルートへ分岐するような構成なのですが、途中にもかなり大きいヤマがちりばめられているという、感触的にはもしらばが近いですね。しかしどのヤマも美都子のものなので他キャラを攻略するのがもどかしいというw。話の切れ目にOPが入る構成もいいですね。曲が刷り込まれるのもいいんですが、それぞれの話に見所を作る技術はさすが丸戸氏としかいいようがないw。全体的にだれることなくヤマの数と大きさも申し分ない、今年の上位にくるのは間違いない良作です。

ランキング
美都子>姫緒>麻美>夏夜

総プレイ時間29時間

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「世界で一番NGな恋」感想 前編
2007-12-18 Tue 21:26
11月ソフトより、HERMITのだめ恋。
最近まるねこコンビばっかりだったのですが、丸戸氏の新作でございます。なにがだめかっていうと主人公がとにかく不運。しかもおもしろ系の不運ではなくて離婚だのリストラだのというリアルにだめな29歳。それが母親にかけおちされて一人でアパートの大家をこなす健気な少女に惹かれていくという年の差的にだめな展開ということですw。

攻略順は丸戸氏のいつもの手法としておいしいものは強制的に最後に回す手法。共通ルートからの分岐はOPに登場する順番、夏夜(夏)、姫緒(秋)、麻美(冬)、美都子(春)というように攻略していくことになります。しょっぱなから美都子がかわいすぎて振るのがつらいすぎなんですがねw

夏夜。ぐーたら系お姉さん。
やっててわかってきましたがだめ恋の意味はだめな主人公にべた惚れしてしまうほどだめな女って意味もありそうですw。ちょっとオチが素直すぎて読めたので個別ルートの盛り上がりはそこそこ程度。ですがまぁこれくらい積極的なほうが助かります。

姫緒。金持ち系お嬢様。
なんだかんだ姫緒もだめな女wっていうかこのルートは主人公が活き活きしすぎですねw。全体的には丸戸節お得意の巨大な敵を痛快に倒す要素が入ってきてて、ラストの盛り上がりっぷりはたまらんです。

現プレイ時間 16時間 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「はるかぜどりに、とまりぎを」感想 後編
2007-12-05 Wed 21:25
前編より

夏乃芽。
亀子ってどうよw。夏乃芽自体はけっこうかわいげがあって悪くないんですが、いかんせん話が普通すぎる…。どこで盛り上がればよかったかわからないくらいにw

秋穂。
けなげなMさん。序盤から親友とできてると思っていたのでどんな展開かと思いきや、なんという奴隷ENDw。しかしこの寝取りのような刺激があったほうが面白いと思ってしまうくらい普通ENDがふがいないんだよなぁ。

籠目。
亀子2号です。大筋がだいぶ明らかになるこのルート。最後の選択肢でトゥルーとの分岐ですが、これでいいのか?というEND。こいつを選ぶ意味が汲み取れないんですよね…。

春音トゥルー。
一応なるほどと思わせてくれて、すっきりするENDですね。すべてはこのためにというだけはありました。スキップをあんまり使わないで通してやったらもうちょっと評価できたかも。

総評。
ルートのレベル差が激しすぎますね。ただどれをとってもそんなに高いヤマは望めなかったのですが。設定に惹かれてやったのにサトリ病は春音にしか関係ないしw。まぁその設定を全員に活かしたらみんな同じになっちゃうとは思うんですが、春音が一番じゃなかった俺は負け組…。あとは親友男キャラの考え方が理解不能すぎる。なんなんだよこの浮気正当化は…。秋穂のため、みたいな設定だったら好みだったのになぁと。あとは土地設定が馴染み深いところだったから印象深いくらいですかね。はるかぜに、とまりぎをだとずっと思ってたのは内緒だw。というわけでこのままソレイユの次作はスルーということになりそうです…。

ランキング
秋穂>春音>籠目=冬子=夏乃芽

総プレイ時間 16時間

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「はるかぜどりに、とまりぎを」感想 前編
2007-11-27 Tue 21:24
10月末ソフトより、ソレイユで名を売ったSkyFishのはるとまです。
新作も発表されてますがパラレルワールドとはいえペース早いなー。しかしデフォルトでやりたいメーカーになるかどうかはこの作品にかかっています。

ストーリー。
自分の死期を日数単位で知ることができるサトリ病という奇病によって全人類の半数が死亡してしまった世界。なんという病弱設定w。この設定をいかにあざとく使ってくるかが私的なツボだと思われます。

春音。現在から始めたEND。
過去は春音一本道で最後の選択肢で2つのENDが見られます。片方がたぶんツボだったと思うんですがオチが読めてしまった…これは予想を裏切って欲しかったですね。もう片方はなんとなく幸せになったEND。あまりにも唐突なオチで置いてきぼり…最後のルートをやればすっきりするんでしょうか?

春音。過去から始めたEND1。
妹だけど血がつながってないネタでよくある展開。父こやっさんの一言だけがちょっとしたヤマかな。しかし共通ルートだけど犬はずるいなやっぱw。あと冬子さんと一回は結ばれてしまうのが確定なのがつらいところ…

冬子。
Sじゃない風音さんw。気分的には強制的に既成事実を作られてしまうのでこの人からやりたいところ。それにしてもまったくサトリ病関係ないな…。普通に先生・生徒の関係でよくある話。しかし逃避行と崩壊ENDの2つって結構微妙な後味…

現プレイ時間 9時間 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「うちの妹のばあい 純愛版」感想 後編
2007-11-19 Mon 21:23
前編より

真説END。
いやーなんだかんだなかなかすっきりさせてくれるENDでした。行き着くところまでいっちゃってくれます。メジャーリーグ編とかw。最終タイトル画面もいいかんじです。

外伝。
まず虎牙の裏話が少々。これがないとどうしようもないですからねw。これで一応どことなく虎牙がいい人だということを証明しています。さらに純愛版の優香視点、これはそんなに特筆すべきものではなく普通です。最後に暗黒お兄ちゃん。これがなかなか進まなくてですね(性的な意味でw)。まるで旧虎牙の視点のような壊れっぷりw。NTRでもなく純愛版のアクセントとしての役割を十二分に発揮していました。

総評。
まさに純愛版。正直最後まで気が抜けなかったわけですがw。なんで気が抜けなかったかというと、前半の共通ルートあたりに変化がなくてですね、言動がどうとでもとれるようになっているんですよ。だから妹が何を考えているかさっぱりわからないっていう…それだけ通常版がトラウマだったんだろうなぁ…。いやあれはあれでいい思い出なんですけどねw。しかしそれが無くなった代わりの追加要素の新キャラと真説ENDはそれだけの価値があると言えます。あとシステム周りが改善されているような気がしました。通常版のオートモードがさっぱり使いものにならなかったような記憶があるんですが今回は問題なし。E.G.O.お疲れ様でした。

総プレイ時間 16時間(かなりスキップしています)

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「うちの妹のばあい 純愛版」感想 前編
2007-11-11 Sun 21:22
積みをようやく崩し終わった、と思った先から積まれていくわけですが、それでもだいぶ時代の波に追いついてきましたよと。10月末ソフトよりうちの妹のばあい、純愛版てw。幼馴染な彼女から紆余曲折を経て?ようやく発売となりました。

通常版は2003年の5月ですか。
それなりに重くていい話も含んでいたんですけども、なによりNTRのすばらしさを教えてくれた作品です。抜きゲとしても非常に優秀でしたよ。というかやろうと思った動機が当時ふぇら音で非常に定評があったcv涼森ちさと・天天のお二人が出ていたからっていうw。最近はちょっと甲高い声過ぎて苦手だったりするんですがね。

その通常版からNTRなどの凌辱系成分を取り除き、新キャラ、補足外伝を追加したのがこの純愛版。あのキャラがいい人にというキャッチフレーズにやられましたw。まぁ各キャラごとに感想を言うのはおいといて、追加・変更部分についてだけ。

既出キャラ。
ばっさり凌辱ENDが全カット。共通ルートの文章にあまり変化がないせいか、いつ裏切られるかとびくびくさせられたんですが大丈夫でしたw。追加要素は新キャラとのからみ以外あまりないです。しかし一度やったのに忘れてたのかわかりませんが新鮮味がけっこうありましたw。

新キャラ。
よくある保健室の先生といじめっこ。女は怖いですねw。既出キャラで凌辱分をカットしたせいか、無理やりやるというかやられるシチュが多いです。シナリオ的にはそんなに盛り上がるタイプではなかったですね。

後編は外伝と真説ということで。

現プレイ時間 12時間(けっこうスキップ気味です) 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「リトルバスターズ!」感想 後編
2007-11-06 Tue 21:22
前編中編より

唯湖。お色気担当?はっはっは。
鈴ルートの直前にやったほうがいいとか聞いていましたがそんなことはなかったかも?確かに正しいENDはトゥルーを見た後じゃないといけないのですが…。それにしても姉御かわいいよ姉御。オチはそんなに高くないヤマでしたが。

鈴。帰ってきた猫娘。
っていうかこれもまたBAD風味な…トゥルーを含めて鈴ルートといったところです。大筋は鈴BADと同じですが年寄り猫の話と重要選択肢が逆という程度。特にヤマはありません。

トゥルー。
さぁ真実へ向かって一直線。正直途中からそうなんじゃないかなぁと思ったオチでしたが予想するのと読むのでは違います。オチがわかってても泣かせるものこそ本物の名作。あざといの大好きですがなにかw。やっぱ野郎共が最高だよw。

総評。
期待通りの超名作。久しぶりに心のゲーム級のものに出会えた気がします。やはり男達がいい味を出しているゲームは強いですね。あーもうまた思い出し泣きしそうw。多少すっきりしない部分もありましたが、考察の余地というものでしょう。誰かにまかせますw。ミニゲーム、特に野球は単純ながら飽きない、何度でもやりたくなるすばらしい出来。10Hit程度しかできませんが…。選択肢ゲームもCLANNADのフラグ管理というほどではないので親切ですね。ED曲も何気に全員分あった?OPも名曲ですよ。なんだかんだ絵もこっちのほうがいいですよねw。気が早いですが次はいつ出るんだろうと期待しつつ気長に待ちますか。

総プレイ時間 50時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「リトルバスターズ!」感想 中編
2007-10-28 Sun 21:21
前編より

個別ルート自体はそんなに時間がかからないはずなのに、野球をやってしまうせいでやたら時間がかかってますw。さすがにバトルランキングはそろそろオフにしますか…。

鈴BAD。猫娘。ふかーっ。
途中で終わるらしいとは聞いていましたが、一応日常END的に終わりは迎えています。しかしこれで終わりじゃない、謎は解けてないみたいなことを言われちょっとゾクっとしますね。終わったあと共通ルートの鈴の言動に微妙に変化が生じてました。

美魚。日傘さん。…特徴あったっけw。
これまでの面子と比べてちょっと不思議系が入ってきましたよと。文学っぽいネタでよく読む必要がありますがヤマはヤマでいいかんじ。拗ねた顔が好きです。こちらも終わったあと微妙にリキに変化が?

クドリャフカ。日本人外国人。わふー。
こちらも不思議系でよくわからなかったけどよかったって感じですw。いやークドはキャラがいいからなぁ。ただ脱ぐなとw。しかしなんかいろいろ引っかかるセリフを言ってたので盛り上がってきましたよと。たぶん終わってからだといろいろ印象が違うんですかね。

現プレイ時間 36時間半 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「リトルバスターズ!」感想 前編
2007-10-20 Sat 21:19
さぁ7月末から待ちに待ったリトルバスターズ。自分で後回しにしておいてなんですがwおいしいものを最後にとっておく性格はどうしようもないのですよ…。目指すは10月中のコンプです。

4コマすら排除しあらゆるネタバレ・評価を避けてきましたが、こういうのは推奨攻略順だけは知っておかなければなりません。とりあえず鈴は一回BADを見る必要がある、唯湖→鈴トゥルーの流れがよい、クドは何か知ってそう、とか見た辺りでそろそろ見てはいけない単語にぶつかった気がしたので終了。
小毬・葉留佳・美魚・クド・唯湖・鈴トゥルーというかんじでいこうと思います。鈴BADは気分しだいですが早めにやっておきたいところ。

共通ルートは野球の試合が終わるまで。本編以外のところに凝りに凝ってるってこういうところだったのかw野球が楽しすぎるwww。他にもバトルランキングとかジャンプタイミングとか早押しとか配膳とかミニゲーム恐るべし。共通に比べて個別はそれほど長くないようですが、選択肢には飽きることがなくコンプには時間がかかりそうです。

小毬。ほんわかまきさん。痛いけど大丈夫~。
共通とほとんど関係ない流れ。ここがヤマか、ここがヤマか、と思っていたら超ヤマはなく終了。ある意味予想を外してくれたってかんじですが、もっとあざとくてもよかったのではと思いますよ。

まったりEND。
葉留佳ルートへのフラグが予想以上に難しくて自力でやったらここに行き着いてしまいました。姫9月の攻略じゃぜんぜんだめだった…。クドとある程度仲良くしないといけなかったのかなぁ。とりあえずCGを1枚回収?ネタバレは特になし。

葉留佳。にぎやかし系キャラ。ですヨ?
風紀委員長との戦いの延長。こちらは素直なヤマに向かって一直線。にぎやかさと相反した鍵っ子設定は期待通りです。ただルートに入りづらくてちょっと萎えてしまったのが残念か。

現プレイ時間22時間 中編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「Bullet Butlers」感想 後編
2007-10-10 Wed 21:19
前編より

セルマ。幼馴染お嬢様。
ボスは後継者争いシド。すべてがわかってすっきりはしましたがヤマはそんなに大きくなかったですね。仮面が名乗る部分をすっとばさなければあざといシーンが追加できたのになぁ。むしろボス側の話のほうがヤマだったりw。エルネスタさんがいい味出してます。

総評。
執事という職業柄あやかしびとみたいなノリではなかったのが残念。しかしテンポもいいしバトル成分はしっかりと健在ですね。攻略対象が少ないのでヤマはそれなりにあるのはよかったですよ。各ルートでは敵の動機という部分をしっかり書いているのでむしろそっちがヤマになったりしてますが。システム的にはデフォルメ立ち絵が多いのが気になったかも。重い雰囲気をちょっと盛り上げるという意味では成功していますが、絵的には微妙かな…。もうちょっと余裕のあるときにやればよかったか。後に控えるリトバスが楽しみすぎてないがしろにw

総プレイ時間 24時間

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「Bullet Butlers」感想 前編
2007-10-04 Thu 21:18
もう10月ですが7月末ソフトよりpropellerのバレットバトラーズ。
あやかしびとスタッフということと、拳銃ものということでぱっと見は天使の二挺拳銃ですがw。そしてあいかわらず男の声に気合入ってますw。ついに赤い彗星をエロゲで聞くことになろうとは…。まぁ気合が入っているのはいいんですがちょっと今回は飛ばして行きますよ。

攻略対象が少ないので一周がボリュームあるつくりになっています。共通ルートはだいたい執事が自分の過去を打ち明けるまで。共通だけで7時間といったところですね。

ヴァレリア。マジカル☆ひよ、もとい魔法使いさん。
悪の秘密結社のボスがボス。決着がついた後あっさり話をすっ飛ばしたのはよかったと思います。ちゃんと最後が一番大きいヤマでした。でも音ちんなシスターに万歳w。あとにゃうーん言うなw

雪。剣使い執事。
シドの使いの執事がボス。最後の最後でちょっと分かれるだけのENDが二つですが親父さんかっこよすぎるぜ…。普通のハッピーエンドのほうも絵はいいんですけどヤマはありませんでした。せっかくの巨乳なのに一回だけですかそうですか。

現プレイ時間 17時間半 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「ピアノの森の満開の下」感想
2007-09-22 Sat 21:17
7月末ソフトを後回しにして8月ソフトから、ぱじゃまのぴあのの。
経緯は知らないのですがずいぶんと待たされたようですね。ホビラジでももう出ないよとか言ってたしw。サイズ的には大作ではないですが、妹が、重病で、あと1週間の命、そんなサナトリウムというあざとすぎる設定…。果たしてそれを生かしきれるのかが勝負です。

1周目。妹ルート。
弱りゆく妹、兄として?恋人として?遣り残したことを終わらせられるのか。ある意味始まりなのでちょいヤマで。

2周目。看護婦ルート。
サナトリウム同様ちょっと不思議なオーラを持っていた看護婦さん。その不思議さの秘密がちょっと垣間見えます。

3周目。真・妹ルート。
不思議を解明。そして真のハッピーエンドへ。いろいろとヤマです。

総評。
設定が設定だけに最後はやっぱりよかったですよ。予想通りだけじゃなくてちゃんと一捻りあったし。しかしこの長さですから全部で一つのルートってかんじです。そこは物足りないかも?んーなんで延期したのかわからない。それにしてもヒロイン2人がどっちもゆいさんという恐るべしゆいゲーw。その影で猫がミアというのはENDを見るまでまったく気づかなかった…そしてしゃべりモードもそうかと思って愕然としたらそれはさすがに男だwわかりにくいよw。あとホビラジで洗脳されたせいかOPが好きです。

総プレイ時間 8時間

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「リリカル♪りりっく」感想 後編
2007-09-16 Sun 21:16
前編より

アリエッタ。ろーりー姫様。
異世界の壁ってかんじですね。そしてまさかの余韻系シナリオです。しかしそれがいいw。あやかさんってのもありますが一番よかったですよ。メイド委員長w

ともえ。やかまし系クラスメイト。
まったく魔法が出てきませんこれw短いしほぼおまけ状態ですね。学園の平和を守るかんじ。もうちょっとまひるさんを優遇してほしかったけどまぁまぁでした。

アフター。
七音ルートの続き、とはいってもハーレムルートになってしまうのですが。真の黒幕をさらっと倒し、はいまとめましたってかんじ。多人数プレイがあるわけでもなしですよ。

総評。
よく言えば王道ということですが、あらゆるものがどこかで見たことある話というか、パクリではなくお決まりというかんじでですが。それが逆に別の作品を思い出させてヤマにしてしまう…ともえはこんにゃく、姫様はナツメグとかですね。ある意味いいとこ取りというすごい技w。でも結局それらがなんだかんだよかったという評価ですw。エロ効果音もがんばってたし、尺の長さは別として数が多いのも悪くありません。ちょっと高いみけおうCG集というだけではなかったと思います。

総プレイ時間22時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「リリカル♪りりっく」感想 前編
2007-09-12 Wed 21:15
もう9月ですが7月末ソフトより、ま~まれぇどのかるっくです。
みけおう絵はやっぱりいいねwと思いつつ複数人原画ということをすっかり忘れてプレイ。やるからには全部やりますよw。とりあえずやり始めてすぐ魔法少女ものということにびっくり。そんなことも知らずにやってしまったのか…。とりあえずOPがEDかと思うくらい完結した前半と、個別ルートがっつりの後半に分かれています。

七音。メイン的幼馴染。
黒幕が親友というよくある展開。しかしちょっとだけ盛り上がったかなという程度でした。まさかボテとかあると思わなかったよwどちらかというとそれらに力が入った萌ルートでした。

鈴。クール…としかいいようがwツンデレ?。
どことなく過去の絆を取り入れていいかんじだったのですが、最後の最後はもっとあざとくやって欲しかったかなと。搾乳とかツボなシーンも多かったのですがこの2人で回想のほぼ半分を消化。やけに多いと思いましたよw

クゥ。世間知らずな暴走娘。
人間らしさを得るというか普通の女の子っぽくなっていくというありがちな話。エロが減ったせいかなんかヤマが多かった気がします。親友関係ネタというのはやっぱり強いなー。

現プレイ時間15時間半 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「あかね色に染まる坂」感想 後編
2007-09-02 Sun 21:15
前編中編より

つかさ。巨乳幼馴染。
恋人関係…とならずにパートナーであるということを強調するちょっと異色のルート。まぁやることやっておいて恋人とは呼ばないのは理解できないところではありますが、結局は一途なので許しますw。胸はでかいがヤマは小さい、そんなルートでした。しかしこの声はさやか姉さんしか思い浮かんでこないな…

ミコト。青空ゲスト。
あの時はよくもやってくれましたねw。前評判はNTRだの囁かれていましたが過去を持ち出すことでうまくまとめてありました。青丘とのからみも少々。超常的でしたがよかったと思います。OPもミコト仕様ですが通常OPの素材使い回しが多かったことを考えるとこっちが本来のOPなんでしょうきっと。

総評。
青空より確実に進化していたと言えます。ギャグ分というかバカノリは確かに減っていましたがわかりやすいパロディは健在、かつ個別ルートの厚みは十分増えていました。区切り方によるとは思いますけど約24話、うち個別ルートは最後の6話くらい。これだけでも単純に青丘の倍になってますからね。すごく盛り上がるわけではなかったですが、ヤマはちゃんとそれなりにありました。おまけで回想のボリュームもしっかり増量してたしがんばってたと思います。2回ENDを見る必要があるのがわからなくて苦労しましたけどw。あとはなんかウィンドウが大きいのかCGの構図が悪いのかわからないけどちょっと一枚絵の迫力がなかったかなという印象。見えるべきところが見えてないよっていうねw。

総プレイ時間 33時間半

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「あかね色に染まる坂」感想 中編
2007-08-26 Sun 21:14
前編より

コミケがあったため間が空いてしまいましたが、ようやく終了が見えてきたあかね色。7月末ソフト1本目にして1ヶ月コースは避けたいので本気で積み崩しですよ。

なごみ。片目電波娘です。
普段の会話からずっとギャグ分多めです。妹ゆとりってw。共通・他キャラのルートからもなんだかんだいい奴でしたが、自分のルートではちょっとピンチになってみたり。片目キャラの両目開眼はくもりメガネキャラのメガネ外しみたいで楽しいなw。

観月。ほんわか会長さん。
しかし青丘の会長までは行きませんが腹黒でもあります。伝統?w。最初は鋭すぎてエスパーかと思いましたが、普通っぽいとこで魅せてくれました。ヤマも多かったし、うまく自分がライターのツボに入れたかなと。

現プレイ時間25時間 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「あかね色に染まる坂」感想 前編
2007-08-13 Mon 21:13
7月末ソフトより、もはやツンデレメーカーとして定着しつつあるfengからあかね色。
青空の見える丘が意外と面白かった、という記憶があるんですが去年の自分はさらっと書いてますね。ギャグ中心からドラマティック重視へ、と微妙に望まない進化してる気がしましたが薄かった展開が厚くなることを期待してレッツプレイ。それにしてもなんか2週間も経ってるのに全然終わってない…。7月の余裕はいずこへ?

ツンデレとは。
みんなの前ではツンツン、2人きりのときはデレデレな展開を持つ属性…ではなく、本来の意味は出会いはツンツン付き合う内にデレデレになっていく展開を持つ属性だと熱く誰かが語っていた気がしますが正直どっちもツンデレでいいと思うw。個人的には青丘の伊織のような記号的ツンデレは大好きです(安玖深音さんが好きなだけという可能性も否めないw)。

優姫。ツン7デレ3のツンデレ。
風音さまですね。幼い頃の出会いがどうの、という話かと思ったらさらっと流されましたw。最後の展開がちょっと急だったというかオチが読めちゃったので個人的なヤマはラストではなかったんですけど、ヤマ自体は複数あってよかったです。ちょっとデレ分が足りない気がしますけどねw。

湊。ツン3デレ7のツンデレ。
湊と優姫は親友的存在になるので三角関係っぽい展開は優姫ルートと似てるんですが、ネタばれ?と思ったところは全然違う展開でよかったです。全体的には優姫より盛り上がったかも。しかしミコトちゃんフラグが微妙に立ったのは余計だった気が…

現プレイ時間 16時間半 中編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「レコンキスタ」感想 後編
2007-08-03 Fri 21:12
前編中編より

尋ねよ。
過去の事実を明らかにするルートです。40年前の暮葉の生まれ故郷の話と汐見と悠絵の話。暮葉さんはある意味想像通りの人でこれまた3種類目の北都さんを楽しめますw。問題は悠絵の方ですがここまで強力なブラコンだったとは思わなかった…こりゃ汐見もおかしくなりますってw。

門を叩け。
慶吾・信哉だけでなく、神父汐見とじいさん裕輔の視点が入り乱れるトゥルールート。過去が明らかになったことで各キャラの行動が変化し、心情も理解しやすくなり、大団円に向かって収束して行きます。どうしても救えない人はいますが仕方がないというものでしょう。

総評。
ナツメグと同じレベルを想像していたら、けっこう、いや予想外によかったです。たしかに明るいかんじはあんまりないですが久しぶりに泣き分をちゃんと補給した気がしますw。シナリオも気持ちいいボリューム。各ヒロインルートに入るとメイン以外ほとんど退場しちゃうからでしょうか。それともHは各一回と割り切ったからでしょうか。しかしこのさじ加減は2作目なのに熟練度を感じますよw。3作目は果たしてどうなるのか、なんだかんだで期待してしまいますね。ねこねこは不滅です。

総プレイ時間24時間

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「レコンキスタ」感想 中編
2007-07-26 Thu 21:11
前編より

話の全貌は見えてきました。先生ルートはどちらも満足できる出来で、すでに前作のナツメグを超えていると思われます。この調子が続くといいなぁと思いつつ信哉ルートです。

真帆子。ぽんこつを継ぐ者w。
序盤からおいおいどうするんだよこれって展開でしたが、オチはおおむね予想通り。しかし過去との絡み合いで予定調和でもぐっとこさせるあたりが良作の証です。

詩菜。ツンツンデレ。
絵本とおまじないってどっかで聞きましたがw。しかしなんという危うい展開…最後がなぁー、縛り付けるものがないという意味ではある意味スッキリした終わりだったんですが…。でも嫌いじゃないw。残すはトゥルーです。

現プレイ時間 18時間半 後編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「レコンキスタ」感想 前編
2007-07-21 Sat 21:10
あまりの衝撃に順番が前後しましたが6月ソフトからコットンソフトのレコンキスタ。
やるべきかどうかすごい迷っていたんですが、相次ぐ延期と7月中の追い上げにより完全に積み崩しが終わったこと、周りの評判も意外とよいということで手を出すことになりました。

序盤の選択肢により主人公が学生の信哉と先生の慶吾の2つに分かれます。そのあとはちょっとした選択肢ですぐに個別ルートに入るのでそれぞれが長くていいかんじですよ。話の軸は首狩り女の都市伝説と死者を甦らせるという反魂の法。それぞれの視点で謎にせまります。まずは先生視点から。

暮葉。いきなり首狩り女からですが。
ツン北都様の降臨です。このキャラは好きになれないだろう…と思っていましたがHもなしの展開だったので、どちらかというとロリ北都様のもみじルートってかんじもします(もちろんこっちにもないですよw)。大筋で話はわかりましたがトゥルーまでいってからが本番でしょうか。

麻咲。元気っこ、というかやかま進藤w。
麻咲と絵本の関係が最大のヤマといったところですかね。ルートが違うことによる事件の時系列変化はあまりありませんが、落としどころが違うのでかなりいいかんじです。これは残りも期待できそうです。

現プレイ時間10時間 中編へ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 狙撃者のひとりごとR | NEXT